結婚って本当に必要?現代における結婚の必要性を徹底解説!

現代の人々は結婚の必要性についてどのように感じているのでしょうか?一昔前までは結婚するのが当たり前の時代でしたがどうやら現代は違うようです。今回は現在の男女が結婚の必要性についてどのように感じているかについて徹底的に解説します!

現代の人々は結婚の必要性を感じてる?

周囲に結婚をした人の話を聞いていると、自分もいつかはしたいと思いますよね。


一昔前までは、結婚をすることが当たり前の時代でしたが、最近は生涯通して結婚をしない人も多く見られます。


独身でも出世には影響しないことや、女性の社会進出が進んだことで、従来に比べると結婚の必要性が低下しているのです。


実は、現代は必ずしも結婚を必要としている人ばかりではないのです。


そこで、この記事では「現代における結婚の必要性」について


  • 結婚の必要性は男女ともに低下傾向
  • 一昔前の結婚の必要性
  • 現代の結婚の必要性
  • 結婚したら医療保険を準備する

の4点を解説させていただきます。


この記事を読んでいただければ、あなたにとっての結婚の必要性をご理解いただけると思います。


ぜひ最後までご覧ください。

男性も女性も低下傾向にある

内閣府の「平成30年版少子化社会対策白書」によると、2015年の時点で30代前半の未婚率は、男性が47.1%女性が34.6%で、約3~4割が未婚であることが伺えます。

(参照:https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/whitepaper/measures/w-2018/30pdfgaiyoh/pdf/s1-1.pdf


なぜ、結婚する人が減少してしまったのでしょうか。


以下では、その原因として


  • 女性の社会進出
  • 社内結婚の現象
  • 終身雇用や年功序列制度を撤廃する会社の増加
  • 独身でも出世に影響しない
  • 単身世帯でも過ごしやすい

の5つをご紹介させていただきます。

女性の社会進出が進んだ

まず、女性の社会進出が進んだことです。


従来は、「寿退社」と呼ばれるように、女性は結婚をして仕事を退職することが一般的な時代でした。


しかし、近年は女性の社会進出が進み、結婚後も仕事を辞めずに働き続けることが一般的です。


また、管理職に就く女性も増加しており、今後はよりいっそう社会で働き続ける女性が増加することが考えられます。


管理職の女性たちは、同世代の男性に引けを取らないほどの収入が見込めます。


高収入になると、旦那の給料に頼らずに生活していくことが可能なので、結婚の必要性を感じないのです。

社内結婚するケースが低下してきた

次に、社内結婚するケースが低下したことです。


従来は、同世代の同僚同士で結婚をすることも珍しいことではありませんでした。


社会人は多くの時間を職場内で過ごすので、気の合う異性と親しくなることは必然ですよね。


実際に「CanCam」が行ったデータを参照してみると、50代の既婚者のうち50%は社内恋愛の後に結婚をしています。(参照:https://cancam.jp/archives/260275


しかし、近年の20代、30代の社内結婚率は約20%のため、同僚同士が結婚に至る確率が減少していることが伺えます。


現代人は、職場での付き合いをプライベートに持ち込まない傾向があるので、社内結婚は今後も減少していくと考えられます。


終身雇用や年功序列制度を撤廃する会社が増加した

次に、終身雇用年功序列制度を撤廃する会社が増加したことです。


従来は、就職をしたら定年まで働き、年齢が上がるにつれて昇進していくことが一般的でした。


しかし近年では、不景気の影響で正社員以外の雇用が増加し、必ずしも年齢とともに昇進する仕組みではなくなってしまいました。


そのため、若年層の中には「結婚の必要性は感じていても雇用が不安定で踏み出せない」といった理由で結婚を選択できない人が多いのです。


また、今や転職をすることは珍しくない時代です。


仕事が変わるごとに収入も変化するので、安定した収入を得ることが難しく、結婚をしづらい人も存在します。

独身でも出世に影響しない

次に、独身でも出世に影響しないことです。


あなたの上司のなかにも、独身の人がいると思います。


出世は単純に実力が認められた証なので、家族の有無は関係ありません


また、出世をすると以前よりも裁量の大きい仕事を与えられるので、家庭よりも仕事を優先しなければいけない場面も生じてきます。


独身で管理職に就いている人のなかには、「家族がいないと好きなように仕事ができて楽」と感じる人も多いので、独身でいることが悪いことではありません。


ライフスタイルは出世に影響がないので、あえて結婚の必要性を考えない人も多く存在します。

単身世帯でも過ごしやすい時代になった

最後に、単身世帯でも過ごしやすい時代になったことです。


結婚をすることが一般的だった従来は、独身でいると世間から「早く結婚して」とせかされることが多数ありました。


しかし、近年は未婚率が上昇しており、独身であることが珍しい時代ではなくなっています。


また、趣味を充実させている独身層も多いため、「独身=惨め」という構図は消えつつあるで、単身世帯が過ごしやすい時代になりました。

一昔前の結婚の必要性は?

ここまでは、結婚率が低下した原因を5つご紹介させていただきました。


社会構造の変化は、人々がライフスタイルの多様性を認めたことであるのをご理解いただけたと思います。


反対に、一昔前は結婚の必要性をどのように感じられていたのか気になりますよね。


以下では、


  • 互いに協力して生きていく
  • 世間体の維持
  • 互いの家系を後世につないでいく

の3つをご紹介させていただきます。

互いに協力して生きていく

まず、互いに協力して生きていくことです。


従来は三世代以上の大家族も珍しくなく、子どものころから互いに協力して生きていく意識を植え付けられてきました。


また、「男性は外で仕事、女性は家で家事・育児」という性別役割分担が課せられ、人々は家庭内での自分の役割を担うことで生きてきたのです。


そのため、男女が支え合いながら生きていくために結婚をする選択は当然のことでした

世間体の維持

次に、世間体を維持することです。


特に男性は、「家庭を持って一人前」という意識が存在し、世間から認められるために結婚の必要性を感じる人が大半を占めていました。


結婚をして家庭内での役割を全うすることが当たり前の時代は、どんなに出世をしていても、独身者は世間的には蔑まれていたのです。


そのため、世間体を維持するために結婚を行き急ぐことが当たり前でした。

互いの家系を後世につないでいく

最後に、互いの家系を後世につないでいくことです。


家制度」が廃止された後も、「結婚は家同士の関係を築くもの」という意識は根深く残っています。


近年はそのような意識も薄れてきましたが、従来は互いの家系を絶やさないために結婚することも珍しくなく、家同士の見合い結婚率も高い傾向がありました。


現代の結婚の必要性は?

ここまでは、一昔前の結婚の必要性をご紹介させていただきました。


個人よりも「」を尊重していることや、世間体を維持するための結婚が主流であったことをご理解いただけたと思います。


それでは、現代の結婚の必要性について


  • 同棲していてもあえて入籍はしない
  • 互いに幸せになるために結婚する

の2つを解説させていただきます。

同棲はしているがあえて入籍しないことも

まず、同棲はしていてもあえて入籍をしないことです。


「ゼクシィ」のデータによると、約70%のカップルが結婚前に同棲をしていることがわかりました。(参照:https://zexy.net/mar/edit/honne/vol54.html


しかし、同棲をしているからといってすぐに入籍をするわけではなく、なかには同棲期間中に別れてしまうカップルも珍しくはありません。


そのような要因が、未婚率の上昇と所以します。


また、入籍をしない「事実婚」を選択するカップルも多く、結婚生活が多様化しています。

互いに幸せになるために結婚する

次に、互いが幸せになるために結婚をすることです。


従来とは異なり、個人の幸せを追求することが結婚をする目的になりました。


そのため、一緒にいて幸せになれる相手が見つかれば、結婚の必要性も考えられるようになります。




仮に結婚したならば医療保険を準備しよう

もしもめでたく結婚をした場合に必要なのが医療保険です。


家庭を持つと出費が増えるので保険料の負担はなるべく避けたいところですが、結婚をしたからこそ、きちんと備える必要があるのです。


以下では、医療保険の必要性について


  • 妊娠・出産時の入院や手術に備える
  • いざというときの金銭面での不安を解消

の2つを解説させていただきます。

女性は妊娠・出産のときには予期せぬ入院や手術を伴う場合がある

まず、妊娠・出産時の費用の手助けになることです。


結婚をすると、妊娠・出産を経験する女性が多いと思います。


実は、出産時以外にも予期せぬ入院や手術を伴う場合があることをご存知ですか。


たとえば、妊娠初期に切迫流産をしかかると、安静のために入院をすることも考えられます。


そのような急な出費を医療保険では担ってくれるのです



男性も女性もいざというときの金銭面での不安を解消

次に、いざというときの金銭面での不安を解消してくれることです。


医療保険のメリットは


  • 入院・手術の際に給付金が下りる
  • 特約で必要な保障を増やせる
  • 条件を満たすと祝い金がもらえるタイプのものがある

の3つです。


家庭を持つと急な出費に耐えることが難しいので、いざというときのために医療保険で備えておきましょう。

まとめ:結婚の必要性

この記事では、「現代における結婚の必要性」を解説させていただきましたが、いかがでしたか。


記事の要点は


  • 現代は社会構造の変化により、男女ともに未婚率が上昇している。
  • 一昔前は、個人よりも「家」を重視して結婚をすることが主流だった。
  • 現代の結婚の必要性は、互いが幸せになることを第一に考えられている。
  • 結婚をする際には、医療保険で万が一の費用を備える。

の4つです。


結婚するか否かを自由に選択できる時代になり、誰もが自分に合ったライフスタイルを尊重できるようになりました


また、結婚の形態も多様化しており、今後は結婚の必要性がより異なると考えます。


夫婦が互いに幸せになれる結婚生活を実現しましょう。


ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されているので、ぜひご覧ください。

ランキング

  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 「18歳の子供が医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に必要な保険とは?死亡保障保険よりも医療保険を充実!
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なし!詳しく解説します!
  • 医療保険が必要な人の特徴や必要な理由をわかりやすく解説します!
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険に入るべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 民間の医療保険のメリットは一体何!?わかりやすく解説します!
  • 新入社員に医療保険ってホントに必要?みんなはどうしてるの?
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険の加入には女性特約は必要なの?詳しく解説します!
  • 医療保険の女性特約とは?どんな病気が女性特約の保障範囲?
  • 専業主婦も医療保険に入る必要性ある?オススメの保険プランを解説!
  • 独身女性には医療保険が必要?医療保険がおすすめな理由を解説
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 民間の医療保険でも不妊治療が保障可能に!特徴と注意点を徹底解説!
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • 医療保険で後悔したくない。自分に合った医療保険の選び方のポイント
  • 医療保険の加入申込時と保険金請求時に必要な書類と注意点を把握する
  • 医療保険の賢い選び方とは?2つのタイプの医療保険を徹底比較!