医療保険ALL

就業不能保険

医療保険の必要性

医療保険の選び方

公的医療保険制度

まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性

定年からの医療保険の必要性については、これまでもメディアなどで多く語られていますが、定年からは毎年の健康診断がないことや、加齢による病気の発生あり、入院が「もしもの事」ではなくなってきます。がん保険だけではない、医療保険の必要性を理解しておくべきです。

定年から医療保険に加入する必要性はあるのか?

定年からは、これまでの生活習慣が変わることや、多くの人は生活に緊張する必要性がなくなることから、生活習慣病のリスクが高まります。

会社員時代は健康診断や周囲の人からの指摘により病気に気付く可能性がありましたが、定年からは全て自分自身で変化に気付く必要性があります。


医療保険は加入年齢が上がるほど掛け金が高くなりますし、給付が下がっていきます。

しかし毎日の生活に安心感を与える必要性や、入院することで人生計画が変わってしまうことを避ける必要性があります。 


現在、医療保険に入っていない方は、定年から入るのはもちろん、一年でも早いタイミングで医療保険に加入することをお薦めします。

何かがあってから必要性に気付くのは賢明ではありません。


持病がある方でも加入できる医療保険は数多くあり、すでに重篤な状態でない限りは、医療保険に加入できない心配はしなくて良いでしょう。


定年前と定年後のライフスタイルの違い

定年前と定年からのライフスタイルは大幅に変化します。

定年からも積極的に社会参加を行ったり、シニアスタッフやアルバイトの形で仕事を行う方はリスクは少なくなりますが、定年からは社会との繋がりがなくなる方が多くいます。


そうなると決まった時間に起床する必要性もありませんし、二日酔いを気にしてお酒を控える必要性もありません。

昼からお酒を飲むようになる方もいるでしょう。


定年からの医療保険で金銭的な問題に対応する必要性がありますが、なるべく空き時間を作り過ぎない生活設計が重要になります。

何か熱中できる趣味を持ったり、定年からも仕事を続けることである程度ライフスタイルの変化に伴う問題は解決できるでしょう。


人生の満足度合いの点でも生きがいを持つことには大きな必要性があります。 

公的保障があれば医療保険の必要性はなし

高齢者医療制度を知っておこう

定年からの医療保険の必要性が変わるとは言えませんが、高齢者の医療費の必要性に関しては公的保障が整えられています。

有名なものは後期高齢者医療制度ですが、この制度は75歳以上の方だけではなく、寝たきりなどの障害があると認定された場合は65歳から利用できます。


しかし、現役世代を含め、定年からも70歳までは3割負担の必要性があることには変わりません。


前期高齢者医療制度は加入者の医療費負担を抑える観点よりも、制度間の医療費負担の不均衡の調整という観点に重きをおいたものです。 

定年からでも医療保険に加入するの良い理由

病気のリスクがかなり高まる

人口10万人に対する入院受療率は、50歳頃から高まり始めます。

60歳の定年からは10万人当たり1000人を超えます。

パーセンテージにすると1%を超え、入院することが他人事ではないと自覚する時期になります。

周囲の同年代の人が亡くなる知らせを聞くことが多くなるでしょう。


医療保険の給付水準が下がるのは、それだけ多くの方が保険金を受給するわけであり、定年からでも医療保険に加入するべきと言えます。

医療保険に加入し、生活基盤をより安定させましょう。 


貯蓄に余裕ができる

定年から医療保険に加入することは、残りの人生のリスクを減少させることに他なりません。

体が元気なうちは必要性を感じにくいものですが、もしものことが発生しても差額ベッド代などを医療保険で大幅にカバーできますので、結果として貯蓄に余裕を作ることになります。


会社員の給与水準はこの20年低下し続けており、定年からの生活の原資となる退職金についても数百万単位、あるいは全く支給されないケースも多くなってきました。


定年からの医療保険の必要性は年々高まっていると考えられます。 

定年から加入する場合、自分に合った医療保険の選び方

十分な貯蓄がある方は手厚い保障がある医療保険

定年から医療保険に加入するときは、その必要性の反面、現役世代に比べて保険料が高くなります。

そのためどの程度までリスクを許容するかを考えてみましょう。


医療保険には入院日額の差や、通院での保障期間などが細かく分けられています。

ひとたび入院をすると一日当り平均14000円ほどの費用がかかりますので、十分な貯蓄がある方は入院日額の高い契約を選ぶ方が良いでしょう。


多くの方は人生設計において医療費の必要性を考えているでしょう。

しかし定年から医療保険に加入する必要性は変わりません。 

貯蓄に不安のある方は数千円の最低限の医療保険

定年からの医療保険のプランには、ある程度保障が少なくすることで保険料が抑えられるものが用意されています。

保険料が老後の生活に大きく影響するという方はそのような医療保険に加入するのが良いでしょう。


貯蓄のある方以上に、健康維持のための取り組みに必要性が生じますが、それでも定年から医療保険に加入することでリスクを減らすことができます。

体が資本であるのは現役時代と変わりがありません。 

まとめ:医療保険の必要性はいかに

定年からの医療保険の必要性は、よほど潤沢に資金があり、入院費用を工面できる場合を除き、変わるものではありません。

他の保険とは異なり、年齢が上がるにつれて保険金を受給する可能性は上がっていきます。


周囲の家族や親族に迷惑をかけないためにも、医療保険に加入する必要性があります。 

ランキング

  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 病気のリスクは誰にでもあるものだから新入社員も医療保険が必要
  • 「18歳の子供が医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に適しているのは、医療保険なの?それとも死亡保障保険?
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なしという可能性もあります
  • 医療保険が必要な人ってどんな人?その特徴や必要な理由を徹底解説!
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険を理解すべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 医療保険のメリット・デメリット
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険に加入する際女性特約は必要なのかじっくり考えてみましょう
  • 女性なら気になる医療保険の女性特約について徹底解説!女性特約とは
  • 専業主婦も医療保険に入る必要性ある?オススメの保険プランを解説!
  • 独身女性が医療保険に加入するメリットを詳細に解説します!!
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 民間の医療保険でも不妊治療が保障可能に!特徴と注意点を徹底解説!
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • 医療保険で後悔したくない。自分に合った医療保険の選び方のポイント
  • 自分にあった最適な医療保険とは?医療保険の選び方ので気をつける事
  • 医療保険の加入申込時と保険金請求時に必要な書類と注意点を把握する