自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう

保険には、医療保険のほかにも生命保険や養老保険などさまざまな形の保険があります。医療保険の中でも、がんなどの病気に特化したものがあります。それらの保険の中から、優先順位を見極めて優先順位の高いものから加入していくのが良いでしょう。

医療保険の優先順位

医療保険は、基本的にどのような年代でも必要とされるものです。

若くても病気になる可能性はありますし、医療費が高くなるような場合、それを補てんする意味で医療保険の優先順位も高くなります。


しかし、それより先に備えたいものがあればそちらの優先順位が高くなるので、比較しながら検討していくことが必要です。 

医療保険は絶対入らなければいけない保険ではない

どのような年代でも医療保険は役立つものではありますが、絶対に入らないといけないというわけではありません。

私たちは公的な医療保険である健康保険で一定割合の医療費が軽減されていますので、実際に負担する額は意外と少ないことも多いです。

高額になる場合は高額療養費制度などもあるため、負担が軽減されます。


こういったことから、医療保険の優先順位はそれほど高くないと考えることもできます。 

最も優先順位が高い保険は生命保険

最も優先順位が高い保険としては、生命保険が挙げられるでしょう。

医療保険ももちろん重要ですが、先に述べたように公的な保険も存在し、負担額が少なくなっているため、優先順位としては低いのです。


しかし、自分が亡くなった場合など、家族の生活を支えていくためにはやはり生命保険といったものが必要になってくることになり、優先順位が高くなるといえます。 

なぜ生命保険が最も重要なのか

特に家族がいる方などは医療保険より生命保険の優先順位が高くなってきます。

保険というものは不測の事態に備えるものであり、その事態の中で最も重いものが死亡であるからです。


家計を担っていた人が亡くなれば、家族全員の生活が困窮してしまいます。

だからこそ、生命保険の優先順位が高くなっていくのです。


メインとして生命保険に入り、その特約として医療保険を付けていくという方も多いです。 

がん保険と医療保険、優先順位が高いのは

がん保険と医療保険は、どちらも医療を対象とした保険といえます。

ポイントは、がん保険はがんに対して手厚い保障があるという事です。


身内にがん患者がいて、遺伝の可能性が高いと思われる場合などは、がんに備えておく必要があります。

こういった事情のある方はがん保険の方が医療保険より優先順位が高いということができるでしょう。


自分の事情や家族歴などから優先順位を判断していく必要があります。 

がん保険のほうが重要な理由

がんも病気のうちであるから、医療保険に入っていればよいと考える方も多いでしょう。

がんの治療法はまだ確立されていない部分も多く、今後も新しい治療法が生まれてくるといえます。

しかし、それには費用がかなり掛かることもあります。

公的保険でカバーできない自費診療になることもあります。


一般的な病気をカバーする医療保険と違い、がん保険はこういった高額になるかもしれない治療費をカバーし、治療を可能にするといったことができるため、優先順位が医療保険より高いと考えることもできるのです。 

保険の優先順位はライフステージによって変わる

保険の優先順位は、誰でも一律に決めることができるものではありません。

その人のライフステージや特殊な事情などによって変化してくるものです。


特にライフステージによって必要な保険は変わってきますので、医療保険などの優先順位も変化することになります。 

独身で若いとき

独身で若い場合は、自分自身の生活だけを支えればよいという方も多いことでしょう。

家族がいる場合とは違い、生命保険の優先順位は低くなります。


その分、医療保険やがん保険といったものの優先順位が高くなっていくといえるでしょう。 

子供ができてから

子供ができると、保険の優先順位は大きく変わります。

自分が亡くなれば子供が生活に困ることになります。

学費もどんどんかかっていきますので、それに備えておく必要があるのです。


生命保険で自分のもしもの事態に備え、また、学資保険などで学費の準備をしていくという事も必要でしょう。 

子供が自立してから

子供が自立すると、支えなければならない家族の人数がぐっと減ることになりますから、無理をして生命保険に加入する必要性が少なくなり、優先順位が変わってきます。

子供が自立する年齢は体調を崩しやすい時期と重なりますから、医療保険などの優先順位が上がります。


老後の生活に備え、介護関連の保険の優先順位も高まってくることになります。 

老後

老後であれば、医療保険以外の保険については優先順位が低くなります。

場合によっては相続税対策として生命保険を利用される方もいますが、特に大きな相続税がかかるという場合ではない限り、死亡保障はそれほど必要なく、医療保険で自分の命を守ることができればよいと考えられます。 

まとめ

このように、ライフステージや個人の事情などによって、医療保険などの保険の優先順位は大きく変化してきます。

医療保険にとりあえず加入しておこうかと考えている方は、今自分がどのような保険の優先順位が高いといえるのか、考えてみることから保険選びを始めていきましょう。 

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気記事一覧