乳房の腫れは炎症性乳がんのサイン?きちんと知りたい炎症性乳がん

炎症性乳がんという病気をご存知ですか?一般的な乳がんよりも進行が速いのでとても恐ろしい病気です。炎症性乳がんについて、初期症状や治療法などを詳しくご紹介します。また、がんと診断されたときの保険についても併せてご紹介します。

内容をまとめると

  • 炎症性乳がんは急激に進行するので初期症状を見逃さないことが大切
  • 乳腺炎と症状が似ているので間違えないように注意が必要
  • 治療法は抗がん剤治療など化学療法がメインとなる
  • 生存率は以前より上がっているので焦らず前向きに治療することが大切
  • 病気を抱えていても加入できる保険もある
  • 出産や女性特有の病気に関するお金のことで少しでも不安や疑問があるならマネーキャリアのFP相談を利用するのがおすすめ!
  • マネーキャリアなら何度でも無料で、スマホ1つで気軽に予約から相談が可能!相談場所も47都道府県対応可能!
  • マネーキャリア顧客満足度93%だから安心して利用できる!
 マネーキャリアについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

炎症性乳がん一般的な乳がんよりも進行が早いって本当?


女性なら気になる乳がんですが、そのなかでも炎症性乳がんという病気をご存知ですか?普通の乳がんとどう違うの?完治するの?と心配に思われる人もたくさんいらっしゃると思います。


炎症乳がんは、発症率は低いものの進行のペースが速い怖い病気です。


そこでこの記事では炎症性乳がんについて、

  • どんな病気なの?
  • 治療法は?
  • 保険はどうすればいいの?

という順に詳しくご紹介していきます。


最後までご覧いただき、病気の早期発見に繋げていただければと思います。

妊娠中の疾患・女性特有の病名一覧

炎症性乳がんとはどんな病気?他の病気と間違えやすい?


バランスの取れた食生活や適度な運動などで健康に気遣ったり、定期的なセルフチェック乳がん検診をして早期発見に努めたりする人でも、炎症性乳がんは聞きなれない病名なのでご存じない人もあるかもしれません。


炎症性乳がんは乳がんのなかでも珍しい病気ですが、病状の進行が速く、がん細胞の増殖が一気に進んでしまうやっかいな病気です。


ここからは、

  • 炎症性乳がんの特徴
  • 乳腺炎と似ている?

という順に詳しくご紹介します。


もし疑わしい症状があれば、婦人科を早めに受診されることをおすすめします。

一般的な乳がんと炎症性乳がんとの違い

炎症性乳がんは、進行が速く、数週間から数カ月の間で急激にステージが進んでしまうとても怖い病気です。


発症する人は稀ですが、若年層で発症するケースも多く、最近は罹患率が上がる傾向にあるためこの病気について詳しく知っておくとよいでしょう。


炎症性乳がんの初期症状としては、

  • 乳房に痛みがあり、熱を持つようになる
  • 乳房全体が赤く腫れ、オレンジの皮のような皮膚になる
  • 急に乳房が大きく厚くなり、見た目が変化する
  • 脇の下、鎖骨周辺のリンパ節が腫れる
  • 乳頭がへこんでくる
などが挙げられます。

炎症性乳がんはしこりができないため、セルフチェックやマンモグラフィーでは見つけにくい病気です。そのため、上記のような症状があればすぐに専門医に診てもらいましょう。

乳腺炎と間違えられることも多い

ところで、乳腺炎という病気はご存知ですか。 


乳腺炎の症状としては、

  • 乳房に強い痛みがある
  • 乳房が硬くなる
  • 乳房が赤く腫れる
  • 発熱がある

などが挙げられます。


これらの症状は先ほどご紹介した炎症性乳がんと似ています。


そのため炎症性乳がんを患っていても乳腺炎と勘違いしてしまうことがありますので注意が必要です。


乳房に普段と違う様子が見られたら、病名を自分で判断せずに早めに病院を受診することをおすすめします。

炎症性乳がんの治療法は?お金は沢山かかる?


ご紹介してきたように、炎症性乳がんは病状が急激に悪化してしまう恐ろしい病気なので、もし病気が判明したら1日でも早く治療に繋げたいですね。


けれど、いざ治療となるとどんな方法で治療するかだけでなく、具体的に費用がどれくらいかかってくるかも気にかかります。


そこでここからは、炎症性乳がんの

  • 治療法
  • 生存率
  • 治療費

についてご紹介します。


病気についての知識をしっかりと持って、治療に専念できるといいですね。

炎症性乳がんの治療法は主に3つ

抗がん剤治療

炎症性乳がんの治療は、まず抗がん剤治療から始まります。この病気は進行がとても速いため、1日でも早い治療が望ましいと言えます。


全身にあるリンパ管などを通して急速に広がる可能性のあるがんに対して、薬で攻撃する治療法です。がん細胞を攻撃するだけでなく、正常な細胞も同じように攻撃してしまうため、嘔吐や食欲の低下、口内炎、下痢などさまざまな副作用を伴います。

手術

炎症性乳がんは、乳房の広い範囲に広がっていることが多いため、乳房の全摘切除術が行われます。手術が行われるかどうかは抗がん剤治療の効果などによります。

放射線治療

手術の後、再発予防とがん細胞による骨の痛みを和らげる目的で行われます。

主な治療方法は以上の3つになりますが、まずは抗がん剤治療をしっかりと行うことが大切です。副作用はつらいですが、医師と相談しながら前向きに取り組みましょう。

炎症性乳がんは完治する?余命や生存率は?

炎症性乳がんは、乳房の皮膚内のリンパ管ががん細胞で詰まってしまう病気です。そのため、リンパ液と通して全身にがん細胞が広がってしまうことがあります。


そのため、炎症性乳がんは病状の進行が速くなってしまうのです。


悪性度の高い炎症性乳がんの生存率は低くく、以前は5年生存率は17%しかありませんでした。


しかし、徐々に抗がん剤治療などの化学療法を用いた治療法が進化してきていて、最近では生存率は5年生存率は50%にまでなっています。


がんはステージが進行するにつれて状況は厳しいものとなります。とは言え、生活習慣や食生活を改善しするなどして、ステージ4のがんを克服して元気に暮らしている人もたくさんあります。


抗がん剤治療は副作用を伴うため、身体だけではなく精神的にも辛いものですが、希望を持って前向きに病と向き合っていけるといいですね。

入院や治療は長く時間もお金もかかることも

先ほどご紹介したように、炎症性乳がんの治療は抗がん剤治療が主流となっています。抗がん剤治療は、抗がん剤の投与を数週間に1回行い、これを何度か繰り返します。


炎症性乳がんの場合、6回以上抗がん剤治療が行われることが多いようです。


抗がん剤治療は薬によって治療費に幅がありますがいずれにせよ高額となります。高額医療費制度を利用することで、負担を減らすことができます。


しかし、高額療養費制度を利用したとしてもその負担額は大きいものです。負担額は収入にもよりますが、年収370万円未満の世帯なら1ヵ月57,600円、住民税非課税世帯でも24,600円となっています。(厚生労働省「高額療養費を利用される皆様へ」参照)


炎症性乳がんでは治療が長期にわたるため、負担金額はどうしてもかさんでしまいます。


そんなときには医療保険やがん保険に加入しておくと、入院給付金やがん診断給付金などがもらえるので安心ですね。

乳がんになったことがあっても入れる保険が知りたい!

炎症性乳がんなど、万が一病気にかかってしまったときは保険に加入していると入院費や手術費の保障があって助かります。


けれど、医療保険に加入していなかった人ががんになってしまったらどうすればよいのでしょうか。


通常、保険に加入するときには健康状態を申告する必要があります。そのため、がんなどの病気抱えている人が保険に加入することはとても難しいと言えます。


けれど、

  • 引受基準緩和型保険
  • 無選択型保険

なら、告知項目が少なかったり、告知事項がなかったりするためがんの人でも加入できるかもしれません。


引受基準緩和型保険や無選択型保険にについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

炎症性乳がんは怖い病気!しっかり備えて憂いなし!

ここまで炎症性乳がんについてご紹介してきましたがいかがでしたか?


この記事の内容をまとめると、

  • 炎症性乳がんは急激に進行するので初期症状を見逃さないことが大切。乳腺炎と症状が似ているので間違えないように注意が必要。
  • 治療法は抗がん剤治療など化学療法がメインとなる。生存率は以前より上がっているので焦らず前向きに治療することが大切。
  • 病気を抱えていても加入できる保険もある。
でした。


乳がんのなかでも進行が速い炎症性乳がんは恐ろしい病気です。初期症状にいち早く気づいて、少しでも早く治療に入ることが大切です。


病はいつ襲ってくるかわかりません。万が一に備え、保険加入などできることをひとつひとつ準備しておきたいですね。


ほけんROOMでは他にも読んでおきたい女性保険に関する記事を多数掲載しています、ぜひご覧ください。

ランキング