年収300万の手取りはいくら?生活は?気になる疑問に答えます!

年収300万だと手取りは決して高くはならないないので、そこに不安を抱えている人の不安を解消します。多くの人が年収300万以下で生活しており、家族構成によっては手取りも上がるので、不安要素を一つ一つ取り払うことができます。

年収300万の手取り額が気になる

年収300万円というと、少なく感じる方は多いかとかと思います。


しかし、多くの方が年収300万円以下で生活をしていて、年収300万円でも普通に生活していくことは可能です。


しかし、自分もしくは自分の周りの方が年収300万円で、将来結婚したり子供ができたりした場合大丈夫なのか。


年収300万円でもらえる手取り額はどれくらいで、その手取り額でどのような生活ができるのかなど不安はたくさん出てきます。


そもそも手取りとは何なのか説明いたします。


手取りとは、会社から支給される給料の総額(基本給、残業代、その他手当など)から所得税や住民税などの税金と年金、健康保険料などの社会保険料を控除とし、その控除が引かれた金額が手取りです。


年収300万円といっても、家族構成などで控除が違うので、人それぞれ手取り額は違います。


そこで今回この記事では、

  • 年収300万円の手取り額
  • 年収300万円での生活
  • 年収300万円でできる財テク
  • 年収300万円は転職すべきか

以上の4つのポイントを中心に解説していきます。


この記事を最後まで読んでいただければ、今ある不安の解消や、今後の対策などの役に立つと思いますので、ぜひ最後までご覧ください。


年収300万、手取りは約250~280万

まず、一般的に年収300万円の手取り額は、約250~280万円といわれています。


手取り額に約250~280万円と30万円程の幅があるのは、家族構成などによる控除の違いが人それぞれ違う為です。


そこから簡単に計算すると、1か月あたりの手取り額は約20~23万円ということになりますので、よほど裕福な暮らしを望まない限り、普通に生活していくには問題なさそうですよね。


しかし、日本の平均年収は、約432万円となっており、平均以下である年収300万円はまだ不安が残ります。


そこで年収300万円以下の方の割合について調べてみました。


男性女性
201万円~
300万円以下
12.7%21.4%
101万円~
200万円以下
7.3%26.1%
100万円以下3.1%16.5%
合計23.1%64%

出典:国税庁HP


男女別での割合では、男性は23.1%で、女性は64%となっています。


やはり結婚や妊娠などによる退社する場合が多いためか、女性の割合の方が高くなっています。


中には年収200万円以下や100万円以下という方もいらっしゃいます。


男女合わせての割合は40%で、働いている人の10人に4人は年収300万以下ということになり、半分近い方が年収300万円以下で生活しています。


そこで、次に手取り額について

  • 家族が増えると手取りも増える
  • それぞれの税金はどれくらい変わる

以上のことを解いたします。


家族が増えると手取りも増える!

家族が増えると手取りが増える理由としては、扶養人数が増えることで税金が下がり、引かれる額が少なくなるため手取りが増えます。


扶養家族がいると、所得税や住民税などの税金は扶養控除を受ることができます。


扶養控除を受けることで、引かれる所得税や住民税は低くなり、手取りが増えるということです。


また、健康保険や厚生年金、雇用保険等の社会保険料については、扶養家族のありなしや、人数での変化はありません。


この税金の違いが手取りの違いになっているのです。

それぞれの税金、どれくらい変わる?

それでは、それぞれの税金はどれくらい変わるのか、一例を挙げてみましょう。


東京都三鷹市在住で年収300万円の扶養家族なしの場合と扶養家族1人の場合です。


扶養なし扶養1人
所得税100,463円
11,363円
住民税55,627円
9,839円
健康保険123,000円
123,000円
厚生年金274,500円
274,500円
雇用保険26,250円
26,250円
手取り額2,420,161円
2,555,048円

扶養家族なしと扶養家族1人の場合には、手取り額で約13万円の差がでました。


社会保険料については変動なしですが、引かれる所得税で約9万円の差で、住民税では約4万円の差があります。


このように、扶養家族のありなしで手取り額が変わってくるのです。

年収300万の生活って?家賃や貯金はどのくらい?

年収300万円という数字だけ聞くと、外食を避けたり欲しいものを我慢したりと、裕福な生活とは程遠いような気がしますよね。


しかし、先程説明した通り、40%の人が年収300万円で生活してるとなると、実際に年収300万円の方々はどのように生活しているのかが気になるかと思います。


そこで、ここからは年収300万円での生活について

  • 独身の場合
  • 結婚した場合
  • 車や家などのローンが組みたい

以上のことを中心に解説していきます。


独身の場合、真面目な生活に

まずは独身の場合ですが、無駄遣いをせずに、少し節約を心掛けていけば、それほど厳しい生活になることはほとんど無いと思います。


しかし、友達などと派手に遊んだり、毎日飲みに行ったりなどあまり無理はできません。


毎回とまではいかないですが、我慢が必要になるかと思います。


ただ、無理さえしなければ、年収300万円でも貯金している方はいらっしゃるので、すべてを我慢するということはないと思います。

結婚すると、配偶者次第、子供ができると厳しく

そして次に結婚した場合について解説いたします。


まず、配偶者のみで子供がいない場合は、配偶者の仕事次第ではいい生活を送ることができるかと思います。


配偶者がフルタイムで働けるような環境でしたら、世帯収入はかなり上がりますので、独身のときのような我慢はかなり減ることと思います。


しかし、子供ができると、配偶者のできる仕事はパートなどに限られてくるので、世帯収入は減ってしまい、さらに支出も増えてしまいます。


そうなってしまうと、余裕はなくなり無理はできなくなってしまいます。

ローンが組みたい、車や家が欲しい

社会人になれば、車の購入を考えたり、結婚して家を購入したいと思うと思います。


しかし、収300万円でローンを組めるのかどうか心配になりますよね。


答えとしては、組めますが条件を満たすことが少し難しいです。


住宅ローンを例に挙げてみますと、銀行が貸してくれる目安の金額は約年収の6倍と言われています。


年収300万円の6倍となると、1,800万円となりますが、1,800万円以下の物件となると、新築ではなかなかありません。


ですので、住宅を購入する際は、それなりの頭金を用意することになりますので、住宅購入までに節約など何かしらの努力をして貯金する必要があります。

年収300万でできる財テク!

財テクというと、少し難しく聞こえてしまうかもしれませんが、実は誰でもできるもので、手続きなどもそれほど難しくありません。


よく耳にする投資や株、FXなどはお金を失うこともあるので、おすすめはできません。


ここで紹介したいのは、リスクがとても低く、損は基本的にないものです。


その財テクとは、

  • 節税できる年金、iDeco
  • 自治体への寄付、ふるさと納税

以上の2つです。


この2つについて、解説いたしますのでぜひ参考にしてみてください。


また、ここでは紹介しませんが、家や車をすでに購入された方にはローンの見直しもおすすめです。

節税できる年金、iDeco

iDecoとは、簡単に説明すると自分で作る年金制度です。


毎月自分で設定した一定の金額を積み立て、あらかじめ用意された定期預金や保険などの金融商品を運用し、60歳以降に一時金または、年金として受け取ることができます。


そして、積立金額すべてが所得控除の対象となるため、所得税や住民税を節税することができ、運用の際に得た利益は非課税となっています。


また、受け取る際は、公的年金等控除や退職所得控除の対象にもなっています。


デメリットを挙げるとしたら、60歳まで積み立てたお金を引き出すことができません。


そして途中解約も原則認められていないので、積み立てたお金は老後のためという覚悟を決めて利用するようにしましょう。


また、口座開設や維持に手数料がかかります。


しかしデメリットを含めても損をすることは基本ありませんので、とてもおすすめです。

自治体への寄付、ふるさと納税

次におすすめなのは、ふるさと納税です。


ふるさと納税とは、自分が選んだ自治体に寄付を行い、その寄付金に応じた返礼品を受け取ることができます。


そして、その寄付金の2000円を超える金額が所得税や住民税の控除の対象になります。


ですので、実質2,000円の負担で、普段手にすることのないような商品を手に入れることができ、返礼品のほとんどが、2,000円以上のものですので、とてもお得です。


しかし、2,000円の負担でできる寄付金の上限が年収や家族構成などによって決まっています。


年収300万円で、扶養家族がなしの場合は28,000円、扶養家族が配偶者のみの場合は19,000円、扶養家族が配偶者と子供(16歳以上19歳未満)の場合は11,000円です。


この金額を超えて寄付を行うと、その金額を超えた分だけ自己負担となりますので、この金額を超えないように寄付することがおすすめです。

年収300万、転職するべきなのか

年収300万円で生活に不安があり、転職を考える方も多いと思います。


現状の職場で、やりがいや居心地の良さを感じているのであれば、転職する必要はないかと思います。


しかし、現在の職場に待遇面などに不満があったり上昇志向がある方は転職をおすすめいたします。


現在は中途採用でも、給与面や福利厚生など待遇の良い会社がたくさんあります。


1度自分に合った会社を探し、転職について考えてみるのもいいのかと思います。


まとめ:年収300万でもいい生活を送れます

ここまで、年収300万円の手取り額やその生活について解説してきましたが、いかがでしたか?


この記事のポイントは、

  • 年収300万円の手取り額は250~280万円
  • 扶養家族が増えると手取り額も増える
  • 40%の方が年収300万円以下で生活している
  • 財テクはiDecoやふるさと納税がおすすめ
  • 現状に不満がある方は転職がおすすめ

となっています。


多くの方が年収300万円以下で、家族構成次第ではいい生活は送れます。


しかし、条件次第では、これに当てはまらないということも理解していただきたいことの1つです。


ほけんROOMでは、この他にも役に立つ情報を多数掲載していますので是非ご覧ください。

ランキング