生活費が足りない?お金が足りないときに今すぐ確認したいこと

生活費が足りないと悩む人は多いのではないでしょうか?特に母子家庭の方や生活保護を受けている方は大変ですよね。しかしカードローンやキャッシングにすぐに頼ることはおすすめしません。今あなたができること、解決策についてまとめていますのでぜひ最後までご覧ください。

生活費が足りないときはどうする?

ご祝儀やスマホ代、習い事や急な出費があったとき生活費が足りないと悩む人は多いのではないでしょうか?

しかしカードローンやキャッシングにする頼ることはおすすめしません。


この記事では急な家計のピンチに、あなたが今できること、解決策についてまとめています。


  • 理想的な生活費の内訳と無駄なポイント
  • 生活費が足りないときどうしてるかケース別解説
  • 今すぐできる収入を上げる方法
  • 専門家に無料でライフプラン相談をする方法

以上を中心に解説していきます。


この記事を読んでいただければ、生活費が足りないと思ったときに今すぐできる対処法が分かります。


具体的に1つ1つ紹介していくのでご自身のケースに当てはめて考えてみてくださいね。


ぜひ最後までご覧ください。



生活費が足りないときは家計簿を見れば原因がわかる

生活費が足りないと思ったときに、まず何をすればいいのでしょうか。

どこにどのようにお金を使ってしまったから足りなくなった、と原因を追究することが一番の解決策です。


今はスマホのアプリを使ってクレジットカードと紐付けをするなど簡単に家計簿をつけることも出来ます。

家計簿を見れば何が原因かわかることがほとんどなのでぜひ試してみてください。


生活費には理想的な収支バランスがあります。


夫婦共働きの家庭で子供はいない場合、夫婦共働きで未就園児さんがいる場合では、食費、住居費、光熱費などが変わってきますよね。


ご自身が置かれている環境の中で理想的な支出の割合とどれくらいの差があるのか、調べることが大切です。


財務省統計局HP 家計調査の概要

理想の生活費の内訳と見比べてムダを見つける

理想的な生活費の内訳とご自身の家計簿を照らし合わせてみると、ムダやお金がかかっている項目が分かります。


夫婦と小学生もしくは未就学児さんのいる3人家族では、食費は14%にするのが理想的です。収入が25万円ほどなら3万5,000円。30万円だと4万2,000円ほどです。


そのほかの項目の理想的な内訳は、住居費は25%なので収入が25万円の家庭だと6万2,500円、光熱費は6%なので15,000円、教育費は10%なので2万5,000円ほどになります。


理想はあくまでも理想なので、どの項目に重点を置くのかは自由です。住居の場所や広さにこだわらなければ住居費を少し下げ、食費を増やすことだってもちろん可能です。


しかし、それは最終に赤字にならず貯金も12%前後できている場合です。明らかに食費だけが理想の生活費の内訳と離れすぎている場合は理想に近づけるように調節が必要になります。


生活費が足りない原因を見つけたら減らせないか確認する

家計簿と理想的な収支バランスを見比べたら、どこか減らせる項目はないか確認しましょう。


生活費が足りないということはどこかの項目で使いすぎている箇所があるということです。単月で見ると急な出費でどうしても交際費が上がってしまったなんてこともあるでしょう。


しかし、継続的に同じ項目で赤字が続くようであれば節約が必要です。

生活に必要な食費や水道光熱費が高い場合は節約してみる

生活に必要な食費や水道光熱費が高い場合はすぐにでも節約を心がけましょう。光熱費は節約してから結果が比較的早く出るので調節しやすい項目です。


買い物をすると無駄なものまで買ってしまう人や食材を無駄にした経験のある人は、買い物に行く回数を減らすのが効果的です。必要のないものは買わないようにし、あるもので料理をする練習をしましょう。料理が苦手な人もネットで「材料+レシピ」で検索するといいですよ。


住居は固定費なのでどうしてもすぐ安くする方法はありません。あまりに高いようなら住み替えも検討しましょう。


光熱費は電力会社の変更や料金プラン変更で下がる可能性があります。ネットで手続きできるので一度比較検討してみましょう。


通信費でおすすめなのは格安スマホへの変更です。機種代金も含めて安くなり、通信費が1台につき5,000円近くも安くなったという例もあります。


毎月、毎年、定期的に支払う保険や医療費も家計を圧迫する原因になりやすい要因です。保険の相談の無料相談で保険契約の見直し・選び方の相談ができるので安心して相談してみましょう。

生活費に最低限必要でない娯楽費などが高い場合は我慢する

生活費に最低限必要ではない趣味・娯楽費はご褒美として大切な項目です。しかし、生活費が足りない時にはグッと我慢することが必要です。


他の項目で節約ができて、また収入が安定し生活費にゆとりができるようになれば、趣味を再開することも可能です。



すべての趣味や娯楽を我慢するというのではなく、映画を見に行きたいところをレンタルDVDやネットの動画配信サービスを楽しむことにしたり、外に飲みに行くのを我慢してZOOM飲み会家飲みに変更したり、いつもよりも少しお金のかからないように工夫するようにしましょう。


全部を我慢するのではなく、できる範囲で楽しみながら節約できるといいですね。

生活費が足りないケース別にできることを解説

生活費が足りない場合どんな制度が利用できるのか、どんなことをすれば家計の収入が増えるのか、ケース別に紹介しています。


出産手当金や出産育児一時金育児休業給付金傷病手当てや失業保険などの給付金などご自身が利用できそうな制度があるならぜひ自治体に問い合わせしてください。


また、在宅でできる短期間で収入になりそうな副業もご紹介します。


では、ケース別にその原因と解決策を見ていきましょう。

旦那がギャンブルをしていたり借金があって生活費が足りない場合

借金というのは借りたお金だけではなく、利子という無駄なお金も支払う必要もでてきます。この利子というのが本当に厄介で、返しても返しても借金が減らないなんていうことも起こってしまうのです。

借りている会社によって利子の割合も変わってくるので借金の1本化や借り換えを検討す必要もあるかもしれません。


それで旦那さんが今後借金はしないと反省してくれたらいいのですが「自分で稼いでいるお金は自分のもの」なんて思っているような人だと今後も苦労することになるので離婚も視野に入れて様々なケースを考える必要があります。


生活費が足りないことを家計簿を見せても、別居や離婚をほのめかしても生活費をくれないようであれば別居や給料の差し押さえも視野に入れて弁護士さんに相談することも可能です。


妊娠中などでお金のために働けない場合

妊娠中、つわりや体調不良が原因でどうしても仕事に行けなくなってしまうこともありますよね。無理をして入院になってしまうケースもあります。

妊娠が原因の体調不良で仕事を休んだ期間を対象として健康保険から出産手当金が支給されるので安心して休息を取ってくださいね。


出産時に利用できる制度が出産育児一時金です。産後は雇用保険から一定条件を満たすと育児休業給付金が支給されるようになっています。


妊娠出産、産後も収入源となる制度があるので会社に問い合わせ、しかるべき手続きを取るようにしてください。


また、妊娠中でもできる副業を検討することも収入源アップになります。次の項目でおすすめの副業について詳しく説明しますので参考にしてくださいね。

専業主婦で収入が少ない場合は副業を検討する

専業主婦で収入がない、もしくは少ない場合は副業をして収入アップをすることもおすすめです。

いま、在宅でできる副業はたくさんあります。例えば

  • webライター
  • データ入力
  • ポイントサイト
  • せどり
  • ココナラ(占いやアイコン作成、子育ての相談に乗るなど得意を売る)
  • ハンドメイド品の販売
などです。

いま、リモートワークを推奨している企業も増えているので、ライターやデータ入力、などの仕事も増えています。

ほかにも得意を販売することができるココナラというサイトでは、似顔絵を販売したり、占いやカラー診断、子育ての悩みを聞いてお金を得るという仕事もあります。

病気などで働けない場合は傷病手当てや失業保険を利用する

病気やケガで働けない場合もそのままにしてはいけません。疾病手当失業保険を利用し、少しでも無収入の期間を短くする必要があります。


失業保険に関しては病気やケガで働けない場合は受給することができません。失業保険はすぐにでも働ける人をサポートするためのシステムだからです。また、一定期間雇用保険を納めていないといけないなどのもらえないケースもあります。


しかし、そのような人のために失業保険の代わりの疾病手当という制度があります。これは失業中に受けることができます。


もし、会社を辞めてしまっているわけではなく、病気やケガの療養のために休みを取らざるを得ないときは疾病手当金という健康保険の制度があります。


疾病手当(雇用保険)疾病手当金(健康保険)は似ていますが、全く違うものです。

合わせて確認しておくようにしましょう。

生活費が足りない時に今すぐできるお金を増やす方法とは?

生活費が足りない時に今すぐできる、借金などお金を借りずにできるお金の増やす方を説明します。

これさえ知っていれば、容易に借金をせずに済みますね。


そして、どうしても借金しかないと言うときに気をつけてほしい注意点も説明いたします。


借金は生活費がないという問題の根本的な解決策にはならないということを知ったうえでぜひご覧ください。


不用品を売ってお金を増やす

副業よりも早くお金を手に入れる方法で一番おすすめなのは、フリマアプリを使って不用品を売ってしまうことです。


メルカリやラクマ、ジモティー、ペイペイフリマなど、どこのサイトを使って不用品を売るかも大切なポイントです。よく売れる得意なジャンルや出品手数料や振込手数料がかかるものや、地域密着型のサイトなど各社特徴があります。


ユーザー数が一番多く集客力があるのはメルカリです。ジモティーは地域内での取引が多く商品の受け渡しを自分たちで行うので梱包の手間や送料がかからず、大型家具や大型家電におすすめです。


生活費が足りないという人の中には趣味や物にお金をかけている人も多いので、部屋の整理整頓にもなり、とてもおすすめです。

公的制度を利用できないか検討してみる

生活福祉資金貸付制度は収入の低い人や収入に困っている世帯に対して国が貸付している制度です。低所得者世帯のほかにも障がい者世帯や高齢者世帯も対象になっています。


新型コロナの影響で休業や失業した人に対しても無利子での貸し付けが実施されています。


生活保護制度は最低限の生活ができない、どうにも生活が成り立たないという人に対して必要な保護を行い自立を促す制度です。


このような公的制度を受けることに対して罪悪感を感じる人もいるかもしれませんが、きちんと仕事を探し、自立できるようになるための制度です。


そのほか臨時福祉給付金や、介護休業給付金などももあります。

ご自身の置かれている状況の中で利用できるものがないかまずは自治体の福祉事務所に相談し、検討してみてください。

金融機関のカードローンを借りる

ここまで生活費が足りないときの対処法についてご説明してきましたが、金融機関のカードローンを利用するのであればデメリットについてきちんと知っておく必要があります。


  • 金利が高い
  • 返済期間が長くなるとなるほど支払総額が増える
  • 借り過ぎてしまう
  • カードローンへのハードルが下がる
  • 多重債務に陥る可能性
  • ほかのローンに影響が出る可能性

ちょっと借りたつもりが、総額を計算してみると驚くような額になることはよくあります。


少しだけ、今だけ、この前もちゃんと返せたから大丈夫、などと繰り返し借金をしてしまうのがカードローンの怖いところです。


借金は生活費が足りない根本的な解決にはなりません。また数カ月も経てば同じような状況になる、もしくは借金がある分さらに状態は悪化するに違いありません。

生活費が足りない場合は専門家にライフプラン相談する

生活費が足りないけどどうしたらいいか分からない、という場合は専門家にライフプラン相談をすることをお勧めします。


自分ひとりではどうしたらいいのか分からないことでも第三者の専門家に相談することで事態が好転する可能性があります。


保険のプロが無料でアドバイスしてくれる「保険ROOM」なら納得できるまで何回でも無料相談ができますし、時間や場所を選ばないオンライン相談も可能です。


はじめての利用に不安に思うこともあるかもしれませんが、相談事例や相談の口コミも多いのでぜひ参考にしてください。

まとめ:生活費が足りないことについて

生活費が足りないときの原因の見つけ方・対処法について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回の記事のポイントは

  • 家計簿をみて原因を追究する方法
  • 自宅で出来る副業について紹介
  • 使えるかもしれない公的制度 
  • カードローンのデメリット
  • ライフプランのプロに無料相談をする方法
でした。

原因の追究や収入の底上げはもちろん大切です。

一時しのぎではなく、生活費の不安を根本的に解決できるよう、生活を見直すためにも専門家への相談をお勧めします。

不安を解消し、今後どうしていけばいいのかを一緒に考えましょう。

ほけんROOMでは、ほかにも読んでおきたいライフプランに関する記事が多数掲載されていますので、ぜひ他の記事もご覧ください。


この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 同棲カップルの生活費はどのくらい?将来のためのお金の考え方
  • 老後の生活費として3000万円必要って本当?あなたの老後に必要な金額を計算してみよう。
  • 生活費の平均は月々どのくらい?家族構成ごとに徹底解説!
  • 3人家族の生活費平均と内訳を解説!手取り別に家計シュミレーション
  • 生活費を月10万円に抑えることはできる?家族構成ごとに解説
  • 4人家族の生活費の平均額は約37万円!1ヶ月の支出の内訳は?
  • 生活費を毎月15万円でやりくりするために必要なことを徹底解説
  • 共働きの夫婦の生活費の平均はいくら?共働き夫婦の節約術とは
  • 夫婦の生活費は毎月いくらかかる?年齢ごとに1ヶ月の費用を徹底解説
  • 独身で迎える老後が心配?男女別の一人暮らしの老後の生活費を解説