医療保険ALL

就業不能保険

医療保険の必要性

医療保険の選び方

公的医療保険制度

20代でぜひ加入したい医療保険、選び方のポイントはこれだ!

20代で医療保険に加入する場合、選び方はとても大事です。まずは保険料を重視しておきましょう。次に掛け捨てか終身かということも選び方のポイントです。医療保険の内容も重視したいところですが、特に20代女性は女性特有の疾病への備えも考えておきましょう。

20代で医療保険に加入する場合の選び方のポイント

20代になって医療保険への加入を検討している方もいらっしゃることでしょう。 

医療費への備えは大事なものですが、「そもそも20代から医療保険に加入すべきなのか、「加入する場合どのような保障内容をつければ良いのか」などと迷ってしまうこともあると思います。 

しかし、20代の方はまだ貯蓄が充分とはいえないことが多く、高額な治療費の場合支払うことが困難になってしまいます。 

また、病気やケガのリスクは誰にでも起こり得ることであり、もしそのような事態になっても安心して治療を受けられるためにも、やはり医療保険は必要といえます。 

さらに、日本の社会保障制度を見てみると、少子高齢化社会が進むことにより社会保障費が不足し、将来的に医療費が高額になる可能性も考えられます。 

このような理由から、20代の若いうちから医療保険で安心の保障を手に入れておく必要があると考えられます。 

そこでこの記事では、20代の方の医療保険の選び方のポイントとして 

  • 20代の医療保険は掛け捨てと終身どちらが良いか 
  • 20代女性の医療保険の選び方 
  • 20代ならではの医療保険の選び方 

以上のことを中心に解説していきます。 

この記事を読んでいただければ、20代の方の医療保険の選び方のポイントについてお分かりいただけると思います。 

ぜひ最後までご覧ください。  

20代で医療保険に加入するならまずは保険料を重視しよう

20代の方が医療保険への加入を考える場合に、まず気になるのは「保険料はどの位払うのか?」ということではないでしょうか。 

まだ収入が安定しない20代の場合は、高額な保険料を毎月支払い続けるのは非常に負担が大きくなってしまいます。 

保障は大事とはいえ、保険料は収入とのバランスを考えることが大切なため、生活に負担がかかり過ぎないような医療保険の選び方をする必要があります。  

保険料を下げるには、今必要でない特約を付けずに本当に必要な保障のみを選んで加入するなどの方法があります。 

また、20代ですでに結婚されている方の場合は、自身の医療保険の他にも生命保険や学資保険などを検討する必要性が出てきますので、それらとのバランスも考えて保障を選ぶことが大切です。 

保障内容を比較しながら選ぶのが大事

次に、医療保険の場合は同じ保障内容でも保険料に大きく違いが出ることも少なくありません。


そのため、保障内容をしっかり比較するような選び方が大切です。


同じ保障内容の保険でも、保険料が倍近く違うこともあるためです。


一般的にネットや共済は安く、大手生命保険会社のものは高額な傾向があります。

20代の医療保険、選び方は掛け捨てが良いか終身が良いか

医療保険は、大きく分けると「終身型」と「掛け捨て型」の2タイプに分かれます。 

保障期間が終身なのか有期なのか、保険料が高いのか安いのかといった点に主な違いがあります。 

医療保険の選び方としては、まずこのどちらのタイプにするかを決めるところから始まりますので、それぞれどのような特徴があるのか、詳しく解説していきます。


【終身型】 
 
終身型の医療保険の特徴は、なんといっても「保険料がずっと一定で、一生涯の保障が得られる」という点になります。 

保険料は加入年齢が若いほど安いため、できるだけ若いうちに加入して保険料を安くすると、月々の支払いが負担になりません。 

一度契約してしまえば、保障内容も変わらないので、一生涯保障を付けておくことができます。 

一般的に高齢になるほど病気になるリスクは高くなりますが、医療保険は病気になってからでは加入が難しいケースが多くあります。 

よって健康な若いうちに加入しておくと手続きもスムーズに進められます。 

なお、終身保険は「一生涯加入すること」が前提に作られていますので、契約期間の途中で内容を変更することができません。 

どうしても変更したいという場合は、一度解約し新たな内容で再加入ということになり、保険料が高くなってしまいます。 

よって、加入時には自分のライプランや将来の道筋をある程度はっきりさせた上で、慎重に補償内容を選ぶ必要があります。



【掛け捨て型】

現在販売されている医療保険の多くが、この掛け捨て型のものとなっていますので、自分にあった医療保険が見つけやすくなっています。 

掛け捨て型の医療保険は、保険期間中に中途解約した場合、支払った保険料が解約返戻金として戻ってこないタイプの保険です。 

保険期間中に給付金が支払われなかった場合、保険料を損したと感じてしまいますが、保険とは本来もしもの場合の保障なので、そのために保険料を支払っていたと考えれば決して損ではないとも考えられます。 

しかし、解約返戻金がない分、貯蓄性のある医療保険に比べて保険料が安いので、経済的な負担を最小限に抑えつつ、必要な医療費に備えたいという方におすすめのタイプの医療保険です。  
   

「終身」のメリット・デメリット

まずは終身型医療保険のメリットから確認していきましょう。 

メリット1:保険料がずっと同じ 

終身型の場合は、保険料が契約時のものがずっと続きますので、年齢とともに高額になっていくということがありません。 

保険料が変わらないので、計画的に払い込むことができます。
 

メリット2:一生涯の保障が得られる 

終身型はその名の通り、一生涯の保障が得られるので70歳、80歳…と高齢になっても医療面の心配をする必要がなくなります。 

高齢になるほど病気やケガのリスクが高くなりますので、早くから備えておくと安心です。 


では次に、デメリットについても確認しておきましょう。 

デメリット1:保障の見直しができない 

終身型医療保険の保障内容は、加入時のものが一生涯保障されることになるため、契約期間中にライフスタイルに変化があった場合でも保障内容を見直すことができません。 

デメリット2:保険料が割高 

終身型は掛け捨て型に比べて保険料が割高です。
 
20代の若い方にとっては負担が大きいと感じる方も少なくないと思われます。  

「掛け捨て」のメリット・デメリット

ではまず、掛け捨て型医療保険のメリットついて確認していきましょう。 

メリット1:保険料の負担が小さい 

掛け捨て型の医療保険は、将来の返戻金の分を積み立てておく必要がないため、保険料が安く抑えられています。 

メリット2:保障の見直しがしやすい 

掛け捨て型の医療保険に加入中にライフスタイルに変化があった場合など、満期日を待つことなく解約できるので、より自分にあった保険に加入することができます。 

メリット3:商品のラインナップが豊富 

多くの保険会社で掛け捨て型の医療保険を販売しているので、商品数が多く、保障内容も様々なので、より自分に適した保険を選ぶことができます。


では次に、掛け捨て型医療保険のデメリットについても確認しておきましょう。 

デメリット1:給付金をもらえなかったら保険料がムダに 

掛け捨て型の医療保険の場合は、満期や更新時に保険金を受け取れないので、仮に入院や通院をしなかった場合は、保険料がムダになってしまいます。 

デメリット2:更新時に保険料が高くなる 

更新時は、その時の年齢で保険料が再計算されるため、年齢が高ってから更新する程保険料が高くなることが多いです。
 

女性20代の医療保険の選び方は、妊娠・出産にも備えるものを

男性にはあまり関係がないかもしれませんが、女性の中には20代の間に医療保険に入ることによってメリットを得やすい人もいます。


実はその代表が出産です。


医療保険の中には、出産や妊娠中の様々な病気にも対応できるものがあります。


一般的な保険のみの場合でも、十分活用できるでしょう。

20代女性ならではの医療保険のメリット

20代女性はできるだけ医療保険に加入しておきたいものです。 


その理由の1つが妊娠・出産です。


今の時代、妊娠・出産は病院という人が大多数ですから、その時に医療保険を使って入院にかかる費用を抑えることが出来たり、妊娠中の病気やリスクに備えることにもつながりますよ。

20代女性の医療保険の選び方とは

医療保険の場合、こういった妊娠・出産に対応しているものがほとんどですが、さらに女性特有の疾病に対して備えるという選び方も考えられます。


選び方としては、女性特有の特約があるかどうかもポイントになるでしょう。


また、医療保険の中には妊娠・出産による病気では支払われない場合もありますので、よく検討することが大切です。


医療保険 選び方 20代

20代ならではの医療保険、選び方のポイント

他にも、医療保険の選び方としては20代ならではのポイントがいくつかあります。


実は20代の場合はそもそも医療保険が必要かどうか考えなくてはなりませんし、どういった保障が必要かについても考えたいところです。


逆にガン特約などはあまり必要ないかもしれませんのでよく検討しましょう。

20代は貯蓄の少なさを考慮した選び方を

20代の方が保険に加入することを躊躇する理由として、貯蓄の少なさが挙げられます。 


20代といえば、まだ社会に出たばかりで、充分な貯蓄をするほどの余裕がない方がほとんどでしょう。 


先にも触れましたが、保険料は収入とのバランスが大切ですので、収入・貯蓄が十分でない時期に高額な保険料を払い続けるのはできるだけ避けたいものです。 


また、20代で独身の方であれば、これから結婚・出産を控えていく方も多く、まだまだライフスタイルが変化し続けることと思われます。 


今後、結婚し夫婦になって、子供が生まれて家族が増えるなどのようなライフプランが充分に立たないうちは、あまり大きな保障のものではなく、いつでも保障内容の見直しができるように、必要最小限の保障に留めたできるだけ安い保険料の医療保険に加入するというのも1つの選び方です。  

選び方のポイントは「シンプル」

医療保険は、「特約(オプション)」を付けてより充実した保障内容にカスタマイズすることができます。 


特約には、通院特約、三大疾病特約、女性疾病特約、先進医療特約など様々なものがありますが、万が一のことを考えて、「あれもこれも特約を付けたほうが安心」と思いがちです。 


しかし、これらの特約は無料で付けられるわけではなく、1つ1つオプション追加料金がかかっています。 


気になる特約を追加していくたびに保険料は高くなっていきますので、できるだけ保険料を安く抑えるためには、特約は必要最小限に留め、医療保険をできるだけシンプルなものにすることが大切です。 


特に、20代のうちは「がん特約」「三大疾病特約」などはあまり必要でないと考えられています。  

まとめ:20代の医療保険の選び方

20代の医療保険の選び方について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。 

今回のこの記事のポイントは、 

  • 一生涯の医療保障を備えたいなら「終身型」の医療保険を選ぶ 
  • 保険料を安く抑えたいなら「掛け捨て型」の医療保険を選ぶ 
  • 20代女性は、妊娠・出産時の備えにもなる医療保険を選ぶ 
  • 20代は貯蓄を考慮してシンプルな医療保険に加入するのがおすすめ 

です。 

20代のうちは、医療保険をはじめ保険に加入する必要性が感じられないかもしれませんが、病気やケガで入院・通院するリスクは誰にでもあります。 

今回解説していきた、20代の医療保険の選び方をぜひ参考にしていただいて、いざという時に困らないように、医療保険を検討してみてはいかがでしょうか。 

大切なのは、現在の収入に見合った保険料の商品を選び、ムダを省いて必要な保障を付けておくことです。 

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。 

ランキング

  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 「18歳の子供が医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に適しているのは、医療保険なの?それとも死亡保障保険?
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なしという可能性もあります
  • 医療保険が必要な人ってどんな人?その特徴や必要な理由を徹底解説!
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険を理解すべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 民間の医療保険のメリットは一体何!?わかりやすく解説します!
  • 新入社員に医療保険ってホントに必要?みんなはどうしてるの?
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険に加入する際女性特約は必要なのかじっくり考えてみましょう
  • 女性なら気になる医療保険の女性特約について徹底解説!女性特約とは
  • 専業主婦も医療保険に入る必要性ある?オススメの保険プランを解説!
  • 独身女性が医療保険に加入するメリットを詳細に解説します!!
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 民間の医療保険でも不妊治療が保障可能に!特徴と注意点を徹底解説!
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • 医療保険で後悔したくない。自分に合った医療保険の選び方のポイント
  • 医療保険の加入申込時と保険金請求時に必要な書類と注意点を把握する
  • 医療保険の賢い選び方とは?2つのタイプの医療保険を徹底比較!