医療保険の無料相談でおすすめの5社をポイントと一緒に徹底解説!

CMや広告でよく見かける「医療保険の無料相談」は、お金のプロに無料で相談できるとご存知ですか?医療保険の無料相談でおすすめの会社5社と、実際に無料相談するまでの流れをご紹介しています。お金のプロのFPに無料で医療保険の相談ができるカラクリもご説明します。

医療保険の加入・見直しをしたい方におすすめしたい無料相談サービス

医療保険に加入する際、FP(ファイナンシャルプランナー)という専門家に無料相談するサービスを利用する方が増えているのをご存知ですか?


今までの保険相談は、職場に来ている保険会社の職員に話を聞く形が主流でした。


しかし、他社の保険の話も聞きたいという方が多く、公平な立場から保険のアドバイスを聞ける無料保険相談は非常に人気になっています。


医療保険の見直しの相談ができる保険の無料相談窓口とは?

保険の無料相談と言われても、専門家に無料で相談できることに疑問を感じる方もいらっしゃると思います。

まず、無料相談窓口がどのように運営されているか、カラクリをご説明します。


保険の無料相談窓口は、提携している保険会社からの手数料で運営されています。

そして所属しているFPは提携している複数の保険会社の商品を扱えます。

そのため、無料で複数の保険会社の商品についての比較・解説・提案を受けることができます。


保険の無料相談の仕組み

保険の無料相談の仕組み

保険の無料相談窓口には訪問出張型と店舗来店型の2種類があります。


  • 訪問出張型:相談者が指定する場所でFPに相談するタイプ
    相談場所は自宅やカフェ、勤務先など
  • 店舗来店型:ショッピングモールや駅などにある店舗に足を運んで相談するタイプ

訪問出張型か店舗来店型かどちらを選ぶかは、相談者ライフスタイルに合った形を選べます。


この記事では、

  1. おすすめの無料相談サービスと特徴と口コミ
  2. 医療保険の保険相談をする上で知っておきたい医療保険の知識
  3. 申込〜契約まで、具体的な保険相談の流れ
  4. 保険相談までにやっておくと良いおすすめの事前準備

を順に解説していきます。


今回はそんな保険の無料相談サービスをランキング形式にまとめています。

口コミもご紹介しているので、自分に合った無料相談窓口の参考にしてください。


4の保険相談のポイントはこちらの記事で解説しています。

後悔しない保険相談のポイントを解説!加入も見直しもコツがある!

人気ランキング1位:保険のビュッフェ(訪問出張型)

こちらは訪問出張型の無料相談サービスです。




相談に対応するFPは特定の保険会社に所属せず、1人で複数の保険会社の保険を扱うことができる点がポイントです。

今まで保険の相談=特定の保険会社の職員でしたが、保険のビュッフェのFPはそのようなことはありません。


FPはお金全般の知識を備えたプロですが、保険のビュッフェのFPはその中でも生命保険と医療保険に特化した選りすぐりのFPが在籍しています。

そのため、医療保険を検討中の方には特におすすめです。


保険のビュッフェは、今加入している保険内容の診断から、加入後の見直しや、保険金請求の手続きといったアフターフォローまで、全て無料のサポートがつくのも特徴です。

保険は契約をして終わりではなく、加入後に保険金請求をする際などのアフターフォローも重要です。 

保険のビュッフェは担当のFPに一貫して任せられるシステムが整っていると言えます。 


訪問出張で対応しているエリアは47都道府県を網羅しているのも心強いです。

また、2017年春からヤマダ電機との提携により、一部都府県のヤマダ電機・LABI・テックランドに保険の相談や申し込みができるビュッフェカウンターが設けられていますので、窓口相談も可能だそうです。

保険のビュッフェに関する利用者の口コミ:評価★★★

保険のビュッフェに関する口コミでは以下のようなコメントがありました。


さまざまコメントが寄せられています。(一部抜粋)

FPへのコメント1

FPへのコメント1

FPへのコメント2

FPへのコメント2

保険のビュッフェはこんな人におすすめ!

保険のビュッフェがおすすめの方は以下の方です。 
  • 医療保険に加入したい方 
  • 専門家から保険の話を聞きたい方 
  • 複数社の保険を比較検討したい方

医療保険も保険会社によって特徴があるので、色々な医療保険のメリットとデメリットを公平な立場から話してくれるFPは非常に心強い存在と言えます。 


保険のビュッフェのFPは経験年数平均8.3年と、入れ替わりの激しい保険業界ではベテランと呼ばれる方ばかり。 


プロに保険の無料相談をしてみるのはいかがでしょうか? 

人気ランキング2位:保険マンモス(訪問出張型)

保険マンモスも保険のビュッフェと同様に、訪問出張型の保険の無料相談サービスです。




特徴は提携FPの質の高さです。 

AFP、CFP、MDRTといった保険業界でも難易度の高い資格基準を達成したFPが多く在籍しています。 


保険のビュッフェとの大きな違いはイエローカード制と有料相談があるところです。 


イエローカード制は、強引な勧誘をされたり不快な思いをした場合に連絡をすると担当のFPを変更できる制度です。 

約95%の顧客満足度を誇っている理由はここにあります。

悪質な場合はFPの登録抹消といった厳しい対応もあるため、FPの質の高さを感じることができるのではないでしょうか。 


また、無料相談は嬉しいけど怪しいから有料でも良い、お金を払わないと相談できないベテランの人に来てほしいなどの希望がある方は、紹介料金を支払って選りすぐりのFPに相談することもできます。


紹介料金を一度払えば、追加の料金は不要です。

満足できなかった場合には返金制度もあるので、FPを選べる点は非常に大きなメリットと言えます。 


もちろん、保険マンモスのFPは複数社の医療保険を取り扱うことができるので、中立の立場から説明を聞くことができます。

 

“家計&保険”相談をメインとしているため、保険以外にもお金に関する相談もできるのが保険マンモスのおすすめポイントです。 

保険マンモスに関する利用者の口コミ:評価★★★

それでは保険のマンモスの口コミを見ていきましょう。

  • 会社の担当で来ていた方にすすめてもらった保険に入っていましたが、保険料を安くしたいと思い、自分で探し始めました。
    保険探しをしていたときに見つけたのが、保険マンモスです。
    保険の相談が無料ということで、申し込みをして数日後に職場近くのカフェで保険相談をしました。
    とても詳しく、商品の違いやメリット、デメリットを教えてもらい、強引に契約を促されることもなく、保険を選ぶことができました。
     納得して保険を選べた上に保険料が5000円安くなったので、とても満足しています。 
HPの口コミを抜粋します。

保険のマンモスの口コミ

保険のマンモスの口コミ


保険マンモスはこんな人におすすめ!

保険マンモスがおすすめの方は以下の方です。 
  • プロのFPに保険相談をしたい
  • 自分の好きなところで面談をしたい
  • しつこい勧誘を受けたくない

保険マンモスは特にFPの質にこだわっているため、知識や相談実績が豊富な方に相談をしたい方には最もおすすめできる無料相談サービスです。 


場所も自分の好きな場所を指定できる点が魅力と言えます。保険契約などのしつこい勧誘を受けた場合の対処法もあるため、安心して相談できるのが保険マンモスのメリットです。 


画像をタップして詳細を確認できます。

現在、無料相談で和牛のプレゼントキャンペーンを行なっているようです。

人気ランキング3位:ほけんの窓口(店舗来店型)

ほけんの窓口は店舗来店型の保険無料相談サービス窓口です。



ショッピングモールなどに店舗が多く、テレビCMでよく見かけるという方も多いのではないでしょうか。


担当するスタッフは経験豊富な人が多いので、安心して相談できます。

店頭ではセミナーを実施している店舗もあるので、無料相談の前に雰囲気をつかむこともできます。


ショッピングモールに店舗があることもあり、お子様が遊べるスペースを設置している店舗が多いです。

スタッフがお子様の見守りをしてくれる店舗もあるので、保険について相談する時間を確保したいファミリー層におすすめです。 


また、ほけんの窓口は加入後のフォローにも力を入れています。 

契約の手続き後に証券などの重要書類などが届いたタイミングで、再度アポイントを取り、契約の内容を再度確認します。 


重要書類のファイリングも同時に行い、契約者のオリジナルファイルをつくることで万一の際も安心できます。 

加入時だけでなく、アフターフォローも整っているため安心できると言えます。 


店舗来店型では店舗数が多いので、もし転居した場合も転居先でアフターフォローを受けることができるのも有り難いですね。

ほけんの窓口に関する利用者の口コミ:評価★★

ほけんの窓口の口コミです。

子どもが生まれたので保険に新規加入しようと思い、ほけんの窓口へ行きました。 私も妻も保険の知識が全く無かったのですが、わかりやすく説明をしてもらえたので、納得のいく保険に入れました。 子どもを連れていっても、キッズコーナーで遊ばせてくれたので、ゆっくり保険のことを考えることができたのでよかったです。 医療保険の相談に行ったのですが、学資保険のことも知ることができて、お金に詳しくなれました。

出典: https://www.hokennomadoguchi.com/


やや相談員の質は保険マンモスや保険のビュッフェに劣るようですが、CMでの圧倒的な認知度から評価は高いです。

ほけんの窓口はこんな人におすすめ!

ほけんの窓口は以下の方におすすめです。 
  • 店舗に訪問して相談をしたい方
  • お子様連れで保険を考える時間が取りづらい方
  • 転居した場合でもアフターフォローのしっかりした会社がいいと考える方 

ほけんの窓口は全国に598店舗を展開しているので、全国どこでもアフターフォローを受けられる点が大きな特徴です。 

また、ショッピングモールなどのお子様連れが想定される場所に店舗が多く、ファミリー層からの支持が強いです。 

店頭では様々なセミナーをしているので、一度足を運んでみるのもいいかもしれません。 

人気ランキング4位:保険見直し本舗(店舗来店型)

保険見直し本舗は店舗来店型の保険無料相談サービスです。



フランチャイズ形式で、全国に255か所あります。


ショッピングモール内にある店舗も多く、キッズスペースもあるため、お子様連れの方も安心して保険相談ができます。

店舗は清潔感とプライバシーへの配慮がされているので、安心して話すことができます。 


複数の保険会社を取り扱えるFPに無料で相談することができ、中立的な立場から保険の説明を受けることができます。

保険の見直しを考えている方に、取り扱い保険会社約40社の保険商品の中から、要望にあった保険をおすすめしてくれます。

生命保険だけでなく、火災保険や自動車保険の取り扱いもあるので、保険に関する幅広い相談をすることができる点がポイントです。

しつこい勧誘を全社で禁止しているため、社員教育も整っていると言えます。 


保険見直し本舗は、基本は来店型ですが、訪問相談サービスも実施しています。

店舗数が多いので、訪問範囲も広く小さなお子様がいて来店が難しい方だけでなく、シニア世代からも支持されています。 

シニア世代向けの贈与や相続の案内もできるので、お金のプロと言えるのではないでしょうか。

保険見直し本舗に関する利用者の口コミ:評価★★

保険見直し本舗の口コミを見ていきましょう。

  • 加入していた保険が更新で保険料が5000円上がるので、保険料の安い保険に入りたいと思い相談しました。
    担当してくださった方が子育て中の方で、自分と親近感がわきました。
    学資保険は切り替えると損をすることを教えて頂いたので、それ以外の保険を切り替えました。
    トータルで見ると前と変わらない保険料ですが、一生涯続く保障の保険に切り替えられたので満足しています。
    持病があることを伝えてもしっかり対応してもらえたので、相談してよかったと思います。

保険見直し本舗はこんな人におすすめ!

保険の見直し本舗は以下の方におすすめです。
  • 店舗に相談に行くことが難しい方
  • お子様連れで相談をしたい方
  • 色々な保険の相談をしたい方

ほけんの窓口との大きな違いは、訪問型も実施している点です。

今は店舗に行くことが難しいけど、将来的には問題ないという方は相談だけ訪問してもらうこともできるようです。


もちろん、来店の上無料相談を受けることも可能です。

人気ランキング5位:ほけん百花(店舗来店型)

ほけん百花は店舗来店型の保険無料相談サービスです。 



上記で説明した無料相談に比べると、対応エリアが

  • 関東エリア(東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県)
  • 中部エリア(愛知県)
  • 関西エリア(大阪府・京都府・兵庫県)

の3つに限られている点がデメリットと言えます。 


しかし、ほけん百花はスタッフの多くが女性という点が他と大きく異なっています。

保険を相談するにあたり、女性特有の病気や妊娠出産の話は必ず出てきます。

男性に話すのに抵抗がある方も多いのではないでしょうか。

ほけん百花は、女性のプロのスタッフに無料で相談し、自分にふさわしいプランを提案してもらえる点が他にはないメリットです。

また、店舗の立地が大型ショッピングセンターだけでなく、ビジネス街にもあるので、仕事帰りのOLにも立ち寄りやすいと言えます。


取り扱い商品数は26社の約160商品と他に遜色なく、わざわざ資料を取り寄せたりせずに、その場で比較できるのも魅力です。 

医療保険はもちろん、今話題のペット保険や自転車保険など幅広く取り扱いをしているので、保険について幅広く相談できます。 

新規の加入はもちろんですが、「今加入している保険の内容がわからない」「保険料控除って何?」などの疑問にも、プロに無料で対応してもらえます。 


ほけん百花に関する利用者の口コミ:評価★★

ほけん百花に関する口コミを集めました!

  • 友人が「帝王切開で出産したら保険金が出て助かった」と言っていたのを聞き、医療保険について調べ始めました。
    自分で調べてもわからないことが多くて困っているときに、ほけん百花の店舗を見つけました。
    ネットで調べると、女性スタッフが丁寧に対応してくれるとあり、早速相談を申し込みました。
    2回相談に行きましたが気持ちのいい対応でよかったです。
    医療保険についても詳しく説明してもらえたので、自分の納得できるプランができました。 

ほけん百花はこんな人におすすめ!

ほけん百花は以下の方におすすめです。
  • 女性スタッフに対応してもらいたい 
  • お買い物や仕事帰りに気軽に立ち寄りたい
  • 様々な種類の中から自分にベストな保険を教えてほしい 

ほけん百花の大きな特徴はスタッフの多くが女性ということです。 

保険に入るには女性特有の病気や悩みについて話さないといけないですが、男性スタッフに話すことに抵抗がある方も多いと思います。 


取り扱っている保険の種類も大差ないので、女性スタッフに相談したい方にはおすすめです。 

保険相談の前に医療保険で重要になる基本の4つのポイントを自分で見直しをしよう


医療保険に加入する際に重要なポイントが4点あります。

無料相談でも同じ言葉が出てくると思われます。

事前に自分が必要と思う保障と理想の保険料を照らし合わせて考える必要があります。

少し変わるだけで保険料が大きく変わる場合もあるので、ひとつずつ詳しく確認していきましょう。 

ポイント1:入院保障の日額給付金をいくらで設定するか

入院日額とは、入院した際に受け取れる給付金の金額で、手術給付金も入院日額がベースで決まります。

入院日額は5000円と10000円のどちらかを選ぶことができる医療保険が多いです。


ここで生命保険文化センターが行った「生活保障に関する調査」(平成25年)を参考に入院日額について考えていきます。 


  • 実際にかかった入院費用の平均…22.7万円
    (高額療養費制度利用後の自己負担金額)
  • 1日当たりの入院費用…平均20990円
    (約半数は10000円未満)
  • 入院1回あたりの平均入院日数…19.7日

このデータを見ると、1日10000円もらえる医療保険だったらいいと思う方が多いと思います。

しかし、入院日額が大きくなるにつれて、その分保険料も高くなることを考えなければなりません。

日額10000円の医療保険はほとんどの場合で、日額5000円の医療保険の倍の保険料になります。

全てを医療保険でカバーしようと思うと保険料が高くなり、給付金を受け取らなかった場合の損失が大きくなります。

どのぐらいまで医療保険でカバーして、どのぐらいは貯金でカバーできるかを考えた上で入院日額を決めることが重要です。 

ポイント2:保険期間は定期医療保険or終身医療保険のどちらにするか

医療保険に加入するにあたって、保障が一生涯続く終身型か、掛け捨てタイプの定期型か悩まれる方が非常に多いです。

終身型は保障が一生涯続くため、安心して保険料を払える点で人気の形になっています。 


しかし、掛け捨て型に比べると保険料がやや割高な点と、将来的に最新の医療保険ではなくなる可能性が高い点がデメリットと言えます。 

医療保険は医療技術が進歩することに合わせて進化を続けています。 

今加入した最新の医療保険が、数年後に最新でなくなっていることは否定できません。

終身型は保険料が割高なため見直しに消極的になり、最新の医療保険を持ちづらいということがあり得ます。 


一方で定期型は手頃な保険料で医療保障を確保できますが、更新の度に保険料が高くなっていくため、一生涯保障を持つことには向いていません。 

途中で解約した際に解約金がほとんどないので、掛け捨て=損という考え方が強いです。 

しかし、掛け捨てだからこそ安い保険料で医療保障を確保できる点は大きなメリットです。 

今の保険料を抑えて、ライフステージに合わせて見直す予定がある方に掛け捨て型がおすすめです。 


今のご自身の状況や保障に対する考え方を踏まえて終身型か定期型かを決めることが重要です。

もし、一生涯の入院保障を持ちながら数年間さらに増額したいということであれば、2件契約するなどの方法があるので、FPに相談しましょう。 

ポイント3:支払い限度額(1入院あたり)をいくらに設定するか

医療保険によって、1回の入院で何日まで入院給付金を受け取れるかの限度日数を選択できるものがあります。 

例えば支払い限度が60日の医療保険で仮に70日入院した場合は、61日~70日が支払い対象外となります。 

また、ここで言う1回の入院とは同じ病気のことを指しています。 

骨折で10日入院後に退院して、再入院した場合には同じ入院とみなされて11日目からカウントされます。 

保険独自の考え方のため、加入前に抑えておく必要があります。 


現在販売されているものでは、1回の入院で30日・60日・90日・120日の比較的短期間を保障するタイプと360日・730日の長期間を保障するタイプがあります。 

医療技術の進歩により短期入院が増えているので、最近は60日が主流になっています。 


データをご紹介すると、厚生労働省の「患者調査」(平成26年)では主な病気の平均入院日数は31.5日ですが、脳血管疾患では89.5日、高血圧性疾患では60.5日と長くなっています。 

しかし、長い期間保障が続くプランにすると保険料が高くなってしまいます。

限度日数が60日の医療保険で基本的にはカバーできるので、60日をおすすめします。 

もし60日では不安…という方は、次で紹介する生活習慣病の入院で保障が手厚くなる特約などの追加を検討するとよいでしょう。 


ポイント4:がん特約や先進医療特約などの特約を付帯するかどうか

医療保険に加入するにあたり、様々な特約を付加することができます。 

代表的なものとしては、成人病特約・女性疾病特約・がん特約・先進医療特約が挙げられます。 


成人病特約 

がんや脳血管疾患などの成人病で入院や手術をした際に給付金を上乗せして受け取れることができます。 


女性疾病特約

子宮がんなどの女性特有の病気で手術や入院をした際に給付金を上乗せして受け取ることができます。


がん特約

がんと診断された際に一時金を受け取れたり、がんで入院や手術をした際には保険金が上乗せして受け取れることができます。


先進医療特約

先進医療を受けた際に自己負担した治療費を特約で一部もしくは全額給付を受けることができます。


もし既に保険に加入している場合は、重複する場合があるので事前に確認する必要があります。

無料相談を利用すると、今加入している内容もしっかりと確認できるので、保障が被ることを防げます。

その上で重複していない内容については、保険料を見ながら必要だと思うものを付けることをおすすめします。

特約はあとから付加できないものが多く、また単体で契約することもできないため、新規で契約する際によく考える必要があります。 

自分が必要だと思う保障と保険料と見比べて、調整しましょう。

具体的に、医療保険の無料相談の流れを確認しておこう!


ここからは医療保険の相談の流れを具体的に確認していきます。

1.予約の申し込みと面談日程の確定

まずは、それぞれのホームページの申し込みフォームから必要な情報を入力します。

会社によっては電話でも申し込める場合があります。


入力する情報として、職業や年収、家族構成や過去にかかった病気などがあります。(内容は会社によって異なる場合もあります。)


例えばオートレーサーや爆破作業者など、危険を伴う職業の場合は保険料が割り増しになることもあるので、職業も申告する必要があります。

中には医療保険に加入できない場合もあります。

また、無職(学生、専業主婦を除く)は一般的に契約ができません。


医療保険の加入には健康状態の診査があるため、健康状態によっては無料保険相談を利用できない場合があります。 


現在加入している保険を見直す場合や加入を考えている保険の種類によって、利用できるかどうかが変わりますので、不安な場合は問い合わせることをおすすめします。


申し込みから1週間以内に面談日程の連絡があり、1回目の面談が行われます。面談場所は店頭や自宅、勤務先やカフェなどを指定することができます。


保険の相談はプライベートな内容も多く含まれるので、静かに落ち着いて相談できる場所をおすすめします。


面談時間は1時間~2時間のことが多いので、長時間話せる場所を指定するとよいでしょう。    

2.無料相談1回目

初めの無料相談では、今加入している保険がある場合は全ての保険証券又はコピーを持参しましょう。

事前に希望の保障内容や保険料の予算などを頭でまとめておいて、伝えることも有効です。 


また、保険についての疑問や教えてもらいたいこともまとめておくと更に良いですね。


 保険の契約は、金融商品である点から初対面での契約はしないよう指示されている会社が多いため、1回目の面談はリラックスして臨みましょう。 

3.無料相談2回目

持ち帰ったプランで契約したい場合や疑問点が新たに出てきた場合はFPに連絡を取って次の面談を設定します。

契約書類などは事前の申し出に基づいて作成するため、変更点がある場合は事前に伝えることをおすすめします。 


 また、他に気になることがある場合などもFPが持ち帰り、後日対応することになります。

契約する場合には健康診断のコピーが必要な場合があります。 担当のFPにしっかり確認しましょう。 

4.契約完了とアフターフォロー

契約手続きをして成立した後も、保険料の支払いなどの事務手続きがあるのでしばらくこまめに連絡を取ることになります。

それ以降は引っ越した際や、結婚などのライフイベントが発生した際に変更の手続きで連絡する必要があります。 給付金の請求も担当FPに連絡して書類などのやりとりを行います。 

医療保険の無料相談をフル活用するためにやっておくべきことまとめ

保険の無料相談を受ける時に、興味ある保険会社の資料請求を行なっておくべし!

面談までに時間がある場合、気になる医療保険の資料請求をすることをおすすめします。 

ネットでもある程度の内容は確認できますが、注意点などの重要項目は資料で確認するのが一番です。 

ネット上では注意事項が記載されていないこともあるので、資料請求をして確認し、その中でわからないことをFPに質問することもできます。

また、無料相談に資料を持参することでFPも話が進めやすくなり、どのような医療保険を探しているのかを把握するツールにもなります。 

保険相談は複数回行われることが通常!全て完全無料。

保険は加入してから払い続ける保険料を合わせると、家の次に大きな買い物とも言われているので、1回目の面談で契約をせず持ち帰ってよく考える方が多いです。 

家に帰って資料を見ることで改めて疑問に思うことや、もう一度聞きたいことも出てくると思います。 

相談は何度でも無料のため、担当のFPと連絡を取り、もう一度面談をすることができます。 

その上で、納得できた場合は契約手続きに進むことができます。

FPも一度で即契約とは思っていないので、疑問点や要望は何度でも言うことをおすすめします。 

2回目もしくは3回目でプランが固まり、契約に至ることが多いので回数は気にせず、納得できるまで相談しましょう。

まとめ

ここまで、医療保険の無料相談窓口のランキングと実際の相談の流れをお伝えしました。 

無料でお金の専門家のFPに相談できるサービスはここ数年で増え続けると同時に、多くの方が満足されています。

保険は複雑ですが、毎月保険料を払うなら納得して契約をしたいですよね。

プロのFPに無料で相談することを有効活用して、保険選びやお金の勉強に活かしてください。 

保険料を安くしたい方や最新の医療保険が気になる方は、ぜひこの機会にFPに相談して、医療保険について無料で相談してください。 


この記事が、保険やお金の疑問を解決するきっかけになれば幸いです。 

ランキング