病気のリスクが高まる40代でも後悔しない医療保険の選び方を紹介

40代になると病気のリスクは急激に増えてきます。健康面の心配要素を取り除くために医療保険の加入や見直しを検討する方も多いのではないでしょうか。今回は40代の医療保険の選び方についてポイントや注意点を紹介します。選び方によって大きな差が生まれるため必見です。

40代だと医療保険の選び方とは?

年を重ねると身体の不調が出やすくなり、それまで以上に病気のリスクも高まっていきます。


40代を迎えて、新たに医療保険に加入するべきか見直すべきかとお悩みの方もいるのではないでしょうか。


30代と比べて、医療保険を具体的にどう変えれば良いのかということも気になりますよね。


実は、この世代向けの医療保険の選び方には、ポイントがあります。


この記事では40代の医療保険の選び方について、

  • 40代の医療保険の選び方で注目すべきポイントとは
  • 40代が医療保険に加入・見直しをする際の注意点
  • 40代女性にとっての「女性向けプラン」や「女性疾病特約」の選び方

以上のことを中心にお伝えしていきます。


この記事を読めば、40代が抱える疾病リスクに無駄なく対応できる医療保険の選び方がお分かりいただけるはずです。


ぜひ、最後までご覧ください。

後悔しない医療保険の選び方のポイントを紹介

まずは、あなたが現在加入している医療保険の「契約内容のお知らせ」をご用意ください。


その内容と、以下の「40代の医療保険の選び方のポイント」を見比べていただきたいと思います。

  • 選び方1:がんや先進医療の特約をつけるかどうか
  • 選び方2:入院した際の補償内容が充実しているか

将来後悔しないために必ず注目すべきこの2点について、詳しく解説していきます。

がんや先進医療の特約をつけるかどうか

40歳になれば「がん検診のお知らせ」が届くようになり、改めてがんに不安を感じることと思います。


がんは40代から罹患率が上昇してくるため、40代になったらがん特約や先進医療特約で備えることをおすすめします。


がんは日本人にとって最上位の死因であり、平成29年のデータでは「がんによる死亡」は全死亡者数の27.9%を占めています。


また、がんは他の疾患に比べて治療が長期にわたることが多く医療費も高額になりがちです。


医療費そのものは高額療養費制度である程度まで抑えられたとしても、長期間仕事や家事を休むことによる収入減支出増は避けられません。


また先進医療特約は、高額療養費制度の対象とはなりません。


がん特約があると、がん診断給付金が受け取れたり給付金の支払い限度日数が無期限になるなど、通常の医療保険の保障ではカバーできない部分を補うことができます。

入院した際の補償内容が充実しているか

若い頃に加入した医療保険の入院日額が3,000円や5,000円という方は、金額をもう少し手厚くしておいた方が良いでしょう。


「高額療養費の自己負担9万円で1ヶ月30日入院したなら、9万円÷30=3,300で済む」 


という計算方法もありますが、差額ベッド代や入院中の日用品費食事代は高額療養費の対象となりません。 


入院が月をまたぐこともありますし、働き盛りの40代は入院による逸失利益も考慮する必要があります。


また、がん・心疾患・脳卒中といった三大疾病の入院について「支払日数に制限がない」タイプなら、40代にとってより安心ですね。


なお、傷病手当金のない自営業の場合は、入院給付金日額を高くすることや所得補償保険で更なる対策をしておきましょう。

40代で医療保険の加入・見直しをする際の注意点を紹介

ここまでは、40代の医療保険の選び方のポイントについて説明してきました。


若い頃よりも疾病リスクが高くなる分、それに対応した保障の強化が必要なのですね。


ここからは、40代で医療保険の加入や見直しをする際の注意点として、

  • 健康状態によっては加入できないプランがある
  • 年齢による保険料の増額で割高になってしまう場合がある

以上2点について詳しく解説していきます。

健康状態によっては加入できないプランがある

医療保険は、原則として契約時に健康状態の告知が必要ですが、告知した内容によっては加入できないプランもあります。 


「自分は健康だから手厚い医療保障は必要ない」と考えるのではなく、健康なうちに条件のいい医療保険に加入しておくべきです。


持病や既往症のあっても入れる「引受基準緩和型(限定告知)」や「無選択型(告知なし)」の医療保険もありますが、

  • 保険料がかなり割高
  • 持病に関連する病気で入院した場合は給付金を受け取れない
  • 加入後の一定期間は給付金を受け取れない、または削減される

というデメリットがあります。


ただし、持病のある方でも必ず通常の医療保険には入れないとは限りません。


選び方の優先順位としては、通常の医療保険→引受基準緩和型→無選択型です。


この順に、加入にチャレンジしていただきたいと思います。

年齢による保険料の増額で割高になってしまう場合がある

医療保険は加入または更新の年齢が上がるとともに、同じ保障内容でも保険料は割高になってしまいます。


一例として、ある医療保険の加入年齢別保険料をご覧ください。

  1. 保険期間・保険料払込期間:終身 
  2. 入院日額1万円
    死亡保険金なし 

  3. 特約:手術給付特約・先進医療給付特約

加入年齢男性女性
20歳2,6002,700
30歳 3,3503,350
40歳4,4504,200
50歳6,2505,600
60歳9,3007,900

支払い総額で考えても、20歳男性で187万2,000円/40歳男性で213万6,000円/60歳男性で223万2,000円と、加入年齢が低いほどお得です。


40代になれば若い頃とは保険料が違うということを覚悟して、加入や更新を行っていただきたいと思います。

参考:医療保険だけでなく終身保険で老後に備えよう

40代は、そろそろ老後資金についても備え始めるべき時期です。


住宅ローンや子供の教育費などに追われ、40代はなかなか貯蓄の余裕がない時期かもしれません。


しかし晩婚化が進む現代では「末子が独立したときには既に老後」というパターンが少なくないため、養育と老後準備の平行はやむを得ないことです。


無理ない範囲での貯蓄としては「積立型終身保険」という選び方があります。


積立型終身保険を「60歳払済」などと設定しておくことで、支払後に105%程度の高い利率で解約返戻金が受け取ることができます。


もちろん払込期間中に死亡した場合は死亡保険金が受け取れますから、保障と貯蓄を兼ね備えた堅実な保険といえます。


ただし、払込期間中に解約すれば元本割れしてしまうことにはご注意ください。

医療保険の保険料はプランの選び方によって変わる

ここまでは、40代で医療保険の選び方(加入・見直し)の注意点をお伝えしてきました。


できる限り保険料を抑えつつ十分な保障を受けたいものですが、はたして40代が医療保険に支払う保険料相場はどの程度なのでしょうか。


メディケア生命の調べによると、40代男性の平均保険料は月額5,523円・女性は4,575円となっています。


医療保険の保険料は、プランの選び方によって大きく異なります。


主契約である入院日額・給付限度日数・手術給付金はもちろん、がん診断給付や通院治療給付などの特約付帯も影響します。


とはいっても、必要な保障は人によって異なります。


相場と比べて保険料が高い低いと気にしすぎず、保障内容を重視した選び方が大切です。

女性向けのプランや女性疾病特約について

40代は、ホルモンバランスが崩れがちになり、乳腺症・卵巣のう腫・子宮内膜症・子宮筋腫など女性特有の病気が増えてくる世代です。


また30代後半から乳がん・子宮がん・卵巣がんなど女性特有のがん罹患率は増加し、この世代の女性の死亡原因1位はがんとなっています。


がんになれば、たとえ命は助かっても長期通院や治療の副作用で体調を崩すケースも少なくありません。


女性特有の疾患は老後を迎える前にかかりやすいゆえに、仕事や家庭に影響を与えがちです。 


40代女性は「女性向けプラン」や「女性疾病特約」で、女性特有の病気による入院や手術に備えておくと良いでしょう。


女性疾病だから医療費が高いということはありませんが、女性にとってはデリケートな問題となるため手厚い保障があった方がしっかり心身のケアに集中することができます。

まとめ:40代は医療保険の見直しのチャンス

40代の医療保険の選び方についてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。 


この記事のポイントは、

  • 40代の医療保険の選び方は、疾病リスクへの対策(がん特約の付帯や入院補償の強化)が必須
  • 一度大きな病気になれば、通常の医療保険に加入できなくなる可能性がある
  • 女性疾病のリスクが高い年代なので、女性疾病特約などの上乗せが望ましい

以上のことでした。


一般的に40代は仕事でも家庭でも最も責任が大きな時期ですが、いくら多忙でも公的な定期健診は必ず受けておきましょう。


そして思わぬ病気にかかってしまったときに大事な家族にしわ寄せが行かないよう、現在の年齢に合った医療保険の選び方を認識しておいてください。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事を多数掲載しています。

ぜひご覧になってください。

ランキング

  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 「18歳の子供が医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に必要な保険とは?死亡保障保険よりも医療保険を充実!
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なし!詳しく解説します!
  • 医療保険が必要な人の特徴や必要な理由をわかりやすく解説します!
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険に入るべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 民間の医療保険のメリットは一体何!?わかりやすく解説します!
  • 新入社員に医療保険ってホントに必要?みんなはどうしてるの?
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険の加入には女性特約は必要なの?詳しく解説します!
  • 医療保険の女性特約とは?どんな病気が女性特約の保障範囲?
  • 専業主婦も医療保険に入る必要性ある?オススメの保険プランを解説!
  • 独身女性には医療保険が必要?医療保険がおすすめな理由を解説
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 民間の医療保険でも不妊治療が保障可能に!特徴と注意点を徹底解説!
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • 医療保険で後悔したくない。自分に合った医療保険の選び方のポイント
  • 医療保険の加入申込時と保険金請求時に必要な書類と注意点を把握する
  • 医療保険の賢い選び方とは?2つのタイプの医療保険を徹底比較!