医療保険の解約返戻金とは?メリットやデメリットをわかりやすく解説

終身医療保険の一つで、支払った保険料の一部が保険加入者に戻ってくる「解約返戻金型医療保険」と呼ばれる保険があります。この保険は、途中で解約しても解約返戻金を受け取ることができます。この解約返戻金型医療保険にはメリット・デメリットが存在します。

終身医療保険の解約返戻金とは一体なに?

終身医療保険は一度契約すれば、一生涯保障してくれる保険として有名ですよね。


高齢になっても医療保障を確実に受けられ、場合によっては死亡した場合も保険金が出ることがあります。


ところで終身保険でも途中で解約せざるを得ないとき、それまで払ってきた保険金が戻る制度があることをご存知でしょうか。


それは「解約返戻金」と呼ばれるものです。


そこでこの記事では終身医療保険の解約返戻金について


  • 解約返戻金のある医療保険のルールと仕組みについて
  • 解約返戻金のある医療保険のデメリットについて
  • 解約返戻金のある医療保険のメリットについて
  • 低解約返戻金医療保険のメリット・デメリットについて
  • 解約返戻金と税金の関係について
以上のことを中心に解説していきます。

この記事を読んでいただければ、医療保険の解約返戻金という制度について深い理解をすることができます。

そして皆さんにとって最も適した終身医療保険の契約をする手助けになると思います。

是非最後までご覧ください。




医療保険には解約返戻金があるタイプとないタイプがある

終身医療保険には中途解約するとき、返戻金が出るタイプがあります。

このような終身保険を「解約返戻金(貯蓄)型医療保険」と呼びます。

中途解約した時、支払った保険料の一部が保険加入者に戻ってくるという仕組みです。
 

この保険は万が一の病気やケガの保障はもとより、解約返戻金や死亡保険金が受け取ることができます。


一方で保険料は割高で経済の動向に影響される部分もあります。


また、解約返戻金が100%を超えるような保険商品(つまり、支払ったお金よりも受け取るお金が多い商品)はほとんどありません。


多くは途中で解約すると返戻金が少なくなる「低解約返戻金型医療保険」が出回っています。


一方、掛け捨て型医療保険は、保険加入者が解約したり、亡くなったりした場合、これまで支払った保険料は1円も戻ってこないタイプの保険です。


しかし掛け捨て型は解約返戻金が設定されていない分、医療保障が充実されています。


さらに支払う保険料も割安になります。


解約返戻金のある医療保険がデメリットとなる3つの理由

解約返戻金がある終身医療保険には、加入する必要がないという指摘があります。

それはなぜなのでしょうか。

その理由として保険というビジネスの構造によるものがあります。

解約返戻金があると、保険会社は常に返戻金を準備しておく必要が出てきます。

そしてその準備金のために資産を管理する手間とコストが発生します。

そのため加入者側も受け入れざるを得ないデメリットが出てくるのです。

こちらでは必要ないと指摘される3つの理由について説明していきます。


デメリット①:保険料が割高になる

解約返戻金がある医療保険は、返戻金を準備する金額分が支払保険料に加算される構造になっています。

その分、掛け捨て型医療保険よりも保険料が高くなる傾向があります。

保険料の相場で見ても解約返戻金がある医療保険は毎月の支払保険料が6,000円~15,000円程度と言われています。


一方で掛け捨て型の場合は、毎月の支払保険料が2,000円~4,000円程度が多く、中には1,000円を下回る保険商品も登場しています。


日々の家計からのコストを考えると解約返戻金タイプの保険は割高になってしまいます。


デメリット②:インフレリスクの割に低い流動性

解約返戻金がある医療保険は、契約時に戻ってくる金額があらかじめ決められています。

また保険会社はいつ解約されても良いように、返戻金の運用はローリスク(ローリターン)で行われるでしょう。

そのため受け取る時点でインフレにより物価が上昇した場合、結局は受け取るお金が減少したのと同じことになってしまいます。

また、返戻金は何時でも使うことができるお金ではありません。

同じ程度のローリスクな運用をするならば、銀行の定期預金や普通預金の方が容易に使うことができます。


デメリット③:解約しなければ返戻金が受け取れない

返戻金は前提として解約しなければ受け取ることができません。

ある年齢に達した時だけ返還するタイプもありますが、全額ではありません。

元来終身医療保険は一生涯にわたり医療保障を受けることを目的に加入するものです。

終身保険の仕組みとして解約することが前提になっていないのです。

したがって終身医療保険の中途解約は割に合わないことになるのです。

終身医療保険の契約や解約を検討される時は、これらのポイントを十分に検討されることをお勧めします。



解約返戻金のある医療保険がメリットとなる3つの理由

一方で、解約返戻金のある医療保険にメリットはないのでしょうか。

保険は定期預金や投資信託と言った金融商品の1つです。

一定の金額を保険会社に預けるという行為をしています。

逆に言えば保険会社は加入者から預かったお金は、その人がそれだけのお金を持っていることを証明することができます。

この原則をふまえることで、解約返戻金のある医療保険にもメリットを見出すことができます。

ここからは解約返戻金のある医療保険の有利な点について、次の3つをあげて説明します。


メリット①:まとまった金額を手にすることができる

例えば、保険契約中でもやむを得ない急な出費が出ることがあります。

その時現状の収入では対処しきれない場合、解約返戻金を使うという手段があります。

ただし多くの場合、既に支払ってきた保険料を下回る金額しか戻らないと考えたほうが良いでしょう。


そのため解約を決める前に、返戻率の「早見表」というものがありますので、返金額を確認して検討するべきでしょう。


また、一度解約すると再契約が難しい場合も考えられますので注意しましょう。


メリット②:遺族にまとまった金額を遺せる

解約返戻金型医療保険は、基本的に加入者が亡くなった時には死亡保険金が受け取れるようになっています。

一生涯の医療保障を受けることは安心ですが、加入者が亡くなった後も遺族にまとまった金額を遺すことができます。


当然、遺族が受け取った死亡保険金は葬儀費用や相続の資金に使うことができます。


ただし死亡時の保険金と中途解約での返戻金では金額が異なる場合があります。


これについても契約時に確認しておくことをお勧めします。


メリット③:契約者貸付や自動振替貸付制度が利用できる

契約者貸付とは、契約した解約返戻金の範囲内で、加入者が保険会社から借金をすることができる制度です。

当然ですがお金を返す時には一定の利子を付けて返済することになります。

ただし、解約返戻金が担保になっているので一般のローンに比べて低い利率になることがほとんどです。

次に自動振替貸付制度です。


これは加入者の保険料の支払いが止まってしまった時に使うことができます。


契約した解約返戻金の範囲内で、保険会社が保険料を立て替えることができるのです。


毎月の支払保険料の口座引落が滞り、加入者の知らぬ間に保険の契約が失効していたという事態を回避することができます。


こちらも貸付である以上、加入者はいずれ返済する必要があります。




低解約返戻金型医療保険というもう一つの手

では、返戻金の金額よりも月々の保険料や保障を充実させる手はないのでしょうか。

そのようなお考えの方には、「低解約返戻金型医療保険」がおすすめです。

先ほど述べた保険会社が返戻金を準備する手間とコストを抑えることができます。


その分加入者は様々なメリットを受けることができます。


もちろんですが、通常の解約返戻金型にはないデメリットがあります。


この章では低解約返戻金型医療保険のメリットとデメリットについて解説します。


低解約返戻金型医療保険のメリット

低解約返戻金型医療保険の最大のメリットは保険料が安くなることです。

先ほども述べた通り、保険会社は返戻金のために準備金を積み立てる必要があります。

保険料が高くなるのはこの準備金があるからです。

したがって返戻金が低い分だけ保険料を安くすることができます。

一般的に通常の返戻金型医療保険に比べて月々の保険料がおよそ2,500円~8,000円程度安くなります。

できるだけ月々の出費を抑えたいと考える人には検討する価値があります。

解約返戻金はどのようになるのか?

低解約返戻金型医療保険は、解約する場合に全く解約返戻金が受け取れないことがあります。

例えば、以下のようなタイプがあります。

  • 保険期間すべてにおいて解約返戻金が出ない
  • 保険金を払っている間は解約返戻金が出ない
  • 保険金を全納済みであれば死亡保険金と同額の返戻金がある
  • 一般の解約返戻金型医療保険の30%程度の金額で返戻金がある
と、同じ低解約返戻金型でも様々です。

詳しくは契約する前にパンフレットや保険会社にて確認をされることをお勧めします。

医療保険の解約返戻金には基本的に非課税である

医療保険の解約返戻金を受け取った場合は、気になるのは課税対象になるかどうかですよね。

その計算方法は大きく2つに分かれます。

  • 加入契約者と保険料負担者が同一のケース

加入契約者と保険料を負担者が同一で、その方が解約返戻金を受け取る場合、「一時所得」として所得税・住民税の対象になります。


この計算方法は以下の通りです。


(解約返戻金-支払った保険料総額-特別控除額50万円)×1/2


そもそも、解約返戻金が支払った保険料総額を上回るケースは稀です。


したがって一時所得では非課税となると思われます。


  • 加入契約者と保険料負担者が異なるケース

例えば、加入契約者が妻・保険料負担者が夫で、妻が解約返戻金を受け取る場合があります。


これは夫から妻へ贈与があったとみなされ「贈与税」の対象になります。


この計算方法は以下の通りです。


(課税価格-基礎控除110万円)×税率-累進税率控除額


解約返戻金の他にも贈与されたものがあれば、それらも合算して計算することになります。




まとめ:医療保険の解約返戻金について

医療保険の解約返戻金について解説してきましたが、いかがでしょうか。


今回のこの記事のポイントは


  • 終身医療保険を中途解約すると解約返戻金と呼ばれるお金が戻ってくることがある
  • 保険会社は解約されたときのために返戻金を準備している
  • 保険料が割高になりインフレに弱いというデメリットがある
  • まとまったお金を手に入れる手段として使えるメリットがある
  • 返戻金を抑えることで保険料を安くすることができる
  • 返戻金は本人が受け取る場合はほぼ非課税になる
です。

解約返戻金は割に合わないかもしれませんが、ご自身でまとまった資金を作るのが苦手だという方には良い手助けになるかもしれません。

一方で、ご自身で他の金融商品などで管理する自信のある方には解約返戻金を抑えることも良さそうです。

いずれにせよ、医療終身保険の解約返戻金について十分な理解をすることで皆さんの保険との付き合い方を見直すきっかけになればよいと思います。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

この記事の監修者
谷川 昌平
東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。

ランキング

  • まだ間に合う!健康リスクが急上昇する定年からの医療保険の必要性
  • 「18歳の子供が医療保険には入るべきか否か」という問題について。
  • 20代で医療保険に加入することの是非とその必要性を考えること
  • 公務員の医療保険の必要性と人生設計を見据えた賢い選び方について
  • 独身男性に適しているのは、医療保険なの?それとも死亡保障保険?
  • 公的な保険が充実する日本で、民間の医療保険の必要性を解説します
  • 医療保険は条件によっては加入する必要なしという可能性もあります
  • 医療保険が必要な人ってどんな人?その特徴や必要な理由を徹底解説!
  • 自分にとって保険の優先順位を見極めて医療保険を選びましょう
  • 学生でも医療保険を理解すべき?学生のための総合共済を知ろう
  • 医療保険は子供にとって必要なの?様々な方面での補助を確認しよう
  • 民間の医療保険のメリットは一体何!?わかりやすく解説します!
  • 新入社員に医療保険ってホントに必要?みんなはどうしてるの?
  • 収入が比較的少ない主婦でも医療保険は必要になるのかをチェック
  • まずは母子家庭で医療保険が必要かどうかについて考えてみよう
  • 医療保険に加入する際女性特約は必要なのかじっくり考えてみましょう
  • 女性なら気になる医療保険の女性特約について徹底解説!女性特約とは
  • 専業主婦も医療保険に入る必要性ある?オススメの保険プランを解説!
  • 独身女性が医療保険に加入するメリットを詳細に解説します!!
  • 医療保険って独身男性、女性に必要なもの?選び方のポイントとコツ
  • 民間の医療保険でも不妊治療が保障可能に!特徴と注意点を徹底解説!
  • 全労済の共済と医療保険の女性特約を比較してみると違いがわかる
  • 20代女性の方必見!リスクの高い病気と女性のための医療保険の選び方
  • 医療保険で後悔したくない。自分に合った医療保険の選び方のポイント
  • 医療保険の加入申込時と保険金請求時に必要な書類と注意点を把握する
  • 医療保険の賢い選び方とは?2つのタイプの医療保険を徹底比較!