就業不能保険は精神疾患にも対応しているタイプを選ぶことがお勧め

就業不能保険は、仕事ができない期間の収入を確保することのできる給与サポート型の保険として注目されています。一般的に入院手術を必要とする重病やケガなどでの就業不能が対象ですが、精神疾患にも対応した就業不能保険もあります。精神疾患が増えている現在に必須の保険です。

精神疾患の状況でも対応可能な就業不能保険に加入して安心感を得ましょう

現代はストレス社会でもあり、職場での人間関係や業務多忙など、さまざまな理由によって精神疾患の状態になる人も少なくありません。


状況が悪化すると業務に従事することが困難となり、休職を余儀なくされるという可能性もあります。


その場合の給料相当分を保証する保険が必要となります。それが就業不能保険です。

精神疾患も支給の対象となる保険を選ぶ

大きな病気やケガなどで長期間仕事に従事できない場合に対象となる就業不能保険は、比較的少ない保険金で給料の支給されない期間の収入をある程度カバーできるきわめて有益な保険です。


精神疾患による休職は、就業不能保険の支給対象となる場合とならない場合がありますので、加入の前にかならず確認しておきましょう。

精神疾患による休職で保険金の給付を受ける

一般的な就業不能保険では、休職後3ヶ月程度の免責期間が存在します。


それ以降の期間は一定の金額が1ヶ月毎に支給されるという仕組みとなっています。掛け金によって月あたりの支給額は、およそ5万円から15万円程度の範囲になっているケースが多く見られます。


必要な金額と掛け金のバランスを考えましょう。





精神疾患でも就業不能保険の給付が受けられることを確認しておくことが重要

精神疾患の場合には対象外となっている就業不能保険もあります。


いわゆる、適応障害や「うつ」などの症状で業務に従事することができないという場合には支払いの対象外とされるというケースです。


いざ休職した場合に、精神疾患であるから給付が受けられないということにならないよう、加入した保険の内容はチェックしておきましょう。

精神疾患に対応した就業不能保険に加入

多くの就業不能保険の場合には、うつなどの精神疾患における休職による収入減も対象としているケースがあります。


給付が受けられる期間においては、一般的な病気やケガなどによる就業不能状況とは異なり、その限度期間がやや短く設定されていることもありますので注意しましょう。

減少した給料を補うために必要な金額を設定

福利厚生がしっかりしている企業や公務員の場合には、精神疾患であっても休職中にもある程度の給料が保証されています。


傷病手当金などで通常の5割から7割程度の支給となるケースが多いでしょう。


40万円の給与でしたら、20万円から30万円に減額して支給されることになります。その不足分を補うのが就業不能保険です。

精神疾患の場合には就業不能保険の支給限度期間が通常の半分程度

精神疾患の休職も支給の対象としている就業不能保険では、期間を限定しているというケースもあります。


多く見られるのは免責期間である3ヶ月間を超え、1年間から1年半程度を限度としている例が多いものです。通常の疾患であれば3年程度の保証となる例が多く、精神疾患の場合には半分程度と考えてよいでしょう。

減額された給料のサポートを就業不能保険で

生活費の全てを給料で賄っている場合には収入が途絶えたり減額されたりすると、生活に大きな影響を与えてしまいます。そのために重要なのが就業不能保険です。


精神疾患も近年大変多く見られる病気となっていますので、支給の対象になっている保険が多くあります。月々の収入が確保できることの安心感は大きなものです。

支給を受ける方法は書類提出が必要

就業不能保険で給付金を受ける場合には、医師の診断書と職場の管理職からの証明書などが必要です。


一般的には毎月診断書を発行してもらうということは負担が大きいので、ある程度の期間をまとめて診断書を出してもらうということが多いです。


すぐに給付を受けたい場合出ない限り、まとめて請求のほうが良いでしょう。

請求書の提出から振込まではスムーズに

保険金の請求に関しては、精神疾患のために休養を要するという旨の医師からの診断書と、職場での休職証明書などが必要です。


書類が不備なく揃っていた場合には、比較的短期間で指定口座に振込が完了します。保険会社に提出する際には、書類関係に不備がないように気をつけましょう。

場合によっては差額の給付もある

精神疾患における休職期間の給付に限った話ではありませんが、請求した期間の全国の平均物価と、翌年の平均物価との状況を判断して、差額分が後日振り込まれる場合もあります。


物価変動による保険金額の調整は直接保険会社からある場合が多いものです。ただしその金額はそれほど多くはないものです。

10万円以上の給付金を確保しておきたい

給料が半分に減ったということを考えると、やはり10万円以上の保険金給付は確保しておきたいところです。


保険金が給付される期間でゆっくりと精神疾患を回復させるために療養することも良いでしょう。復帰はあせらずに、ゆっくりと構えて向き合うことがいちばん大切です。


就業不能保険があるという安心感で、回復も早くなる傾向になる人も少なくありません。

まとめ

精神疾患でも就業不能保険の受取が可能であるケースは多くあります。就業不能保険の規約をしっかりと確認しておきましょう。


加入している就業不能保険が精神歯間に対応していない場合には、新たに精神疾患対応の就業不能保険を探すということもおすすめです。


安心して働くことができるためにも、自分の加入している保険を見直してみることが大切です。

ランキング

  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 「18歳の子供が医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に適しているのは、医療保険なの?それとも死亡保障保険?
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なしという可能性もあります
  • 医療保険が必要な人ってどんな人?その特徴や必要な理由を徹底解説!
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険を理解すべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 民間の医療保険のメリットは一体何!?わかりやすく解説します!
  • 新入社員に医療保険ってホントに必要?みんなはどうしてるの?
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険に加入する際女性特約は必要なのかじっくり考えてみましょう
  • 女性なら気になる医療保険の女性特約について徹底解説!女性特約とは
  • 専業主婦も医療保険に入る必要性ある?オススメの保険プランを解説!
  • 独身女性が医療保険に加入するメリットを詳細に解説します!!
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 民間の医療保険でも不妊治療が保障可能に!特徴と注意点を徹底解説!
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • 医療保険で後悔したくない。自分に合った医療保険の選び方のポイント
  • 医療保険の加入申込時と保険金請求時に必要な書類と注意点を把握する
  • 医療保険の賢い選び方とは?2つのタイプの医療保険を徹底比較!