全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる

全労済は、営利を目的とした共済ですが、女性の方にも配慮した保障内容がそろっています。一度、医療保険の女性特約と比べてみてはいかがですか。全労済の共済も、先進医療対応など医療保険にはない治療を目的とした保障があります。手軽な掛け金も魅力になります。

全労済と民間保険会社の違い

全労済とは、消費者生活協同組合法によって設立された共済を行う共同組合です。全労済の共済事業の利用は、組合員に限られます。

民間保険会社の扱う保険と違って、1年間で決算をして剰余金を割戻金として返金することになります。


民間保険会社は、各種の災害に対応した保険を提供している営利企業です。

規模が大きく、有名保険会社が運営していますから資産的にも安心です。


女性医療保険にも専門分野で、商品として取り組んでいます。

医療保険の保険金は高めですが、女性特有な病気になった際に、それに見合った厚い医療保険の保険金が受け取れます。 

こくみん共済の医療安心タイプと医療保険

全労済こくみん共済の医療安心タイプは、月々の掛け金2300円で先進医療を受けたときに最高600万円が保障されます。

女性にとって心配な、先進医療に備えた医療保障が充実しています。


医療保険の場合、医療保険の特約として先進医療をつけることができます。

女性にとって心配なガンなどにかかった場合に、高度な技術治療ができる先進医療は、健康保険の適用にならないので思わぬ出費を伴うことにもなりかねません。

先進医療保険に入っていれば非常に助かります。


医療保険はこの面でも、女性を意識した商品を開発しています。 

共通している点

全労済こくみん共済の医療安心タイプは、手軽な掛け金で入院・通院から死亡まで手厚い保障をカバーしてくれます。

全労済では、女性に限定された女性疾病入院特約が付いたタイプもあります。

医療保険は、入院保障の日数が違っていたり、免責の期間があったりと保障の内容的には厚いのですが個々の要件を確認する必要があります。


全労済、医療保険ともに入院、通院に備えた保障があります。

病気になるリスクは若さに関係ありません。病気になると働けなくなります。


医療保険が、女性に特化した充実した保険金を支払ってくれることは確かです。

但し、特約ですからそれに見合って女性ならではの医療保険金の負担がかかります。 

医療安心タイプと医療保険の違い

全労済こくみん共済の医療安心タイプは、先進医療の保障を重点に保障を考えて作りだされたものです。

医療保険では、先進医療の特約を別途つける必要があります。

最近の先進治療の充実から考えて、若い世代では治療を目的とした特約は欠かせません。


但し医療保険の費用は加算されます。

保障の内容は違いますが全労済こくみん共済はオールラウンドに対応した医療対応ができます。 

女性が加入する場合の全労済と医療保険の違い

女性に特有な病気に対応した保障は、全労済では、女性疾病プラスタイプです。

全労済安心タイプが先進医療に対応していますから女性には向いています。


医療保険は、女性に特有な病気の治療を目的とした保険の種類があるのが特徴です。

ガンに対応するには向いています。


医療保険は、すべてが掛け捨てではないので、病気にならなかった時の一時金がしはらわれるものもあります。 

医療保険の女性疾病入院特約

医療保険の女性疾病入院特約とは、女性特有の病気や発生率の高い病気で入院したときに、通常の医療保障の内容に加えて女性特有な病気の部分の保障を上乗せしてして給付金が払われます。

その分の保険料が付加されます。

がんを対象に考えているようです。


原則は、主契約の保障の充実をまず考えるべきです。

全労済は、女性全般ではなくママに優しいというキャッチフレーズで共済をすすめています。 

全労済の女性疾病プラスタイプとは

全労済では、女性の方のみ加入できる女性疾病プラスタイプがあります。

女性特有の病気で入院した場合に特約の共済金が合わせて支払いされます。

悪性新生物と診断されたときに、女性疾病入院共済金の日額の200倍が支払われます。


女性特有タイプ3000円型と5000円型があります。 

医療保険の商品タイプでは、掛け捨てではないといった点に医療保険の加入メリットにしたものもあります。


全労済は、1年タイプで割戻金があることも特色になります。

全労済か医療保険かどちらか迷った時は

全労済か医療保険かを迷った場合には、保障内容が自分にあったものかどうかを検討してみるべきです。

家族の状況にもよります。


死亡保障を余分にもらいたい場合全労災の共済の場合対応できないケースがあります。

例えば女性疾病プラスタイプの死亡保障は10万円です。


但し、全労済には、割戻金があることも考慮する必要があります。

女性の場合、死亡保険金にあまり重点をかける必要がないことからも、全労済の共済は魅力的といえます。 

加入時点の年齢を参考に

全労済の共済は営利目的ではありません。

従って加入年齢にかかわらず共済金は一律の金額です。 

医療保険は加入年齢によって、月々の保険料は変わってきます。


年齢が上がると保障も必要になるので若くから医療保険に入っていることが必要です。


ただ、高齢の方は、保障もある程度確保できる全労災の共済もお得です。

まとめ

医療に関しては、全労済のこくみん共済の保障と、医療保険の内容をよく比較検討する必要があります。

病気になった時、入院給付を必要なのか、先進医療に対応したいのかによっても違ってきます。


但し、手頃な全労済の医療タイプの保障は、共済金がプラスで支払ってもらえることからも検討してみるべきです。

加入年齢では、高齢者ほど給付の恩恵が受けられるのは全労済の強みでもあります。 


全労済は、女性にとって死亡保障より病気になったときの保障を厚くしてもらいたいという要望には適しています。

全労済は、営利企業ではありませんのでコストを下げることで、組合員に還元することも大切です。


営業にかける費用もできるだけスリムにして割戻金を充実したものにすることを目指しています。

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気記事一覧