京都府でおすすめのふるさと納税を比較!納得して返礼品を選ぶには?

「京都府でおすすめのふるさと納税について知りたい」「ふるさと納税の返礼品はどうやって選べばいいの?」このように疑問に思っている人も多いでしょう。そこで今回は、京都府でおすすめのふるさと納税、返礼品の選び方、ふるさと納税のお金はどこに使われるのかなどを解説します。

京都府でおすすめのふるさと納税は?


気に入っている地域を応援するためや節税対策でふるさと納税を利用する人が増えています。


日本特有の歴史がある素敵な京都府にある町をふるさと納税の候補にしている人もいるでしょう。


思い入れの強い地域や興味の強い場所を応援することが目的ですが、お返しに地域の特産品が手に入るのも人気の理由です。


京都府にはその土地で根付いた食べ物が多く、名産品をお返しの品とする地域がたくさんあります。


この記事のポイントは

  • 京都府のなかでもおすすめの返礼品
  • ふるさと納税をして後悔しないための返礼品選び
  • 京都府は納税されたふるさと納税を何に使っているか

です。


ふるさと納税をして後悔することがないように知識を得てからどこに納税するかを決めてください。


魅力あふれるおすすめのお返しの品も紹介します。


ぜひ、最後までご覧ください。

京都府でおすすめのふるさと納税・返礼品を比較

京都府の自治体はご当地ならではの美味しい飲食物から人気の観光地の無料チケットまで様々な返礼品を用意しています。


どれも大変魅力があってどの地域にしようと迷う人もいるでしょう。そこで魅力があって京都府ならではのふるさと納税の返礼品をいくつか紹介します。


特に京都府の名物を使っている返礼品は他では手に入りません。 


せっかくのお返しの品なのでじっくり吟味して、使い道があるものや気に入っている品を選んでください。 

伊根町(さばのへしこ3尾、薦池大納言小豆など)

京都府伊根町の返礼品は個性豊かなラインナップです。


例えば脂がのった美味しい鯖をぬかと塩で漬けた「さばのへしこ」という郷土料理が返礼品の1つです。


ご飯と一緒に食べるのも良し、パスタなどのアレンジメニューで楽しんでも良しの使い勝手が良い返礼品です。


また希少性の高い「薦池大納言小豆」もあります。大粒の小豆で香りが良く、煮崩れしにくいのが特徴です。


おしるこやぜんざいなどのスイーツにするのも良いですが、お豆本来の味を楽しむなら煮豆にするのがおすすめです。


他にも干物や人気の地酒など、豊富な品数があるので好みの返礼品を選べます。少々高いですが宿泊プランも用意されているので旅行に行きたい人にもおすすめの地域です。

井手町(オリジナル蚊取り線香ケース、「井手ぐるめ」セットなど)

返礼品でふるさと納税をする地域を選ぶなら京都府の井手町もおすすめです。


井手町のふるさと納税の返礼品には様々なステンレス製品を作っている岩城製作所の「オリジナル蚊取り線香ケース」が人気です。


丈夫で壊れにくく、お手入れも簡単なので長く愛用できます


また井手町の美味しい食べ物を詰め合わせた「井手ぐるめ」セットも地域のイチオシです。井手町では家庭の味としてメジャーな小町味噌を使った味噌ラーメンとすき焼きのセットです。


お好みの具をトッピングすればごちそうが食べられます。


他にも伝統の味を活かして作られた「魚又代々鯖寿司」や京たけのこの代表格である「白子たけのこ」など美味しい返礼品がたくさんあります。


食べ物以外では京都府の代表的な焼物の清水焼「百福・火男の組茶碗」も返礼品に名を連ねています。

南丹市(小形羊羹10本、山田製油胡麻工場 「味の友」2種セットなど)

南丹市の返礼品も魅力がたくさんあります。


一例として高級和菓子で有名なとらやの小形羊羹が10本も入っているセットがあります。


上品な味わいの羊羹のうち、白味噌・黒豆黄粉・夜の梅の3種類が入っている贅沢な羊羹セットです。名店の味を自宅で味わいたい人におすすめの返礼品です。


また様々な料理に使える山田製油胡麻工場の「味の友」2種セットもおすすめです。炒めものやスープの隠し味にもってこいの返礼品です。賞味期限も約2年と長いので重宝する逸品です。


その他に淡い青が素敵なマグカップや本場の湯葉が入ったセットなども返礼品にはいっています。


その土地でしか買えないものが多数、返礼品になっていますので選ぶのも楽しいです。

ふるさと納税で後悔しないための返礼品の選び方

ふるさと納税は税金の控除を受けられたり特典も多いのが特徴です。


返礼品とはいえ、せっかく戴くなら失敗したくないのが人間の心理でしょう。そこで返礼品選びに失敗しないために注意してほしいことを紹介します。


選ぶポイントは

  • 控除・還付を受けるために納税する人は対象外ではないか確認する
  • 自分が気に入っている町か、または応援したいスポットかを考えて納税先を決めよう
  • 社会貢献が目的の場合は返礼品無しで納税できる

です。


ポイントをしっかり抑えて後悔しない返礼品を選びましょう。

控除・還付を受けたい人は対象外ではないか確認しよう

ふるさと納税をする場合、控除還付を受けたい人も多いでしょう。


控除の場合はふるさと納税を行う前に寄付を考えた地域が対象外ではないかを先に調べましょう。


除外されている自治体を選んでしまうと控除が受けられません。失敗しないためにあらかじめ調べてから申し込んでください。


また還元の対象ではない可能性は

  • 確定申告を受けていない
  • 申請書を提出していない
  • 寄付先の上限を超えている
  • 限度額を超えていた

です。


そもそも税金を収めていない人の場合は対象にはいりません。寄付先の上限や限度額を超えない範囲に収めましょう。自分が還付を受けられるのかをしっかり確認してから寄付してください。

自分が好きな町・応援したい自治体なのか

ふるさと納税は税金対策になりますが、納税ではなく寄付という形です。


そのため返礼品で選ぶのも1つの手ですが、思い入れやその町が好きかどうかも凄く重要です。


せっかく大事なお金を寄付するのなら気に入っている町や思い入れがある町で有意義に使って欲しいと思うでしょう。


返礼品は寄付したうちの3割と法律で決められてからは自分の好きな町や応援したい町に寄付する人は増えました。


例えば

  • 生まれ育った町で思い入れがある
  • 旅行で訪れて好きになった
  • 憧れている・興味がある町を応援したい

などがあげられます。


なぜなら寄付されたお金は寄付先の町で活用されるからです。寄付する先を選ぶ際は自分が好きな町や応援したい場所を選びましょう。

社会貢献目的でのふるさと納税もできる

気に入っている町のために何かしたい人もいるでしょう。ふるさと納税は社会貢献を目的として活用することもできます。


返礼品でほしいものがない人やその地域に何かしたいと考えている人は社会貢献という観点から寄付する先を選ぶのもいいでしょう。


返礼品がいらない人は返礼品をもらわない選択もできます。 


つまり様々な利用の方法があります。 なかには寄付したお金を何に使ってほしいのかを選択できる自治体もあります。


例をあげると

  • ふるさと復興のためのイベント
  • 災害地域への寄付
  • 医療・福祉

などです。


自治体によって様々ですがいずれも地域のためにお金は使われます。また確実にピンポイントで寄付ができる手段としてもふるさと納税はおすすめです。

京都府のふるさと納税のお金はどこに使われる?

京都府は歴史情緒がある場所です。


日本の象徴とも言うべき京都府には非常に歴史のある神社や建物が多く、維持費には莫大なお金が必要です。


ふるさと納税で集まった寄付金は重要文化財や歴史ある大事な建物の保護や修繕費用に多く使われています。


2018年には台風21号によって日本の大事な財産である建物が甚大な被害を受けました。このときもふるさと納税によって修繕が行われています。


また保護すべき文化財の指定や修理が必要な文化財の調査もふるさと納税でまかなっています。


例えば

  • 嵯峨嵐山の竹林の保存
  • 伝統的な産業を守るための応援
  • 三条大橋の修繕・保存

も行われました。


他にも地域の医療・福祉・復興・環境の保護など使い道はどれも地域の人や環境を守るために使われます。

まとめ:京都府でおすすめのふるさと納税を比較

京都府のふるさと納税についてまとめました。


記事のポイントは

  • 京都府ならではの魅力的な返礼品がある自治体が多い
  • 後悔しないために返礼品は慎重に吟味しよう
  • 控除・還付が目的なら事前に対象かを確認しておこう
  • 自分が好きな町や魅力を感じる自治体に寄付しよう
  • 社会貢献のために利用するのも1つの手である
  • 京都府の使い道について

でした。


古い町並みや歴史を感じる建物が多い京都府の自治体はどの町も魅力的です。返礼品も京都府でしか手に入らない貴重なものがたくさんあります。


ふるさと納税をするなら自分が気に入っている町を見つけて自治体に貢献しつつ返礼品も楽しみましょう。


また税金対策や控除・還付を目的としている人は事前に確認しなければならない事項を確かめてから寄付する先を考えましょう。


ほけんROOMでは他にも税金や保険など様々な記事を掲載しています。生活に欠かせない話題が満載ですのでぜひ、他の記事も参考にしてください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング