医療保険ALL

就業不能保険

医療保険の必要性

医療保険の選び方

公的医療保険制度

医療保険は条件によっては加入する必要なしという可能性もあります

もしもの時に備えるものとして、最低限医療保険で備えておきたいという方は多いことでしょう。しかし、収入や貯蓄などの条件によって必要なしという考え方もあります。どういった時に医療保険が必要か、あるいは必要なしかという事を考えていきましょう。

医療保険への加入は必要なしという考え方

誰でも病気になるリスクはあります。

それに備えるために医療保険を考えることがありますが、病気への備えは医療保険だけではありません。

他の形で備えができていれば、必要なしという事も言えるのです。


こういった必要なしという考え方についても知っておきましょう。 

医療保険は必要なしと考える根拠

リスクを考えずに必要なしと断じてしまうのは問題ですが、加入しないことにきちんとした根拠があれば、あわてて加入をする必要はないということができます。

他にきちんと医療費をカバーできる制度があること、貯蓄があることなど、別の形の備えがあれば必要なしといえるでしょう。


さらに、病気のリスクが低いと思われる場合、現在の生活が金銭的に苦しい場合など個人の状況によって医療保険が必要なしといえる場合もあるのです。 

高額療養費制度があるから

医療保険が必要なしと考える根拠の大きなものとして、健康保険制度の高額療養費制度があるということが挙げられます。

医療費がかなりかさんでしまうような場合、一定額以上は戻ってくるという制度です。


こうした制度を使えば、医療費が高くなりすぎずに済みますから、あえて医療保険は必要なしといえるでしょう。 

条件次第で給付金が貰えない事があるから

医療保険に加入される方は、病気になったら給付が受けられるということを期待する方も多いはずです。

しかし、実際には通院や入院の日数が設定されていて、それ以下の治療などには給付金が出ないこともあります。

加入時の条件設定によって、それまでの持病の再発には適用がない場合もあります。

また、加入後一定期間は給付が受けられないという事もあります。 


このように、条件によっては給付が受けられないこともあり、使えないのであれば必要なしと考える方も多いです。


それであればあえて医療保険を掛けるのではなく、自分で貯蓄などを行って備えておくほうが良い場合もあるのです。

医療保険は元を取れない事がほとんどだから

もしもの時のための備えとはいえ、できれば出した分のお金は戻ってきてほしいものですが、医療保険の場合、特に病気がなかった場合に全く給付が受けられないということになります。

生命保険であれば死亡時に給付があるため無駄にならないと考えることもできますが、医療保険の場合は元気だった場合元をとれないことがほとんどですから、必要なしとも考えられます。


若い方や病気のリスクが少ないと思われる方などは、医療保険が必要なしと考える方も多いでしょう。 

医療保険は必要なしと思われる人の特徴

医療保険が必要か必要なしか、自分がどちらに当たるのか迷っている方もいるのではないでしょうか。

人によって条件は異なります。


特に医療保険の加入が必要なしと考えてよい方の特徴などをチェックしながら、自分にとって医療保険が必要か必要なしかを判断していきましょう。 

貯蓄が充分ある人

医療保険が何のためにあるのかという事を考えると、病気になった時の医療費や生活費などを準備するということが理由として挙げられます。

それを逆に考えれば、十分貯蓄があり、医療費などを賄うことができる場合はあえて医療保険に入る必要なしといえるのです。 


医療保険は特定の条件に当てはまった病気の時にしか使えませんが、貯蓄という形で現金が手元にあれば、もっと軽い病気などに対応することができますし、病気以外の不測の事態にも備えることにつながります。


すでに貯蓄がある、あるいはこれからある程度継続して貯蓄ができるというのであれば、医療保険は必要なしと考えてよいでしょう。


医療保険への払い込みの分を貯蓄に回すことで、より使いやすい備えができるといえます。

会社員で傷病手当が付く人

医療保険を掛けようと思う方は、治療費以外にも、自分が働けないことでの収入のカバーといったことを考えている方も多いでしょう。

しかし、会社員で傷病手当がつく人は、それである程度カバーできることもあります。


それなら別途医療保険は必要なしとして、貯蓄に回しておいたほうがお得であるということができるでしょう。 

医療保険への加入がおすすめな人の特徴

医療保険が必要なしと言い切れない方もいます。

むしろ医療保険に加入することがオススメの方としては、貯蓄としてお金を持っているといつの間にか使ってしまう方、家族に遺伝の可能性が高い病気になっている方がいる方、自分で事業をしているため会社の保険などに入っていない方などです。


こうした方は今のままでは必要な備えが十分でないといえますから、医療保険が必要なしと考えず、加入を前向きに検討してみるのが良いでしょう。 

まとめ

医療保険は万能ではなく、支給に条件が付いていることが多いという事を考えると、もしもの時の備えとして使えない可能性も出てくるため、備えとしては十分でなく、必要なしといえます。

貯蓄や別の形の保険でしっかりカバーできているのなら、無理に加入する必要なしといえます。


貯蓄などに不安を覚える場合は加入を検討してみましょう。 

ランキング

  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 病気のリスクは誰にでもあるものだから新入社員も医療保険が必要
  • 「18歳の子供が医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に適しているのは、医療保険なの?それとも死亡保障保険?
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なしという可能性もあります
  • 医療保険が必要な人ってどんな人?その特徴や必要な理由を徹底解説!
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険を理解すべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 医療保険のメリット・デメリット
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険に加入する際女性特約は必要なのかじっくり考えてみましょう
  • 女性なら気になる医療保険の女性特約について徹底解説!女性特約とは
  • 専業主婦も医療保険に入る必要性ある?オススメの保険プランを解説!
  • 独身女性が医療保険に加入するメリットを詳細に解説します!!
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 民間の医療保険でも不妊治療が保障可能に!特徴と注意点を徹底解説!
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • 医療保険で後悔したくない。自分に合った医療保険の選び方のポイント
  • 自分にあった最適な医療保険とは?医療保険の選び方ので気をつける事
  • 医療保険の加入申込時と保険金請求時に必要な書類と注意点を把握する