医療保険の保障の中でも必要性の高い手術給付金について知っておこう

病気になったりケガをしたときは、入院して手術を受ける場合があります。手厚い治療を受けても退院するときは高い医療費が請求されるので、リスクに備えて手術給付金の付いた医療保険に入っておく必要があります。医療保険に付いている手術給付金の必要性を確認しましょう。

医療保険の手術給付金の必要性について説明します

医療保険に加入している方が手術を受けた際には、「手術給付金」を受け取ることができます。 


病気やケガで入院すると、入院費だけでも負担が大きい上に、手術費まで支払うとなると、その負担はさらに大きくなってしまいます。   


疾病によっては100万円を超える手術費用がかかることもあり、健康保険の適用で自己負担は3割だとしても、かなりの費用が必要になります。


しかし、手術給付金を受け取ることができれば、医療費の心配を軽減することができます。 


このように、手術を受ける際には大変ありがたい手術給付金ですが、「必要」と考える方もいれば「不要」と考える方もいます。 


そこでここでは、手術給付金の必要性を考えるために、 


  • 手術給付金の倍率や対象となる手術の条件や種類 
  • 手術給付金が必要とされる理由とは 
  • 一方、手術給付金が不要とされる理由とは 


以上のことを中心に解説していきます。 


この記事を読んでいただければ、医療保険の手術給付金の必要性がお分かりいただけると思います。 


ぜひ最後でご覧ください。  

医療保険の手術給付金に関する内容

手術給付金は医療保険に必要不可欠な保障です。


手術給付金とは手術を受けたときに支払われる給付金のことで、保障額や保障内容は医療保険の商品ごとで異なります。


手術給付金を重視しながら医療保険を選ぶなら、保障の対象を確認する必要があります。 

手術給付金の倍率とは

医療保険には手術給付金が付いていますが、手術給付金の金額は倍率という言葉で表示されている場合があります。


手術給付金の倍率とは入院給付金に対する倍率になるため、例えば入院給付金日額が1万円で倍率が10倍なら10万円が支払われることになります。


入院給付金日額は複数のパターンから選択できるようになっていて、5千円程度の低いものから1万5千円程度の高いものまでさまざまです。


5千円の入院給付金日額を選択しても、10倍なら5万円の手術給付金が受けられるので、いざというときの安心感につながります。 

手術給付金の対象となる手術の条件と種類

医療保険に加入していれば、どのような手術を受けても手術給付金が支払われるというわけではありません。


手術給付金の対象となる手術は約款などに記載されていますが、基本的には公的な医療保険が適用されるものが対象となります。 

医療保険の手術給付金が必要だという理由

医療保険は多くの方が必要性を感じて加入していますが、手術給付金がセットになっている理由は高額の手術費用に備えるためです。


がんや心筋梗塞、脳梗塞などの重大な病気を発病して入院した場合は、手術だけでも数十万円という医療費がかかるのです。 

手術費用が治療費の大半を占める場合が多い

病気やケガで入院した場合にかかる治療費には、投薬料や処置料、検査料などさまざまな料金が発生します。


中でも大半を占めるのが手術費用ですから、入院中に手術を受ければ桁違いの治療費を請求されることになるでしょう。


これが医療保険の手術給付金が必要な理由です。 

手術給付金は何度でも受け取れる

近年では医療技術の発展もあり、万一体に不具合が見つかっても簡単な日帰り手術を受けるだけで処置できるケースが多くなっています。


そのため一人の人が複数回手術を受けることもあるでしょう。


医療保険に入っていれば何度でも手術給付金が受け取れるので安心です。 

医療保険の手術給付金は不要だという理由

医療保険に付いている手術給付金は、5万円程度の少額に設定されている商品も少なくありません。


手術給付金の必要性についての考え方は人それぞれ違いますが、不要だと考える理由の一つに保険料負担が挙げられます。


手術給付金と保険料を比較して、保険料の方が高くなる場合は不要と言えるでしょう。 

高額療養費制度により自己負担額には上限がある

医療保険は数ある保険商品の中でも必要性の高い保険ですが、手術給付金を付けると保険料が高くなるので必要ないという意見もあります。


万一大きな手術を受けても高額療養費制度があるので、自己負担額が大幅に抑えられます。 

高額になりやすい先進医療には対応していない

がんなどの病気にかかると先進医療を受けることがありますが、先進医療では高額の医療費がかかるため医療保険に入って備えておく必要があります。


ただ医療保険の手術給付金では先進医療に対応できないため、先進医療を保障したい方には手術給付金は必要ないでしょう。 

がん治療を心配している場合はがん保険に加入したほうが良い

医療保険には入院給付金や手術給付金が付いていますが、がんに備えたい方にとって必要な保険は医療保険よりもがん保険です。


がん保険の場合は一般的な医療保険と違いがんを手厚く保障するので、医療保険の手術給付金よりも納得できる保障内容となっています。 

まとめ:医療保険の手術給付金の必要性について

医療保険の手術給付金の必要性について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。 


今回のこの記事のポイントは、 


  • 手術給付金は対象となる手術に条件や種類がある 
  • 高額な手術費用に備えるために、手術給付金は必要 
  • 一方で、高額療養費制度が利用できるので手術給付金は不要という考えもある 
  • がんに備えるなら「がん保険」への加入がおすすめ 


です。 


医療保険において手術給付金は大切な保障だと言えますが、その分支払う保険料が高くなるため不要という考えもあります。 


また、公的医療制度の「高額療養費制度」を利用すれば自己負担額に上限が設けられるため、大きな負担を負うことなく医療費を支払うこともできます。 


しかしながら、治療費の大半を占める手術費用をカバーしてもらえるのは大きな安心につながりますし、手術を複数回受けたとしても何度でも手術給付金が受けられるのは大きなメリットです。


医療保険にはやはり、手術給付金は必要だといえるのではないでしょうか。  


なお、ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。 




医療保険の選び方が知りたい方はこちらの記事もご覧ください
この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • 医療保険の手術給付金はいつ、どんな時に、どのくらい出るの?
  • 医療保険にはどんな給付金があるの?わかりやすく解説します!
  • 医療保険の手術給付金の支給対象かどうかを判定する条件とは?
  • 日帰り手術でも給付金は支払われる?対象と対象外の手術といくらかを紹介
  • 医療保険の給付金を請求する・受け取る前に確認したいポイントを紹介
  • 日帰り手術にはどんな病気の種類があるのか、手術のメリットも解説!
  • 子供の扁桃腺手術、知っておくべき知識と保険で備えるべき費用
  • 痔の手術は医療保険の対象?保険が適用される手術パターンを大解説
  • 子宮内膜症の手術、入院費用は?自己負担が少なくなる保険や治療法も紹介!
  • 生命保険(医療保険)に入院保障は必要?入院給付金についても解説!