住宅ローンの疾病保障は必要?三大疾病特約やガン特約の必要性も解説

住宅ローンを組む際、団信の他に疾病保障は必要か悩む方も多いでしょう。今回、住宅ローンにおける疾病保障の必要性を解説します。また、また、三大疾病・7大疾病 ・8大疾病・ガン特約は必要なのかも解説します。住宅ローンの疾病保障特約を付けるか悩んでいる方必見です。

団信の他に住宅ローンで疾病保障は必要?特約の必要性


マイナス金利の時代に入り、大きな買い物がしやすい傾向になるつつある現代では、住宅ローンも組みやすくなりました。


利率変動型や固定金利など、様々な形でローンを組むことでマイホームを考えやすくなった今、家を買うことを検討する人も多くなったと言われています。


そんな住宅ローンを組むときは、必ずと言っていいほど「団体信用生命保険=団信」をお勧めされたことがあると思います。


そして、ローンを組むときに一緒に加入していると思います。


そんな団体信用生命保険の説明を受けるときに、死亡保障だけではなく病気などにも対応している疾病保障の特約などについてのご説明を受けたこともあるのではないでしょうか?


今回のこの記事では、「住宅ローンに疾病保障は必要?」について

  • 疾病保障の内容は?
  • 特約は必要なのか?
  • 保険料はどれくらいなのか?
  • 各社の保険料を比較
  • 住宅ローンで疾病保障のメリット・デメリット

以上を中心にご紹介していきます。


この記事を読んでいただければ、住宅ローンを組むときの疾病保障は必要なのか?の疑問は解消されます。


ぜひ、最後までご覧ください。

そもそも疾病保障付き住宅ローンとは?団体信用生命保険との違いは?

そもそも病保障付き住宅ローンとは契約者が特定の病気にかかった際に返済が不要になる保険のことです。


よく団体信用保険と間違えられやすいのですが内容が違います。


団体信用保険とは契約者が死亡または高度障害に陥った場合に住宅ローンの返済が不要になるというものです。こちらでは病気にかかっても返済義務は無くなりません。


また疾病保障付き住宅ローンには対象となる病気の種類がいくつもあります。そちらの解説もあとで記載しております。

団体信用生命保険とは?

団体信用保険は住宅ローンを組むときに契約することが義務づけられています。 


団体信用保険とは契約者が死亡した場合や高度障害に陥った場合に残りの住宅ローンを保険会社が支払うシステムです。 


 なお、病気により仕事に就けない場合や収入が減小した場合には保障対象にはなりません。


 高度障害とは以下のような状態のことです。

  • 中枢神経や精神に重度の障害を残し生存中に介護を要するもの
  • 両眼の視力を失った
  • 1上肢を手関節以上で失い、かつ1下肢を足関節以上で失ったもの 

かなり深刻な状態でないと高度障害とは認められません。 


さらに病気で高度障害になってしまった場合には住宅ローンの返済免除の対象には含まれまれないので注意してください。

疾病保障付き住宅ローンとは?

疾病保障付き住宅ローンの疾病保障には

  • 三大疾病保障
  • 七大疾病保障
  • 八大疾病保障
  • ガン特約

このような種類があります。

三大疾病保障とは

「がん」「心筋梗塞」「脳卒中」などの三大疾病で手術を受けた場合や所定の状態になった場合に住宅ローンが免除される保障です。

七大疾病保障とは

三大疾病に加えて
  • 高血圧性疾患
  • 糖尿病
  • 慢性腎不全
  • 肝硬変
これらの生活習慣病も保障の対象に加わります。

がんは確定した時点で、脳卒中と心筋梗塞は入院した場合が住宅ローン支払い免除の条件です。

これらの4つの生活習慣病は仕事に就くことができない期間が30日以上続いた時、長くて1年間住宅ローンの支払い額が補償されます。さらに仕事に1年以上就くことができなかった場合、全額免除されます。

八大疾病保障とは

八大疾病は七大疾病に加え「慢性膵炎」が保障対象に含まれます。

がん特約とは

がんと診断された場合に住宅ローンの半分または全額が免除になるものです。

住宅ローンに疾病保障が必要だとされている理由

なぜ住宅ローンに疾病保障が必要なのでしょうか?


その理由として考えられるのが三大疾病(がん・心筋梗塞・脳卒中)や七大疾病にかかるリスクが年齢と共にかかる可能性が高まるためです。


基本的に住宅ローンは長年支払い続けるものですよね。その支払いの途中でこれらの疾病にかかってしまった場合に治療費も払わなければいけませんし働けなくなり収入が減ってしまうことも考えられます。


そこで住宅ローンを免除する疾病保障は付けておいた方が心強いのです。

三大疾病・7大疾病は40代前後からリスクが高まる

三大疾病と4つの生活習慣病は誰しもがかかってしまう病気です。特に40代に差し掛かると急にかかるリスクが高まります。


その中でも「がん」は2人に1人はかかるとも言われています。その治療費は平均して40万円前後かかります。


さらに脳卒中で要介護状態になってしまうケースもあります。これは要介護になった理由の中でも2位と比較的高い順位です。


特に急性心筋梗塞や脳卒中は前触れもなく訪れますから防ぎようがありません。万が一かかってしまった場合に後から保険に加入することは難しいので事前に加入しておくことがポイントです。


また40代以降の疾病にかかる確率は上がり続けます、このようなリスクのことも考えて疾病保障を付けておくことをおすすめします。

三大疾病などは特に治療費が高額になりがち

先ほども記述しました通り、がんの治療では平均40万円かかります。


そのほか脳卒中では平均177万円心筋梗塞では平均40万円が治療費となります。どれも決して安い金額ではありませんよね。


今までは生活費と住宅ローンの支払いのみだったものに医療費が加わるととても負担は大きいです。さらに病気にかかってしまったことで働くことができなくなり収入がなくなることも考えられます。


また近年の医療技術の発展により、入院日数が1ヶ月未満になることが多くなっています。そのため入院保障だけではなく、通院保障も重視するべき点であります。


このような負担を減らすためにも疾病保障付きの保険に加入することが大切です。

住宅ローンに疾病保障が必要な人と不要な人

ではどのような櫃に疾病保障が必要なのでしょうか?判断基準とは何だろうと思いますよね。


そこで疾病保障が必要な人と必要では無い人について解説します。


また注意点ですが一度、疾病保障をつけると途中解約することは難しいです。なお、住宅ローンを完済しますと同時に団体信用保険が解約され、疾病保障についても解約となります。

住宅ローンに疾病保障が必要な人

住宅ローンに疾病保障が必要な人は

  • 生活習慣により三大疾病の心配がある人
  • 家族に三大疾病の病歴があるなど、三大疾病になる可能性の高い人
  • 貯金が少ない人や急な出費への備えに不安がある人
このような人は疾病保障を付けておくと安心です。

疾病は遺伝性もあると言われていますのでご家族に病歴がある場合には日頃の生活から気をつけてください。それにより発症を防ぐこともできます。

対象となる疾病も種類の少ないものから多いものまでありますので、ご自身の状況に応じて選択しましょう。心配な方は保障される種類が多い方をつけるといいと思います。

一度病気になってしまうと多額のお金が必要となりますので貯蓄が少ない方も付加しておくと安心です。

住宅ローンに疾病保障が不要な人

住宅ローンに疾病保障が不要な人は

  • 高額療養費制度や貯蓄でもしもの時の医療費が賄える人
  • 住宅ローンの金額以上を賄える医療保険に加入している人
このような人は疾病保障を付けなくても結構です。

高額療養費制度とは医療費が高額になった場合に一定額を超えた分が払い戻される制度です。この時払い戻される金額は年収によって決められています。

しかし先進医療の治療を受けた時に「技術料」が保障の対象外となっております。この技術料は陽子線治療で約270万円、重粒子線治療で約310万円が自己負担となります。

この場合を考えると疾病保障を付けておく方がいいかもしれませんね。

また、すでに医療保険に加入していて疾病に備えているのであれば付加する必要はありません。

各社の住宅ローンを比較シミュレーション

それでは実際に住宅ローンに疾病保障を付けた場合の金額を比較していきたいと思います。


今回、比較するのは

銀行名特約の種類保険料負担金額
三菱UFJ銀行
7大疾病保障付住宅ローン適用金額+0.30%
ソニー銀行3大疾病団信0.30%
楽天銀行8大疾病就業不能保障保険料負担なし
こちらの3つです。


特約名にあるように、それぞれ「7大疾病」「3大疾病」「8大疾病」が保障されます。

三菱UFJ銀行「7大疾病保障付住宅ローン」

三菱UFJ銀行の「7大疾病保障付住宅ローン」では

  1. がん
  2. 脳卒中
  3. 急性心筋梗塞
  4. 高血圧疾患
  5. 糖尿病
  6. 慢性腎不全
  7. 肝硬変
これらが保障対象となります。

ライフプランに合わせて「金利上乗せ型」か「保険料支払型」を選ぶことができます。

金利上乗せ型は3大疾病によって所定の状態になった時に住宅ローンが100%免除になります。支払い方法としては借り入れている住宅ローンに0.3%の金利を上乗せしたものとなります。

保険料支払い型は先進医療女性特有の病気も手広く補償するタイプです。支払い方法は補償内容のよって選択された保険料を毎月支払う形になります。

ソニー銀行「3大疾病団信」

ソニー銀行の「3大疾病団信」では

  1. がん
  2. 脳卒中
  3. 急性心筋梗塞
で所定の状態になった場合に補償されます。

がんの場合には住宅ローンの100%を免除、それに加え100万円の給付金を受け取ることができます。さらにがん保障特約で保障されない皮膚ガンや上皮内がんでも給付金が50万円受け取ることができます。

支払い方法は金利上乗せ型で年利0.2%となっております。

またその他のサービスも充実しています。
  • 24時間安心相談サービス
  • セカンドオピニオンサービス
これらのサービスを受けることもできます。

24時間安心相談サービスとは何か会った時にいつでも相談ができるサービスで介護相談やメンタルヘルスの相談などができます。

なおセカンドオピニオンサービスでは主治医以外からの第三者からの視点でアドバイスをもらうことができます。

楽天銀行「8大疾病就業不能保障」

楽天銀行の「8大疾病就業不能保障」では

  1. がん 
  2. 脳卒中 
  3. 急性心筋梗塞
  4. 高血圧疾患
  5. 糖尿病 
  6. 慢性腎不全 
  7. 肝硬変
  8. 慢性膵炎
これらが保障対象となります。

金利への上乗せが無いのが特徴です。

しかし、その分条件が厳しいのが難点です。楽天銀行では8大疾病の全てにおいて12か月超働けない状況が続くことが条件となっています。

そのため利用できる可能性は極めて低いことがわかります。保障対象は少なくはなってしまいますが7大疾病保障などを選択して利用しやすいものを選ぶべきと言えます。

疾病保障付き住宅ローンを契約する際の注意点

疾病保障付きの住宅ローンを契約する際には保障内容や金利について注意しましょう。


多くの疾病が対象となっていても、利用条件が厳しすぎてはそもそも利用できなくなり加入の意味がなくなってしまいます。


また無事に住宅ローンを返済しますと、同時に解約となり疾病保障も解約となります。そのため住宅ローン完済後の疾病に備える保険についてもきちんと視野に入れておくことが大事です。

保険料は住宅ローンの金利上乗せ!負担額をシミュレーション

住宅ローンに疾病保障を付加すれば、一つにまとめることもできてスッキリするのでは?と考える方も多いと思います。


ただでさえ難しい保険を1つにまとめることでスッキリするのであれば、契約者としてはありがたいですし、住宅ローンが相殺されるのは魅力的にも思えます。


しかし、住宅ローンの疾病特保障部分の保険料も金利が上乗せされるデメリットがあります。


保険料は約0.25~0.40%の上乗せが一般的。これが何十年も続くので、トータル的には大きな経済負担になることは避けられません。


さらに、通常の生命保険とは異なり途中解約は不可能です。


変更したい…と考えるときは住宅ローンそのものを変更しなければいけない不自由さも持ち合わせてしまうのです。


これだけみても必要性があるのかわからなくなってきますよね。


では実際に金利がどの位、支払い金額に影響するのでしょうか?


借入金額3000万円、35年返済、適用金利0.507%の場合

金利月々返済金額総支払い金額
0.507%77,968円32,747,372円
0.607%
(金利0.1%上乗せ)
79,302円33,307,852円
0.707%
(金利0.2%上乗せ)
80,651円33,874,391円 

支払い基準が明確でないため、受け取れないリスクがある

医療保険や生命保険も同様に、「がんと診断されたら給付金が受け取れる」と思われる方がおおいですが、支払いされるガンは全てのガンに対応していないように、支払い基準は明確ではありません。


ガンって診断されたら給付されるのがガン保険じゃないの!?と思われますよね。

しかし、がんと診断されて給付が受けられる保険も会社によって異なります。


多くの生命保険会社が販売している医療保険では初期のガンから給付の対象となっているがん保険も、住宅ローンのガン保険では対応されていなかったり、どのステージまで進行していれば相殺されるのか金融会社によって違うため、支払い基準は様々


さらに、脳卒中や急性心筋梗塞になってしまった場合も、その状態が60日も継続したことを医師が証明しなければ住宅ローンの相殺には当てはまらない。


この脳卒中や急性心筋梗塞の病気は手術により完治しても、後遺症のリハビリ部分も60日に含まれるのか?と言った点も金融会社によってことなりますので、非常にわかりにくいことから疾病保障を付加していても相殺されない、または受け取れないリスクが大きいことがあります。

住宅ローンの期間が終わると、保障がなくなる

保険料負担が増えることも大きなデメリットでありますが、一番のリスクと言えるのが「住宅ローンが完済すると、疾病特約も消滅する」と言った点です。


住宅ローンが完済する年齢は、医療保険が一番必要となる年代に差し掛かります。


この年齢の時に医療保険に入りなおそうとすれば、健康であること以外にも保険料がかなり高くなるデメリットも同時に降りかかります。


せっかく住宅ローンの支払いが終わり、老後の資金を貯めよう!と思っても、新規で入る高額な医療保険の支払いが発生してしまい、予定が狂ってしまう可能性もあります。

保障自体も住宅ローンのみで、治療費などは保障されない

住宅ローンに組み込む疾病特約は、あくまで住宅ローンの返済を滞らないために準備されているものです。


通常の医療保険と違い「入院給付金」や「手術給付金」が受け取れるわけではなく、住宅ローンが相殺されるかどうかの為だけに存在しています。


そのため、万が一疾病保障を使うことになったとしても、治療費や入院費は自費となりますので、別で準備しておく必要が出てきます。


そういった場合は、医療保険の中での特約と重複することとなり、そのぶん支払う保険料も増えてしまう結果となるのです。

途中で契約変更できなかったり、途中解約できなかったりする

住宅ローンのような長期契約をするときは、支払う金額が大きいことから先のリスクも同時に考える必要があります。

だからこそ、疾病保障のようなものがあると魅力的に見えてしまうもの。


しかし、住宅ローンに疾病保障も一緒に契約すると、途中で解約することはできなくなります


通常の医療保険であれば、見直しが出来たり別の保険会社に入り直したりすることが考えられますが、住宅ローンはそれができません。


解約できないだけではなく、疾病保障だけを外すことも不可能です。

高額療養費制度や傷病手当金など公的保障も充実している

ガンを含む生活習慣病は、医療費がかさむイメージが強く、その分を保障で準備しておきたい!と思うのは自然なことです。


誰もが住宅ローンの返済期間中に何かの病気にかかってしまったら、ローンの返済ができなくなってしまうことの方が不安です。


だから、補償を手厚くしたいと思うあまり必要以上に保険に加入する人も少なくありません


しかし、日本は高額療養費制度傷病手当金のような公的保障がとっても充実している国であり、これらをうまく活用することで治療費の自己負担額を軽減することができます。


これらの制度をしっかりと把握しておくことで、必要以上に保障を準備してしまうことを避けることができます。

参考:通常の団信に入り、就業不能保険などに加入する手もおすすめ

では、脳卒中や急性心筋梗塞以外の病気やケガで働けなくなったときは?と考える方もいらっしゃいますが、会社員の方であれば先ほど触れた傷病手当金が最長1年半に渡って受けることができます


自営業の方はこの保障がないため、就業不能保険に加入することをおすすめします。


今では多くの保険会社で就業不能保険が販売されています。


もっとも短い保険会社では、病気やケガの原因を問わず121日以上勤務できない状態になると保険金が給付されるものも販売されています。


こういった時にお給料が減った、またお給料が無くなってしまった時でもローン返済に充てることができるようになっているため、住宅ローンを考えるときには、こういった保険も同時に知っておくことをおすすめします!

参考:住宅ローンで疾病保障を付ける際は、生命保険の見直しが必要

住宅ローンに疾病保障をつけるべきか迷いますよね。


一言に必要である・必要で無いとは言い切れません。ご自身の状況に合わせて判断するのが最適だと思います。


しかし、保険のプロではありませんのでまず何で判断すればいいのかわかりませんよね。そこでおすすめなのが「ほけんROOM相談室」です。


こちらの相談室は無料でプロの方に保険相談ができるサービスです。一人一人に合った保険を提案してくれますので、迷っている方はまず相談してみることをおすすめします。

まとめ:住宅ローンの疾病保障の必要性

いかがでしたでしょうか?

疾病保障付き住宅ローンの必要性について解説してきました。


今回のこの記事のポイントは

  • 疾病保障付き住宅ローンの保険料は高い
  • 支払い基準が明確では無い
  • 途中解約・途中で変更はできない
  • ローン完済時に保障が無くなる

です。


このポイントを見れば、疾病保障は必要ないことがわかります。


住宅ローンを考えるとき、長期ローンであり完済しないといけないと言った責任感と不安から、必要以上に心配になってしまい、重複する保障に加入している方も多くいらっしゃいます。


しかし、すべての特約や保障が必要なわけではなく、必要なものは決まっています

必要な特約や保障だけを選べるように、事前に確認して把握しておくことが重要となります。


なお、次の記事では、がん団信の必要性について説明しています。良かったらご覧ください。

医療保険の必要性が知りたい方はこちらの記事もご覧ください
この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング