年収600万円の生活レベルは?生活費や貯金額を実際の家計簿で紹介!

年収600万の人はどのような生活を送っているのでしょうか。周りの生活費や家計簿が知りたい、意外と貯金できない人、多いと思います。今回は、年収600万の実際の家計簿を見て、生活費や貯金額の平均を理解して、そこから、家計の無駄を省き貯金額を増やす方法を

年収600万円は勝ち組?生活レベルを家計簿から紹介!

年収600万円と聞くとどういうイメージを持ちますか。


年収600万円に達していない人は勝ち組だというイメージを持つかもしれません。


しかし、実際に年収600万円の家計の人は、貯金はおろか、普段の生活費すらギリギリだという方もいるかもんしれません。


そこで、この記事では年収600万円の家計簿を子供の2人の場合で紹介して、そこから家計の中で節約すべきポイントについて紹介します。


この記事を読んでいただければ、年収600万円の家計や節約すべきポイントが分かると思いますので、ぜひ最後までお読みください。


年収600万円の家計簿:子供二人の場合

こちらの方はお子さんが二人います。奥さんは専業主婦です。


手取りは月32万×12ヶ月
ボーナス65万×2回となっています。

項目内訳金額(単位は円)
収入手取り320,000
固定費家賃87,000
水道光熱費13,000
通信費8,000
幼稚園26,000
小遣い5,000
変動費食費55,000
日用品3,000
3,000
医療美容2,000
その他32,000

この方は非常に理想的な家計ですが、強いて言うなら固定費が高いですね。


固定費とは、保険や水道光熱費など月々一定でかかる費用のことで、家計を見直す際に最優先すべきポイントです。


詳しくは後述します。

年収600万円なら節約のコツを知れば楽に貯金できる!

年収600万円の家計で楽に貯金をするためには、節約のコツを知ることがポイントになります。


節約のコツをまとめると、以下のようになります。

  • 固定費の見直し
  • 家計簿を付ける
  • 生命保険の見直し
  • 住宅費(家賃・住宅ローン)の適正金額を把握する

固定費こそ家計で見直すべきポイント

節約を考える時、家計の中で第一に見直すべきポイントは固定費です。

固定費とは、水道光熱費・通信費・保険・住宅費・子供の教育費など、月々にかかる固定の費用です。

これらを見直して削減できるポイントを見つけると、以降はずっと削減できるようになり、家計が改善します。

したがって、固定費はまず最初に見直すべきポイントになります。

家計簿は必ずつけよう

家計簿をつけると、入ってくる金額と出ていく金額を把握でき、お金の流れが可視化できます。

お金の流れを可視化することにより、収支のバランスが把握でき、出費が多い項目や無駄遣いしている項目が一目で分かるようになります。

次からはどこを節約すればいいかが明確になり、効率的に貯金ができるようになります。

年収600万円は高いのか

国税庁の「平成29年分 民間給与実態統計調査調査」によると、全体の平均給与は432万円、男女別の平均給与では、男性532万円女性287万円となっています。


割合で見てみると、年収600万円台は全体の約6%、年収600万円以上は全体の上位約20%となります。


年収600万円は上位の割合に位置することが分かります。男性では平均よりも上、女性ではかなり年収が多い方と言えます。

年収600万円の手取り額は約500万円

手取り額の計算方法は、年収から税金(所得税・住民税)社会保険料を引いたものになります。一般的には年収の約75%~80%が手取り額となります。


年収600万円の場合、所得税は約20万円、住民税は約30万円、社会保険料は約80万円です。これらを差し引くと、年収600万円の手取り額は約470万円になります。


手取り額は以下のように計算できます。

年収600万円-所得税20万円-住民税30万円-社会保険料80万円=約470万円

次に、年収600万円の手取り月収額について見てみましょう。


賞与(ボーナス)がない場合は、手取り額470万円を12ヵ月で割る計算になり、約39万円になります。


賞与がある場合はどうでしょうか。賞与額が40万円で年2回支給されると想定した場合、手取り月収額は約32万円になります。賞与がある場合の手取り月収額は以下のように計算できます。

(468万円-(40万円×2回))÷12ヶ月=約32万円

家計の中の固定費を節約する方法をさらに詳しく見よう

固定費とは、家計の中で月々にかかる一定額の費用です。


固定費には、以下のようなものが挙げられます。

  • 水道光熱費(水道・電気・ガス)
  • 住宅費(家賃・住宅ローン)
  • 通信費(固定電話・携帯電話・インターネット)
  • 生命保険の保険料
  • 損害保険の保険料
  • 教育費(学費・給食費・習い事の月謝)

固定費を見直して削減できるポイントを見つけると、以降はずっと削減できるようになります。


ここでは、水道光熱費・住宅費・生命保険の見直しについて詳しくご紹介していきたいと思います。

水道光熱費、家賃など家に関わること

固定費の中で、水道光熱費は節約の心掛けにより簡単に抑えることができます。


以下にご紹介する水道光熱費を抑える方法は、簡単にできることが多いので、すぐにでも始めてみて下さい。


水道代の節約では、お風呂の時にシャワーをこまめに止める、トイレの「大」「小」レバーを使い分けることで節水でき、水道代を削減できます。


電気代の節約では、照明を蛍光灯からLEDライトに変更する、使用しないコンセントは抜いておく、エアコンフィルターの掃除などが効果的です。


ガス代の節約では、鍋やフライパンで料理するときは蓋をする、節水シャワーヘッドに変更する、電気ケトルで湯沸かしをするなどの方法がおすすめです。


住宅費は賃貸の場合は家賃、持ち家の場合は住宅ローン返済額が月々の費用となります。


住宅費は手取り月収額の3割以下が目安と言われています。年収600万円の場合、月収手取り額は約32万円なので、約9.6万円以下の住宅費に抑えると良いでしょう。

保険は適切かどうか見極めよう

生命保険は約9割の世帯が加入していると言われます。

しかし、自分の意思で決定して加入した人はどれくらいいるのでしょうか?


保険会社に勧められる保険にそのまま加入し、保障内容・保険金額・保険料などをしっかり把握していない人は多いかもしれません。そのような人は、保険の見直しをすることがおすすめです。


保険内容がライフスタイルやライフステージに合っていない場合は、保険が無駄になっている可能性があります。


実際、保険の見直しをすることで、特約の付いた割高の生命保険から割安でシンプルな内容のネット生命保険に乗り換えて、保険料を節約できた例があります。


ほけんROOMではファイナンシャルプランナーによる保険無料相談を行っています。


特定の保険会社の商品が勧められることはなく、公平な立場で保険選びのサポートを行うので、信頼感があります。お気軽に相談してみて下さい。

年収600万円の場合住宅ローンはどうなるか

年収600万円であれば、住宅ローンを組んで住宅購入を検討している人は多いと思います。

住宅ローンはいくらまで借りられるのでしょうか。
また、月々の返済額はいくらくらいになるのでしょうか。

実際にいくらのローンを組めばよいかシミュレーションをしてみましょう。

3000万円まで安全圏はホント?実際に見積もりしてみよう

一般的に住宅ローンの借入金額は年収の5倍までが安全と言われています。実際にはどうなのか、フラット35を例に計算してみましょう。


フラット35は「全機関固定金利型住宅ローン」で、全国300以上の金融機関が住宅金融支援機構と提携して扱っています。借入時に返済終了までの金利が確定し、全期間変わらないので資金計画が立てやすいのがメリットです。


以下のフラット35の公式サイトではローンシミュレーションができます。


https://www.flat35.com/simulation/sim1.html


実際に年収600万円の住宅ローン借入可能額を計算してみましょう。 


年収468万円(手取り額)、融資金利1.7%、返済期間35年で計算した結果、借入可能額は4,318万円となりました。年収600万円の5倍である3,000万円を大幅にクリアしています。

住宅ローンは余裕をもって組もう

フラット35のローンシミュレーションによると、年収600万円で住宅ローン3,000万円の借入は可能なことが分かりました。


住宅ローン3,000万円の場合、毎月の返済額はいくらになるのでしょうか。借入希望金額から返済額を計算してみましょう。


借入希望額3,000万円、適用金利1.7%、返済期間35年で計算すると、毎月返済額は9.5万円になります。


年収600万円の手取り月収額は約32万円なので、そこから毎月の返済額9.5万円を引くと約22万円で生活していくことになります。


生活費が約22万円あれば余裕と思われるかもしれませんが、今後、リストラや転職などで年収が下がってしまう可能性もゼロではありません。また、子供がいる家庭は子供の成長とともに教育費が大きくなり、家計が苦しくなる可能性もあります。


ライフスタイルやライフステージの変化に対応できよう、住宅ローンは余裕を持って組むことが大切です。

参考:独身で年収600万円の人は貯金すべき?

ここまで、家庭のある人の年収600万円の家計や住宅ローンについて見てきました。


一方、独身の年収600万円は住宅費や生活費などが一人分で済み、比較的裕福で家計には余裕があると思います。しかし、家計を管理しないで自由に出費を続けていると、貯金ができず、家計が赤字になる可能性があります。


独身の人は家庭がある人よりも家計に自由がある分、貯金がしやすいと言えます。独身の時期に家計を管理し、無駄遣いを少なくすると、確実に貯金が増えていきます。


貯金があれば、将来結婚して家庭を持ち、子供が産まれたり、住宅を購入する際など、大きな出費に対応できます。また、老後の安心感も違ってきます。


独身の人は将来のためにしっかり貯金をしておきましょう。

まとめ:年収600万円の家計の節約は固定費の見直しから始めよう

年収600万円の家計や節約について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回の記事のポイントは、

  • 節約のコツを知れば、年収600万の家庭でも楽に貯金できる
  • 年収600万円は平均よりも上の割合に位置する
  • 年収600万円の手取り額は約470万円
  • 家計の中で最初に見直したいのは固定費
  • 住宅ローンの借入金額は年収の5倍までにする
  • 独身で年収600万円の人は将来のために貯金するのがおすすめ
でした。

年収600万円の人が貯金できない理由は節約のコツを知らないから、ということがわかりました。

みなさんもこれを機に家計の節約について考えてみてはいかがですか?

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング