医療保険の女性特約とは?どんな病気が女性特約の保障範囲?

女性なら気になる医療保険の女性特約。女性特約とは女性が発病しやすい病気に特化して保障を上乗せされる特約のことをいいます。医療保険のメリットやデメリット、またどのような病気が女性特約の保障範囲なのかについて詳しく解説していきます。

医療保険の女性特約とは?

女性には男性とは違った特有の病気というものが多く存在します。


実際に、自分が女性特有の病気で診察を受けたり、周りの人が女性特有の病気で入院や手術をしたということを耳にすることもあります。


そのような意味から、医療保険において、女性特有の病気を保障してくれるという「女性特約」が気になるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?


そんな時、「女性特約は気になるけれど、具体的にどんなときに保障されるの?」「女性特約を付加することのメリット・デメリットはどんなこと?」といった疑問を持つ方もおおいはず。


そこで、この記事では、


  • 医療保険の女性特約のメリット・デメリットはどんなこと?
  • 女性特約の具体的な保障範囲はどんなもの?
  • 女性特約は女性であれば必ずつけたほうがいいの?

について解説していきます。

この記事を最後まで読んでいただくと、医療保険における女性特約のの特徴や保障範囲についてご理解いただけると思います。

ぜひ、最後までお付き合いください。

医療保険の選び方や必要性に不安を感じているあなたへ

「医療保険について1から知りたい!」「医療保険って実際は必要なの?」


病気や怪我で入院したときの経済的負担を軽減するための医療保険。


しかし、健康保険対象外の治療を受けたときが不安という人が多いのではありませんか?


そんな方には医療保険に詳しい保険のプロが在籍するほけんROOM相談室がおすすめです。


従来の相談者が窓口に足を運ぶ「来店型」でなくても、保険のプロがお近くのカフェやレストランに向かいます!忙しい方、育児が大変な方におすすめです! 電話での相談も受け付けております!


全国対応!経験豊富な家計と保険の専門家ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談してみませんか?



医療保険の女性特約のメリット・デメリット

医療保険は性別・年齢に関係なく、病気やケガにおける入院や手術について保障してくれるものです。


女性疾病特約は、医療保険において、特に女性に多いとされる病気や手術について、通常の医療保障に加え、割増の保障が支払われるというものです。


このこと自体が、女性疾病特約のメリットと言えます。


デメリットとしては、この特約をつけることにより、その特約保険料が発生するため、保険料がアップすることがあげられます。

女性特約の保障範囲の病気

女性特約における保障の範囲は、保険会社や商品によってまちまちです。


よく見かける保障としては、乳がんや子宮がんといった女性が発症しやすい悪性新生物(がん)や、子宮筋腫や大腸ポリープといった特定の良性新生物、またバセドウ病やリウマチといった特定の疾病などです。


女性特約は、乳房や子宮といった女性にしかない部位に関する疾病の他にも、ポリープのように男性も発症するものや、関節リウマチといった女性の発症率が高い病気について保障しているということですね。


一口に女性疾病特約と言っても、保障の範囲は、「女性特有の病気」「女性特有の病気(すべてのがん含む)」「女性特有の病気+生活習慣病」など、様々なことがわかります。


内容によっては、若いうちの入院は手厚くできても、高齢での生活習慣病までは手厚くできないこともありえます。


また、入院給付については上乗せがありますが、保険会社によっては女性特有の病気による手術の上乗せが含まれていないものもあります。


その分、特約の保険料は割安になっているといえますが、手術給付金はまとまった額となるので、手術までカバーされているかは、事前にチェックすることが大切です


女性特約

具体的にどんな病気が保障範囲?

女性疾病特約については、その名称から、女性に特有の病気や手術しか保障されないと思われている方も多いようですが、実はその保障範囲は非常に広くなっています。

ここでは、女性疾病特約が保障している病気の範囲をご紹介します。

悪性新生物


子宮がん・乳がん・胃がん・直腸がん・肝臓がん・肺がん・骨肉腫・白血病など女性がかかる悪性新生物のすべて

良性新生物

子宮筋腫・良性新生物(乳房/子宮/卵巣/腎/腎盂/尿管/膀胱/甲状腺)など

その他の特定疾病

甲状腺腫・クッシング症候群・卵巣機能障害・鉄欠乏性貧血・紫斑病・血小板機能障害・低血圧症・慢性リウマチ性心疾患・胆石症・胆のう障害・ネフローゼ症候群・慢性腎不全・膀胱炎・腎結石・尿管結石・乳房の障害・女性生殖器の障害・流産・妊娠の合併症・分娩の合併症・産褥の合併症・リウマチ性多発筋痛・慢性関節リウマチなど


子宮内膜症 子宮筋腫 子宮頸がん 子宮体がん 卵巣がん 卵巣のう腫 乳がん バセドウ病 関節リウマチ 帝王切開 異常分娩 不妊 月経不順 更年期障害 


通常の医療保険も女性特有の病気を保障

女性特約をつけていないからといって、女性特有の病気にかかっても、医療保険や入院特約の対象外になるということはありません。


女性疾病特約は、あくまで女性特有の病気にかかった場合に、上乗せ給付を必要とするかどうかという問題になります。


「女性特有の病気は女性保険でないと保障されない」と勘違いしている人もいるようですが、通常の医療保険でもきちんと保障されます。


つまり、女性特有の病気を気にしていない人にとっては保障のダブリになり、心配している人には心強い上乗せ保障になるということです。


もちろん、保障を上乗せしている分、保険料はアップします


女性特有の病気の場合、その他の病気・ケガと同じように公的健康保険や一般の医療保険で保障されます。


具体的には、健康保険により自己負担額が3割(現役世代の場合)になり、高額療養費制度も利用することができますし、一般の医療保険に加入していれば給付金を受け取ることができます。


つまり、女性疾病特約を付けるということは、公的健康保険や一般の医療保険の保障に上乗せして保障をつけるということになります。

通常の医療保険で対象外の場合は女性特約でも対象外

正常分娩など、通常の医療保険で支払い対象とならない場合は、女性疾病特約でも支払い対象外です。


どんな女性疾病特約のプランであろうと、正常分娩は疾病とは見なされないからです。


公的医療保険も、民間の医療保険も、対象となる病気は同じです。


女性特有の病気に上乗せ給付があるかどうか、そこの違いです


どの保険会社も同じ病気が、上乗せの対象ではありません。


ですから、各社の最新のパンフレットで確認が必要といえます。

女性特約は必ずしも必要な特約ではない

貯蓄が十分にある人や、医療保険に加入済みの人は、「わざわざ女性保険に入る必要はない」という見方があります。

貯蓄がある人はともかく、そうでない医療保険加入者が女性疾病特約に加入しないのはなぜしょうか? 

これは、女性保険に入ることで「保障がダブる」「保険料が割高になる」という考えからきているものです。

確かに女性特有の病気は、女性疾病特約でないと保障されないものではなく、通常の医療保険でもきちんと保障対象に含まれています。

さらに、女性特有の病気になったからといって医療費が倍になるというようなわけでもないことから、医療保険だけで十分という結論に達しているのです。

また、女性保険には「お祝い金」やその他特約がセットになっている場合があり、そのせいで通常よりも割高になる傾向もあります。

女性特有の病気の治療費が他の病気よりも高額というわけではない

女性特有の病気にかかったからといって、医療費がたくさんかかるというわけではありません。


女性特約は、あくまで女性特有の病気にかかった場合に、上乗せ給付を必要とするかどうかという問題になります。 


基本的には、まず主契約の保障内容の充実を優先してください。 


主契約が10,000円以上、保障日数が120日以上、保障期間が終身保険であることなどを確保できたうえで、予算が許すなら、必要な特約から選択するようにしましょう。


女性特有の病気の場合、より多くの費用がかかるのでしょうか。


病気によってかかる医療費は千差万別ですが、前述の通り、健康保険が適用され、高額療養費制度を利用すれば、月々の医療費自己負担は一定額に抑えられます。


基本的には、女性特有の病気もその他の病気・ケガも自己負担額の差はあまりないと考えていいでしょう。


しかし、乳房再建手術などの健康保険が適用されない治療などを実施する場合には、数十万円以上の大きな費用負担がかかるケースもあります。


そういった費用をカバーしたいという希望があったり、女性特有の病気に対しては特に手厚く保障を備えたい、という方は女性疾病特約の付加を検討するとよいでしょう。


最近では、乳房再建手術を受けた時に給付金を受け取れる女性疾病特約もあります。

妊娠中の加入は保障されない場合が多い

保険会社で条件は違いますが、一般的に、母子手帳に初回診察記録をされた日から妊娠27週目までであれば、妊婦でもほとんどの医療保険に加入することが可能です。


また、妊娠から一定の週数を超えた場合、残念ながらほとんどの医療保険で『特定部位不担保』という条件が付きます


『特定部位不担保』とは、保険会社が定める特定部位に生じた疾病、またはその治療を目的とする入院や手術については、給付金の支払い対象とならないものを言います。


妊娠における「特定部位の不担保」に含まれるのはつぎのようなパターンで、帝王切開・切迫早産・切迫流産・子宮頸管無力症・吸引分娩・早期破水・子宮外妊娠・前置胎盤・妊娠中毒症などです。


要約すると、「特定部位の不担保」とは、その部位が子宮である場合、「子宮を原因とする疾病には給付金が出ません」というものです。


保険会社にもよりますが、過去に妊娠・出産を経験された事がある方で、妊娠の異常があった場合にも特定部位不担保(特定疾病不担保)の条件が設定される事があります。


妊娠の異常とは、帝王切開・切迫早産・切迫流産・子宮外妊娠・妊娠中毒症・死産などを言います。


上記の経験がある場合、子宮・卵巣・卵管などに特定部位不担保の条件が付くか、又は帝王切開・異常妊娠・異常分娩などに特定疾病不担保の条件がつく場合があります。


保険会社によって基準は違いますが、妊娠27週(7か月)以降は保険の引き受けを行わない保険会社もあります。


妊娠前に保険に加入すると、これらの条件からは外されるため、出産に備えて保険に加入する際は、妊娠前の加入がおすすめです。


妊娠後に慌てて加入しようと思っても保障を受けるのは難しくなりますので早め早めの加入がおすすめです。

まとめ:医療保険の女性特約について

ここまで、「医療保険における女性特約の基礎知識」について解説してきましたが、いかがでしたか?


この記事のポイントは、


  • 医療保険の女性特約のメリットは、女性に特有の疾患や手術に手厚い補償が受けられることで、デメリットは保険料が割増になること
  • 女性疾病特約の保障範囲は、女性特有のもの以外にもあり、その範囲は意外と広い
  • 女性特約については、保障の必要性と保険料のバランスを考えて選べばよい

でした。

女性の場合、男性とは違った特有の病気というものがあり、実際に入院での治療や手術となった場合、思わぬ出費となることもあります。

また、妊娠・出産という人生における大きなイベントにおいても、すべてが正常なものとは限らず、入院等が必要なことも考えられます。

そのような場合に備えるのが、今回ご紹介した、医療保険に追加することのできる、女性疾病特約です。

女性疾病特約の特徴やメリット・デメリット、その保障範囲など、最新の情報を知ることによって、自分のライフスタイルにあった医療保険設計につなげていきたいものですね。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング

  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険に加入する際女性特約は必要なのかじっくり考えてみましょう
  • 専業主婦も医療保険に入る必要性ある?オススメの保険プランを解説!
  • 独身女性が医療保険に加入するメリットを詳細に解説します!!
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 民間の医療保険でも不妊治療が保障可能に!特徴と注意点を徹底解説!
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 「18歳の子供が医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に適しているのは、医療保険なの?それとも死亡保障保険?
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なしという可能性もあります
  • 医療保険が必要な人ってどんな人?その特徴や必要な理由を徹底解説!
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険を理解すべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 民間の医療保険のメリットは一体何!?わかりやすく解説します!
  • 新入社員に医療保険ってホントに必要?みんなはどうしてるの?
  • 医療保険で後悔したくない。自分に合った医療保険の選び方のポイント
  • 医療保険の加入申込時と保険金請求時に必要な書類と注意点を把握する
  • 医療保険の賢い選び方とは?2つのタイプの医療保険を徹底比較!