子育て行政ランキングでみた子育て向きの地域は?医療保険は必要?

子育てを支援する制度は行政ごとに異なり、自分の住む地域がどれほどのサポートをしてくれるのか事前にチェックが必要です。子育て行政ランキングでみた、援助が豊富な地域はどこでしょうか?ここでは自治体ごとの子育てランキングや子供の医療保険加入の必要性について考えます。

ランキングからみた子育て向きの行政とは?医療保険は必要?

あなたは、子育て支援が充実している行政について詳しく知りたいと考えているでしょう。


同時に、子どもの医療保険の必要性に関しても知っておきたいですよね。


子育て向きの行政ランキング上位にはどのような傾向があるのか気になると思います。


そこで、この記事では「子育て行政ランキングから見る援助が豊富な地域」について、

  • 子育て行政ランキングと上位の傾向とは?
  • 子ども医療費助成制度があっても子供の医療保険加入は必要?
の2点をご紹介させていただきます。

記事を読んでいただければ、子育て支援制度が充実している行政がわかると思います。

ぜひ最後までご覧ください。

医療保険の選び方や必要性に不安を感じているあなたへ

「医療保険について1から知りたい!」「医療保険って実際は必要なの?」


病気や怪我で入院したときの経済的負担を軽減するための医療保険。


しかし、健康保険対象外の治療を受けたときが不安という人が多いのではありませんか?


そんな方には医療保険に詳しい保険のプロが在籍するほけんROOM相談室がおすすめです。


従来の相談者が窓口に足を運ぶ「来店型」でなくても、保険のプロがお近くのカフェやレストランに向かいます!忙しい方、育児が大変な方におすすめです! 電話での相談も受け付けております!


全国対応!経験豊富な家計と保険の専門家ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談してみませんか?



子育て行政ランキングと上位の傾向とは?

子育て世代にとっては、なるべく子育てのしやすい環境で暮らしたいと考えていることでしょう。


近年では共働き家庭が増加しており、男女ともに仕事と子育てを両立できることが最優先ですよね。


しかし、子育て支援事業は行政によって差があることも事実なので、居住地には十分注意を払う必要があります。


以下では、子育て行政ランキングに関して、

  • 子育て向きな場所は?総合ランキングTOP10の自治体
  • 子育てに向いている行政かを見極めるポイントとは?
をご紹介させていただきます。

このランキングを参考にして、子育て行政ランキング上位の傾向を押さえておきましょう。

子育て向きな場所は?総合ランキングTOP10の自治体

子育てに向いている行政はどこなのでしょうか。


総合ランキングを知っておきたいですよね。


日経DUALと日本経済新聞が2018年に行った「自治体の子育て支援制度に関する調査」を参照します。


この調査の評価ポイントは、

  • 認可保育園に入りたい人が入れているか
  • 認可保育園の保育利用枠の今後の増設状況
  • 認可外保育園などの受け皿がどのくらい用意されているか、利用者への助成はあるか
  • 病児保育施設の充実度
  • 幼児教育・保育無償化以上に保育料値下げなどしているか
  • 未就学児がいる世帯へのサービス・現物支給があるか
  • 学童保育が充実しているか
  • 保育士確保へ自治体独自の取り組みがあるか
  • 保育の質担保への取り組み
  • 産後ケアへの取り組み
  • 不妊治療助成を実施しているか
  • 児童虐待に対応する支援拠点の整備
  • 未就学児の人数
です。

調査の結果は、以下の通りです。
順位行政名
1位栃木県宇都宮市
1位東京都新宿区
3位神奈川県厚木市
3位東京都千代田区
5位千葉県松戸市
6位東京都板橋区
6位東京都福生市
8位東京都荒川区
8位東京都葛飾区
10位千葉県柏市
10位東京都杉並区
10位東京都豊島区

上記のランキングを参照すると、地方部の宇都宮市と都心部の新宿区で1位を二分する形になっています。


また、東京都内でも23区がランキング上位に入っていることから、都心部は子育てがしやすい傾向にあることがわかります。


このランキングを参照しながら、居住先を決めても良いでしょう。

子育てに向いている行政かを見極めるポイントとは?

子育てに向いている行政かを見極めるポイントとして

  • 子育てを支援する公的制度や助成金の有無
  • 保育園の空き具合
が挙げられるので、以下で詳しく解説していきます。

子育てを支援する公的制度や助成金の有無


子育てを支援する公的制度や助成金のなかには
  • 児童手当
  • 児童扶養手当
  • 障害児福祉手当
などがあります。

このうち児童手当は、子どもを持つ世帯に対して養育費の支援を目的とする制度です。

また、ひとり親世帯に向けた養育費支援制度が児童扶養手当であり、児童手当とは別に援助を受けることができます。

さらに、障害児福祉手当は、重度の障害を持つ子どもの在宅援助を目的にされている制度です。

このように、行政によって多種多様な援助を受けることができます。

保育園の空き具合


共働き家庭にとっては、保育園の空き具合を確認することが必要になります。

もし保育園の空きが見つからなければ、職場復帰が難しくなってしまいますよね。

そのため、保育園に預けやすい行政を選択することも一つのポイントです。

ランキング上位の行政は、いずれも公的支援制度が整っていることが子育て世代に好まれる特徴でもあります。

子ども医療費助成制度があっても子供の医療保険加入は必要?

子ども医療費助成制度とは、子どもの医療費として支払う自己負担額のうち一部負担金を除いた額を助成するものです。


これは、子どもが生まれた日もしくは行政へ転入した日から適用されます。


この制度を利用すると、子どもの医療費の負担は軽減されるメリットがありますが、それでも医療保険に加入をさせた方が良いのか気になりますよね。


以下では、子どもの医療保険加入の必要性について

  • 厚生労働省による子供の入院確率
  • 子供の医療保険加入率はどれくらい?
  • 公的医療保険でカバーされない出費について
の3点を解説させていただきます。

厚生労働省による子供の入院確率

厚生労働省の「平成26年患者調査」によると、0歳~14歳の子どもの入院確率は28.1%の結果が出ています。


具体的には、0歳児の入院確率は高く、5歳以降は年々低くなっています。


要するに、子どもが病気や怪我をしても、入院に至る確率は少ないと考えることができるのです。

子供の医療保険加入率はどれくらい?

生命保険センターの「平成27年度生命保険に関する全国実態調査」によると、子どもの医療保険加入率は52.8%の結果が出ています。


全体加入率は91.7%なので、比べると低いことが実感できるでしょう。


子どもは医療費以外にも、教育費やレジャー費、衣類費などのお金がかかるので、高い保険料をかけてまで保険に加入することが必ずしもメリットではないと考えます。

公的医療保険でカバーされない出費について

子どもが入院した場合、公的医療保険で費用を軽減することが可能です。


これを利用することで、家計に打撃を与えることは少なくなりますよね。


しかし、公的医療保険でカバーされない出費として

  • 親の食事代
  • テレビカード代
  • 親の簡易ベッド代
  • 差額ベッド代
  • 好き嫌いが多い子どものために別途購入した食事代
があります。

これらにかかる費用は、子どもの入院日数が長引くにつれて莫大なものになります。

医療保険を備えることで、公的保険でカバーできない部分を補うことが可能なので、ぜひ検討をしてみてください。

まとめ:行政の子供支援サポートを確認し、保険の見直しを

この記事では、「子育て行政ランキングから見る援助が豊富な地域」をご紹介させていただきましたが、いかがでしたか。


記事の要点は、

  • 子育て行政ランキング上位の自治体には、栃木県宇都宮市や東京都新宿区、千代田区などが挙げられる。
  • ランキング上位の傾向として、公的支援制度が整っており、保育園数が多く比較的入園しやすい特徴がある。
  • 子ども医療費助成制度によって子どもの医療費負担は軽減できるが、差額ベッド代や親の食事代は実費負担になるので、民間医療保険の必要性は高い。
以上3点です。

子育て行政ランキング上位の自治体は、いずれも首都圏や北関東に集中しています。

地方よりも行政の仕組みが整っている傾向があるので、子育てには向いている地域なのです。

また、公的医療保険では補えない部分を民間医療保険でカバーすることも一つのの方法です。

子育て世代のあなたは、ぜひランキングを参考にして今後のライフプランを考えていきましょう。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング

  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 「18歳の子供が医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に必要な保険とは?死亡保障保険よりも医療保険を充実!
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なし!詳しく解説します!
  • 医療保険が必要な人の特徴や必要な理由をわかりやすく解説します!
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険に入るべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 民間の医療保険のメリットは一体何!?わかりやすく解説します!
  • 新入社員に医療保険ってホントに必要?みんなはどうしてるの?
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険の加入には女性特約は必要なの?詳しく解説します!
  • 医療保険の女性特約とは?どんな病気が女性特約の保障範囲?
  • 専業主婦も医療保険に入る必要性ある?オススメの保険プランを解説!
  • 独身女性には医療保険が必要?医療保険がおすすめな理由を解説
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 民間の医療保険でも不妊治療が保障可能に!特徴と注意点を徹底解説!
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • 医療保険で後悔したくない。自分に合った医療保険の選び方のポイント
  • 医療保険の加入申込時と保険金請求時に必要な書類と注意点を把握する
  • 医療保険の賢い選び方とは?2つのタイプの医療保険を徹底比較!