年収400万円の家賃相場は?年収400万円の貯金額や生活レベルも解説!

日本の平均所得である400万を稼いでいる人の家賃相場の目安はいくらなのでしょうか。できれば家賃の額は抑えつつ、いいところに住みたいですよね。そこで今回の記事では、年収400万の家賃相場の目安と割合、そして貯金額や物件探しのポイントなどについて解説していきます。

年収400万円の家賃相場はいくら?

年収400万円の場合、収入に対して家賃はどれくらいが適性か知っていますか。


年収に対する家賃の目安を知っていても、「同じくらいの収入の人がどれくらいの家賃に住んでいるか」「年収400万円でもマイホームを持てるのか、ローンは負担とならないか」気になる人も多いのではないでしょうか。


そこで、この記事では「年収400万円の家賃相場」について、 

  • 年収400万円の適性家賃はいくらくらいか
  • 年収400万円の人の生活レベルや貯蓄額はどれくらいか
  • 年収400万円から収入アップさせる方法と貯蓄を増やす方法

以上のことを中心に解説していきます。

この記事を読んでいただければ、年収400万円の家賃を含めた生活レベルに関しての基本的な知識を得ることが出来ると思います。是非、最後までご覧ください。

手取りの30%以内が適正家賃!


リーマンショック以前は、家賃は月々の手取り給与の30%以内と言われていました。現在は、月々の手取り給与の25%〜30%が適正家賃と言われています。


年収400万円の場合、月々の給与は約254,000円です。

適性家賃は、63,500円〜76,200円です。


しかし、賃貸の入居審査では、家賃が年収の36分の1以下でないと審査に落ちてしまう可能性が高くなります。収入に対して家賃が高すぎると、毎月の家賃支払い能力が無いと判断されてしまうためです。


年収400万円の場合は、111,000円です。


また、収入が不安定な職業、人柄や第一印象、過去の滞納歴など総合的な判断により入居審査は行われます。


適正家賃内での間取りを東京23区内を例に見てみましょう。


吉祥寺や池袋の場合、一人暮らし向けのワンルームや1Kの部屋に住めます。駅から10分以上離れた場所なら、新築でバス・トイレ別、2階以上のお屋も借りて暮らすことが可能です。


 家賃相場の安い田端や日暮里などの地域なら、1DKや2Kなどの広い間取りでも住めますが、新宿や中目黒など人地域では家賃相場が高めに設定されており、「居室が狭い」「バスタブがなく、シャワールームのみ」などやや暮らしづらい間取りとなります。

家族構成別の家賃の目安は?

では、家族構成別での家賃の目安はいくらなのでしょうか。一般的に無理なく家賃を払える目安は手取り月収の3割以下とされています。それを超えてしまうと、生活費などが圧迫してしまいますので注意が必要です。


また、家賃を決める時にボーナスを当てにするのは危険ですので辞めておきましょう。ボーナスを当てにすることなく、毎月無理なく家賃を支払える金額で物件を選ぶようにしましょう。


そこで下記では

  • 独身一人暮らしの場合
  • 家族と一緒に暮らしている場合
について詳しく解説していきます。

余裕のある暮らしをするためには、家賃をなるべく抑えることがポイントになりますので、それも踏まえてぜひ参考にしてください。

独身一人暮らしの場合

独身一人暮らしの場合の家賃の目安は6万円弱です。年収400万円ですと、手取り年収300万円でボーナスをならして月額換算すると25万円くらいになります。


一人暮らしの家賃の目安は、収入の20~25%程度のものにしましょう。地方に住むのか、都心に住むのかで家賃や家の設備などのグレードが変わっていきますが、家賃を高くすれば食費などの生活費が圧迫してしまうので注意が必要です。


また、独身一人暮らしの場合、やりくりをすれば毎月3割弱の貯蓄をすることができます。しかし、家計に余裕があるというわけではないので、外食や趣味にお金をかけすぎてしまうと、赤字になってしまうので浪費をしないように心がけましょう。

家族と一緒に暮らしている場合

家族と一緒に暮らしている場合の家賃の目安は約7万円です。年収400万円ですと、手取り年収300万円でボーナスをならして月額換算すると25万円くらいになります。ここでは、小学生の子供が2人いる4人家族世帯とします。


本来であれば、小学生がいると児童手当の支給がありますが、今回は児童手当は全額貯金もしくは運用に回すと想定し、年収には含めないこととします。


上記のような4人家族の場合、年収400万円では家計に余裕はないと思います。手取りの1割以上を貯金などに回すことができれば理想的ですが、子供が居る家庭は何かと出費も多いので難しいと思います。もし、貯金が難しいにしても、児童手当は将来の子供の為に貯金するようにしましょう。

年収400万稼ぐ人の割合は?

では、年収400万円を稼ぐ人の割合はどのくらいなのでしょうか。下記は、厚生労働省の国民生活基礎調査・賃金構造基本統計調査を参考にしたものです。


年収400万円以上稼いでいる人の割合は、単独だと労働人口の上位45.76%です。生活レベルは高くもなく低くもないといったところです。


では、次に世帯年収400万円の場合、総世帯の上位53%です。総世帯年収の場合、年収400万円は低い収入に該当します。フリーター同士の二世帯や、新卒シングルなどが多いです。


とはいえ、単独で年収400万円稼ぐことができていれば、贅沢な暮らしはできませんが生活するには不自由のない生活が送れるくらいの収入があるのではないでしょうか。

年収400万円の生活水準は?

家賃や貯金額などの生活レベルは年収によって異なります。年収400万円の人は実際にどのような暮らしをしているのでしょうか。


サラリーマンの平均所得が年収415万円と言われており、年収400万円という収入は平均的な収入額です。


しかし、サラリーマン全体で見た時、年収400万円台はサラリーマン全体の13.9%であり、年収400万円以下の人は半数近くいます。


平均的な年収ですが、決して低くはない年収です。

年収400万円の手取り

年収400万円と言っても、400万円=手取額ではありません。所得税や住民税、健康保険料、厚生年金料が差し引かれて支払われます。


給与収入から税金と社会保険料が引かれた後の金額を手取額と言います。


例えば、年収400万円の手取額を独身の場合と、家族がいる場合に分けてみてみましょう。


年収400万円の手取額(独身の場合)

独身の場合、配偶者控除や扶養控除といった所得税の控除額がありません。そのため、家族がいる場合と比較して、税金が高めです。


控除額

所得税:154,350円+住民税:83,319円+健康保険:164,000円+厚生年金:366,000円+雇用保険:35,000円=802,669円

給与手取額

4,000,000円ー802,669円=3,197,331円

年収400万円と言っても、独身の場合は約80万円が税金と社会保険料で引かれます。手取額を計算するときの目安としてお考えください。


年収400万円の手取額(家族がいる場合) 

家族がいる場合、配偶者や家族を養っていると配偶者控除扶養控除を受けることができます。独身の場合と比較して、税金が安く済みます。


控除額

所得税:65,250円+住民税:37,531円+健康保険:164,000円+厚生年金:366,000円+雇用保険:35,000円=667,781円 


給与手取額 

4,000,000円ー667,781円=3,332,219円

税金の控除がある分、家族がいる場合の方が手取額は134,888円多いです。


年収400万円の平均貯蓄額

年収400万円の人の平均貯蓄額をみてみましょう。しかし、極端に高い人や低い人が平均値を押し上げあたり、押し下げたりする可能性があるため、あくまでも平均値であるということをご理解ください。


年収400万円の人の平均貯蓄額は、月間4〜6万円です。加えて、ボーナス月にボーナス分の貯金がされることが多いようです。年間では100万円くらいの貯金ができるでしょう。


ただし、手取額同様、独身か家族持ちかで生活費が異なります。世帯によって差があるため、参考としてください。

年収400万円で住みやすい物件を探す方法

年収400万円は生活水準としては、決して低くはありません。しかし、家賃相場は5~7万円ですので、自分が住みたい場所に住めるという訳ではありません。ある程度の妥協が必要になってくると思います。


家賃相場内で、どのような部屋を借りることができるのか知りたいのではないでしょうか。


そこで今回は、

  • エリアを絞って家賃相場が安い物件を探す
  • 間取りの広さや築年数を見てみる
という項目について詳しく解説していきます。

自分がどのようなエリアで、どのくらいの部屋を借りることができるのかのイメージが沸くのではないでしょうか。その中でも住む条件などを決めて内見すれば、スムーズに部屋が見つかると思いますので、ぜひ参考にしてください。

エリアを絞って家賃相場が安い物件を探す

上記でも紹介しましたが、年収400万円の人の家賃は独身一人暮らしの場合5~6万円家族と暮らす場合は7万円が相場です。

家賃相場は、住む地域やエリアによって様々です。しかし、どのような地域でもニーズがあるほど家賃は高くなります。例えば、駅から近い人気のエリアなどです。こういった場所は家賃が高いので、そういった場所は外しましょう。

また、賃貸物件はエリア選び以外にも内装の条件などを検討しなくてはいけません。これだけは絶対に譲れない。という条件以外は臨機応変に妥協するなどしましょう。

無理して相場を大きく超える部屋を借りてしまって、家賃が払えなくなってしまったら本末転倒ですので注意しましょう。

間取りの広さや築年数を見てみる

上記でも少し触れましたが、エリア選び以外にも間取りの広さや築年数によって家賃相場は大きく変わります。新築は人気エリアでなくても家賃が高くなるので、少し築年数が経っている方が狙い目です。

また、一人暮らしの場合1LDKを探しがちですが、2DKも検討してみてください。2DKは昔人気のあった間取りなので、広さが同じくらいの1LDKよりも安く借りることができるかもしれません。

安い物件を探していると、かなり安い物件がたまにあったりします。しかし、そこは要注意です。トラブルメーカーが近隣に住んでいたり、騒音がしたり、事故物件だったりと理由は様々です。安すぎるのではないかと感じたら、家賃が安い理由を確認するようにしましょう。

参考②:マイホーム購入の際の住宅ローン事情

年収400万円でマイホームは購入可能でしょうか。また、年収400万円の場合、ローン限度額はどれくらいになるのでしょうか。


国土交通省の住宅市場動向調査報告書によると、年収400万円の世帯が購入しているマイホームは中古マンションが最も多く、その次が注文住宅です。賃貸住宅に暮らしている世帯もありますが、年収400万円でマイホーム購入は実現できそうです。


また、年収400万円の世帯の平均的な住宅ローン借入額は1100万円です。ただし、年収400万円の世帯が借入可能なローン限度額の相場は2000万円以上なので、マイホームを購入した場合も無理なく返済できる見込みです。

参考②:収入や貯蓄を増やすためには?

年収400万円だと収入や貯金が少ないと悩んでいる人も多いと思います。


貯金をしようと思うと、固定費を削減したり、節約したりと支出をコントロールすることを考えがちですが、ここでは「増やす」に焦点を当てて貯蓄や収入を増やすコツを紹介します。

資産運用

最近は銀行にお金を預けておいてもお金が増えない時代です。定期預金の金利はわずか0.01%で、利息に期待できません。


思い切って資産運用をしてみてはいかがでしょうか。


資産運用と聞くと、株式や投資信託、FXなどの「何だか危険なもの」を想像しがちですが、低リスクで運用ビギナーでも始めやすい商品があります。


それは個人向け国債外貨預金です。


個人向け国債

個人向け国債は手軽で安心な資産運用の一つです。

主な特徴は以下の6点です。

  1. 元本割れの心配なし
  2. 一万円から購入可能
  3. 国(日本)が発行しているものだから安心して保有できる
  4. 中途換金も10000円からOK
  5. 最低金利(0.05%)が保証されている
  6. 毎月発行している(年12回)

定期預金と同じように元本割れの心配がない商品で、利息は定期預金の5倍です。最寄りの金融機関で購入することができ、複雑な手続きなどありません。詳細は財務省の「個人向け国債」のHPで確認することができます。


外貨預金

外貨預金はドルやユーロなどの外貨で預金することです。日本はゼロ金利政策のため低金利が続いていますが、外国の預金は2%や3%の利息がつき、金利が高いです。


また、外貨ベースでは元本保証ですが、満期で日本円に換金するときには為替差益為替差損が発生する場合があり、注意が必要です。


例えば、定期預金当初1ドル=100円だった為替が、満期時に1ドル=110円になった場合。10円の為替差益が発生です。


設定当初よりも満期時の方が円安になった場合は為替差益となります。


逆に、定期預金当初1ドル=100円だった為替が、満期時に1ドル=90円になった場合。10円の為替差損となります。


設定当初よりも満期時の方が円高になった場合は為替差損となります。


外貨預金は銀行で手続きをすることができます。

保険の加入・見直し

生命保険の加入や見直しが節税効果を生むことがあります。


年末調整や確定申告時にその年に支払った保険料を生命保険料控除として申告を行うことで、税制上の優遇措置が受けられる場合もがあります。生命保険料控除を申告すると、所得税や住民税の負担額が軽減されます。


保険商品は節税効果のみでなく、万が一のための保障が心強い商品です。前向きな商品検討をおすすめします。


ただし、全ての保険が対象ではなく、保険商品や被保険者、職業によっては控除が受けられない場合があります。ご注意ください。

思い切って転職をする選択肢も

また、年収400万円ほどの人は転職を考えている人も多いようです。最近は「売り手市場」と言われ、転職者にとって優位な状況が続いています。


転職するのは勇気がいることですが、収入を増やし、貯金ができるようにするためには思い切って転職して年収アップを図るのも一つの手かもしれません。

まとめ:年収400万円の家賃相場と生活レベル

年収400万円の家賃相場と生活レベルについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。 


 今回の記事のポイントは、 

  • 年収400万円の家賃相場は63,500円〜76,200円である
  • 年収400万円と言っても400万円全額が手取りではなく、手取額は319万円〜333万円(家族構成による)
  • 年収400万円の平均貯蓄額は100万円/年
  • 年収400万円でマイホームは購入可能

でした。 


年収400万円と一口に言っても、家族構成によって手取額が異なります。自分と同じ年収400万円だからと言って、生活レベルや貯蓄額を単純に比較することはできません。


また、年収アップや貯蓄額アップに積極的な資産運用や保険の加入や見直し、転職がおすすめです。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事を多数掲載しています。ぜひご覧になってください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング