チョコレート嚢胞でも保険に加入できる?手術代などは保険適用される?

チョコレート嚢胞でも保険に加入できる?手術代などは保険適用される?-サムネイル画像

チョコレート嚢胞になると保険に加入しづらくなります。しかし、そんな形でも引受基準緩和型や無選択型の保険なら入ることができます。しかし、そのような保険は一般の保険に比べてデメリットも多いです。記事ではチョコレート嚢胞になった方に役立つ保険の知識を掲載しています。

内容をまとめると

  • チョコレート嚢胞がある場合は、一般の保険には加入しにくくなる可能性が高い
  • チョコレート嚢胞がある場合には、引受緩和型保険無選択型の保険に加入することができる
  • チョコレート嚢胞を手術した場合には目安として20~30万円の治療費が必要となる 
  • 万が一に備えて女性に特化した保険に加入しておくことがおすすめ
  • どんなに些細なことでも保険に関して不安や疑問があるならマネーキャリアの保険相談を利用するのがおすすめ!
  • マネーキャリアなら何度でも無料で、スマホ1つで気軽に予約から相談が可能!相談場所も47都道府県対応可能!
  • マネーキャリア顧客満足度93%だから安心して気軽に利用できる!

チョコレート嚢胞でも保険に加入できる?


医療保険への加入を検討するとき、持病や手術歴があると保険に加入できるのかと心配になる人は多いと思います。


そのなかでも女性特有の病気である「チョコレート嚢胞」と診断されている人は保険に加入することができるのでしょうか。


そこで、今回はチョコレート嚢胞がある人が保険に加入できるのかについて、

  • チョコレート嚢胞でも加入できる保険
  • チョコレート嚢胞の症状や治療費
以上のことを詳しく解説します。


チョコレート嚢胞があり保険への加入を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

妊娠中の疾患・女性特有の病名一覧

チョコレート嚢胞(卵巣子宮内膜症性嚢胞)とはどのような病気?

チョコレート嚢胞は、卵巣子宮内膜症性嚢胞とも呼ばれ、本来、子宮の内側にあるはずの子宮内膜が、卵巣に発生することで起きる子宮内膜症の一つになっています。


嚢胞とは液体などの内容物を含んだ袋状の病巣のことです。卵巣のなかにチョコレートのような古い血液が溜まった嚢胞ができることから、「チョコレート嚢胞」と呼ばれています。


子宮内膜症は良性の場合が大きいですが、月経痛がひどい場合や癒着を起こす場合もありますので、受診が必要です。


また、不妊症の原因になることもあります。

チョコレート嚢胞の症状は?

チョコレート嚢胞の主な症状はひどい月経痛です。


チョコレート嚢胞患者さんのうちの90%の患者さんは月経痛を訴え、月経のたびにだんだん悪化していくことが特徴です。


月経期以外にも

  • 腹痛
  • 腰痛
  • 排便痛
  • 性交痛

などを日常的にきたします。


卵巣に発生した内膜症(チョコレート嚢胞)はしばしば破裂して急性腹症を呈すこともあります。


合併症や他の病気、様々な不調をきたす病気ですので、早めの発見と治療が必要です。

チョコレート嚢胞の治療方法・治療期間は?

チョコレート嚢胞の治療法は主に

  • 対症療法
  • ホルモン治療
  • 手術療法
になります。

対症療法は痛みに対して薬を処方します。

ホルモン療法は内膜症組織の増殖を抑え、痛みなどの症状の改善に対して行われます。内膜症組織の増殖を抑えることで病気の進行を遅らせることができます。

また、ほとんどの場合には手術療法が行われます。
手術を行う場合には、妊娠を希望するかどうかで手術の方法が変わり、妊娠を希望する場合には正常な部分の卵巣は温存しておきます。

妊娠を希望している場合、術後に70%の患者さんが自然妊娠すると言われています。

チョコレート嚢胞になると条件付きの保険しか加入できない可能性大!

一般的に持病や手術歴などがあると保険に加入しにくくなったり、加入する際に条件が付けられる場合があります。


それはチョコレート嚢胞も同じで、チョコレート嚢胞と診断された場合に条件付きの保険にしか加入できなくなる可能性が大きいです。


チョコレート嚢胞と診断された人が加入できる保険は、

  1. 引受基準緩和型
  2. 無選択型
の保険となります。


それぞれどのような保険で一般的な保険とどういったところが違うのかを詳しく解説しましょう。

加入できる保険①引受基準緩和型

引受基準緩和型の保険とは、持病や手術歴がある人でも加入しやすいように引受基準を緩和させた保険のことを言います。


引受基準が緩和されているので、

  • 一定の期間内に医者から入院を手術を勧められたか
  • 一定の期間内に入院や手術をしたか
  • 一定期間内にがんや心疾患、脳疾患などの診察や投薬を受けたか
などのいくつかの質問事項が全て「いいえ」に該当すると保険に加入することができます。


保障内容は一般的な保険と同じく病気やケガで入院・手術した際には入院保障金などが支払われますが、引受基準が緩和されていることから保険料が少し高く設定されています。


引受基準緩和型の保険はこれから発症した病気やケガはもちろんのこと、既往症や持病が悪化したときにも条件を満たせば保障対象となるので安心です。

加入できる保険②無選択型

無選択型の保険もチョコレート嚢胞がある人でも加入することができます。無選択型の保険は健康状態の告知や医師の診察が無くても加入できる保険のことを言います。


既往歴や年齢制限を理由として一般の医療保険や生命保険に加入できなかった人を対象としており、一般の保険と比べると保険料は高く保障金の上限額が低く設定されている商品がほとんどです。


商品によって異なりますが、保険料は終身払いで加入できる年齢の下限が高く設定されているのが一般的です。


また、無選択型の保険は一般の保険と比べると免責事由の範囲が広いため、加入するときにはしっかりと確認しておくことをおすすめします

チョコレート嚢胞でも加入できる保険を探したい方へ

チョコレート嚢胞・子宮内膜症があると保険に加入できないのかな?


と不安な方もおられるのではないでしょうか。


しかし、引受基準緩和型保険や無選択型保険、条件付きの保険であれば加入することができます。


どの保険が1番条件よく加入できるのかについては、なかなか1人で比較することは難しいですよね。


そんな時には、複数社の保険が比較できる、無料保険相談がおすすめです。


保険に関しては一人で考えるよりも、知識豊富な保険のプロと相談することが良い場合も多くあります。

後悔しない保険選び・見直しのためにマネーキャリアでは丁寧な保険相談を実施しております。 


 マネーキャリアの無料保険相談は簡単に予約が可能ですので、是非ご利用ください。以下のボタンから申し込みができます。

チョコレート嚢胞は告知義務?告知義務違反とは?

チョコレート嚢胞がある場合や、チョコレート嚢胞で通院中・手術歴があることは告知しなければなりません。


告知というと不利になるイメージをお持ちかもしれませんが、より詳細に告知することで、より良い保険に加入できる場合もありますので、隠さずに事実を述べることが重要です。


告知を怠った場合には告知義務違反に該当します。


告知義務違反になってしまった場合は、給付金・保険金が降りなかったり、今後の加入に支障が出たりします。


これで大丈夫かな?と不安な方は、保険のプロと一緒に加入手続きしてみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょう。


記事の内容をまとめると

  • チョコレート嚢胞は悪化する場合があるので治療が必要
  • 引受基準緩和型・無選択型・条件付きなどの保険には加入しやすい
  • 告知を怠ると告知義務違反になる
でした。


ほけんROOMでは他にも女性保険に関わる記事を数多く掲載していますので、是非ご覧ください。

ランキング