医療保険の保障の中でも必要性の高い手術給付金について知っておこう

病気になったりケガをしたときは、入院して手術を受ける場合があります。手厚い治療を受けても退院するときは高い医療費が請求されるので、リスクに備えて手術給付金の付いた医療保険に入っておく必要があります。医療保険に付いている手術給付金の必要性を確認しましょう。

医療保険の手術給付金の必要性について説明します

医療保険と言えば病気やケガで入院したり手術を受けたときに保険金が受け取れるというものですが、手術給付金がなぜ必要かと言うと、手術には高額の医療費がかかるからです。

大きな手術を受けた場合は健康保険を使っても自己負担額が多くなるので、いざというときのためにも手厚い手術給付金の付いた医療保険に加入しておきましょう。 

医療保険の手術給付金に関する内容

手術給付金は医療保険に必要不可欠な保障です。

手術給付金とは手術を受けたときに支払われる給付金のことで、保障額や保障内容は医療保険の商品ごとで異なります。


手術給付金を重視しながら医療保険を選ぶなら、保障の対象を確認する必要があります。 

手術給付金の倍率とは

医療保険には手術給付金が付いていますが、手術給付金の金額は倍率という言葉で表示されている場合があります。

手術給付金の倍率とは入院給付金に対する倍率になるため、例えば入院給付金日額が1万円で倍率が10倍なら10万円が支払われることになります。


入院給付金日額は複数のパターンから選択できるようになっていて、5千円程度の低いものから1万5千円程度の高いものまでさまざまです。


5千円の入院給付金日額を選択しても、10倍なら5万円の手術給付金が受けられるので、いざというときの安心感につながります。 

手術給付金の対象となる手術の条件と種類

医療保険に加入していれば、どのような手術を受けても手術給付金が支払われるというわけではありません。

手術給付金の対象となる手術は約款などに記載されていますが、基本的には公的な医療保険が適用されるものが対象となります。 

医療保険の手術給付金が必要だという理由

医療保険は多くの方が必要性を感じて加入していますが、手術給付金がセットになっている理由は高額の手術費用に備えるためです。

がんや心筋梗塞、脳梗塞などの重大な病気を発病して入院した場合は、手術だけでも数十万円という医療費がかかるのです。 

手術費用が治療費の大半を占める場合が多い

病気やケガで入院した場合にかかる治療費には、投薬料や処置料、検査料などさまざまな料金が発生します。

中でも大半を占めるのが手術費用ですから、入院中に手術を受ければ桁違いの治療費を請求されることになるでしょう。


これが医療保険の手術給付金が必要な理由です。 

手術給付金は何度でも受け取れる

近年では医療技術の発展もあり、万一体に不具合が見つかっても簡単な日帰り手術を受けるだけで処置できるケースが多くなっています。

そのため一人の人が複数回手術を受けることもあるでしょう。


医療保険に入っていれば何度でも手術給付金が受け取れるので安心です。 

医療保険の手術給付金は不要だという理由

医療保険に付いている手術給付金は、5万円程度の少額に設定されている商品も少なくありません。

手術給付金の必要性についての考え方は人それぞれ違いますが、不要だと考える理由の一つに保険料負担が挙げられます。


手術給付金と保険料を比較して、保険料の方が高くなる場合は不要と言えるでしょう。 

高額療養費制度により自己負担額には上限がある

医療保険は数ある保険商品の中でも必要性の高い保険ですが、手術給付金を付けると保険料が高くなるので必要ないという意見もあります。

万一大きな手術を受けても高額療養費制度があるので、自己負担額が大幅に抑えられます。 

高額になりやすい先進医療には対応していない

がんなどの病気にかかると先進医療を受けることがありますが、先進医療では高額の医療費がかかるため医療保険に入って備えておく必要があります。

ただ医療保険の手術給付金では先進医療に対応できないため、先進医療を保障したい方には手術給付金は必要ないでしょう。 

がん治療を心配している場合はがん保険に加入したほうが良い

医療保険には入院給付金や手術給付金が付いていますが、がんに備えたい方にとって必要な保険は医療保険よりもがん保険です。

がん保険の場合は一般的な医療保険と違いがんを手厚く保障するので、医療保険の手術給付金よりも納得できる保障内容となっています。 

まとめ:医療保険の手術給付金の必要性について

普段は健康な方でも思わぬ病気にかかってしまうことがありますし、階段で躓いてケガをしてしまうこともあるでしょう。

このようなリスクに備えられるのが医療保険で、入院や手術に必要な費用をしっかり保障してくれます。


医療保険を選ぶ際はある程度の知識が必要ですから、どのようなケースで保障されてどのようなケースでは保障されないかなど、必要な知識を深めておくことをおすすめします。


医療保険で必要な保障には入院給付金日額がありますが、同じように必要となるのが手術給付金です。

通院や薬で治療を続けるよりも手術を受ければ早く治すことができるでしょう。

手術を受ける際に必要なものと言えば、何と言ってもお金です。

必要な手術費用が捻出できれば躊躇することなく手術が受けられるので安心です。


医療保険の手術給付金については必要だという意見と必要ではないという意見の両方がありますが、自分が一番納得できる医療保険に加入するためにも保障の条件や金額をしっかり比較することが大切です。 

ランキング

  • 医療保険で三大疾病特約に加入しておくことは必要なことなのか
  • 医療保険は後から特約としてつけることが出来るものなのか?
  • 先進医療特約って必要?不要?医療保険の先進医療特約を徹底解析!
  • 先進医療特約を医療保険に付ける場合に注意するべきことは?
  • 医療保険に加入したいが、入院限度日数は何日がベストなのかを調査
  • 医療保険に入る時、入院日数の目安は長期と短期どちらかベスト?
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険に加入する際女性特約は必要なのかじっくり考えてみましょう
  • 女性なら気になる医療保険の女性特約について徹底解説!女性特約とは
  • 専業主婦がどこまで医療保険に加入した方が良いのか必要性を考える
  • 独身女性が医療保険に加入するメリットを詳細に解説します!!
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 医療保険で不妊治療をサポート!不妊治療で悩む女性の為の強い味方?
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 病気のリスクは誰にでもあるものだから新入社員も医療保険が必要
  • 「18歳で医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に適しているのは、医療保険なの?それとも死亡保障保険?
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なしという可能性もあります
  • 医療保険が必要な人ってどんな人?その特徴や必要な理由を徹底解説!
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険を理解すべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 医療保険で後悔したくない。自分に合った医療保険の選び方のポイント
  • 自分にあった最適な医療保険とは?医療保険の選び方ので気をつける事
  • 医療保険の加入申込時と保険金請求時に必要な書類と注意点を把握する