女性保険ALL

女性保険の選び方

女性保険にはどんな人が入れる?加入条件についての詳細は?

女性保険にも加入条件はあります。第一に女性であり、妊娠をしていないかしていてもまだ日数が浅い人が対象です。加入条件としては、他にも女性保険ならではの決まりがあります。年齢などの制限があるところもあるため、事前に確認しておきましょう。

女性保険の加入条件、第一に考えるのは女性であること

まず、ごく当たり前のこととして、女性保険はそもそも女性しか入ることが出来ません。 


これは女性ならではの乳房や子宮などの病気に備えたり、出産時の異常分娩や帝王切開などの妊娠・出産に関わることに備えるという目的があるためです。


男性は加入することが出来ないか、加入しても意味がないでしょう。



そもそも女性保険の役割とは

そもそも、女性保険の役割とは女性特有の病気や女性のライフイベントである妊娠・出産に備えることをメインとしています。


このため、男性には全く関係がないか、ほぼ関係がありませんよね。 


もし男性が嫁や身近な家族のためにというのなら、その人を被保険者した女性保険に加入すればよいのです。

女性保険の性別、性転換者はどうなる?

女性保険に加入する場合、他にもいろいろな可能性がありますね。


 その1つが性転換を行って男性から女性になった人、その逆で女性から男性になった人、性同一性障害など、これまで女性だった人、これから女性になる人などがいます。 


このような人の場合、その女性保険ごとに違います。


なお、性転換による各種病気や性転換手術の部分は保証対象外となるようです。

保険の無料相談はほけんROOM相談室で!
経験豊富なほけんROOMのファイナンシャルプランナーが在籍。

経験豊富なほけんROOMのファイナンシャルプランナーが在籍。 全国47都道府県、お近くのカフェやファミレス、ご自宅など希望の場所・時間に相談できます。 アフターフォローは何度でも無料、納得できるまで相談できるので、安心!

女性保険の加入条件として、もうひとつは年齢が重視される

もうひとつの女性保険の加入条件としては、年齢も忘れられないポイントですね。 


年齢が一定以下だったり、年齢が一定以上の場合、残念ながら女性保険には加入できません。


ただ、この条件はかなりゆるく、基本的に普通に働く人、妊娠適齢期の人などはだいたい大丈夫になっています。

女性保険の加入条件、年齢の下限は?

女性保険にもよりますが、加入条件としてだいたいは18歳か20歳を下限としています。


このため、働いて自分でお金を稼いでいる人、妊娠適齢期の人には問題はありません。


 それより下はこども保険などで賄うことが多いようです。中高生でも婦人病にかからないわけではありませんが、この場合はこども保険で十分でしょう。

年齢の上限は60歳と80歳が目安

上の方については終身ならばずっと保障が続きますが、定期保険なら加入条件に年齢の上限があることもあります。 


定期保険の場合、だいたい10年か25年、もしくは60歳まで・80歳までなどの条件があります。


この条件の範囲内なら加入できますが、それよりも年齢が高くなると難しいでしょう。

すぐに保険相談したい方はコチラ

女性保険への加入条件の1つは妊娠をしていないか、妊娠でも日が浅いこと

そして、女性ならではの条件としては、妊娠していないことか、妊娠していても一定期間未満だということです。


実は妊娠してそれなりに時間が経つと、女性保険の加入条件に引っかかることがあるのです。


子供が欲しい人、子供が出来た人はできるだけ早く加入したほうが良いでしょう。

女性保険には妊娠していないことも加入条件

女性保険の加入条件の1つに、妊娠していないことを上げているところもあります。 


これは妊娠していると、その後の出産時のトラブル時に保険料を支払わなくてはならないため、妊娠していることが発覚した時点で加入できないというものです。


あるいは、妊娠していると保険料が高額になる場合もあります。

妊娠していても加入できる女性保険もある

また、妊娠が発覚した後にも女性保険に入れる場合があります。 


これは加入条件はそれぞれの保険によっても違いますが、例えば妊娠して20週以内に加入するとか、37週以内に加入するなどの条件があります。


妊娠してすぐでも加入できる場合は多いのですが、その場合は「特定部位の不担保」に関わることが多いでしょう。

女性保険で「特定部位の不担保」というのは何?

女性保険に妊娠後に加入すると、保障内容として「特定部位の不担保」というのがついてくることがあります。


これは、女性保険の加入時の告知の結果、その特定の部位において保障できないと保険会社が判断したことを意味しています。


告知では、「過去5年以内に妊娠・分娩に伴なう異常で、入院したり手術を受けたことがありますか?(帝王切開を含みます)」などが聞かれ、仮に受けたことがある場合、他の女性よりも再手術を受ける可能性が高いと判断されるというわけです。


つまり、妊娠・出産時にトラブルに成る可能性が高い子宮・卵巣などを保障から外すというものです。


妊娠・出産時にトラブルになりやすい部位は保証外ということですので、その点は注意しましょう。


なお、告知で嘘をつくと、告知義務違反となり、保障できないことや契約解除となるというペナルティを受けることもあるので、告知義務違反には注意しましょう。

「特定部位の不担保」も補償してほしい場合

とはいえ、この「特定部位の不担保」というのは不都合な場合も多いでしょう。


せっかく妊娠したしそれに備えたい、というのなら、加入条件が少々ゆるい引受基準緩和型の女性保険を探すのも方法です。 


ただし、こういった保険は加入条件がゆるい分、保障内容が手薄だったり、保険料が高額になる傾向があります。

「特定部位の不担保」を避けて加入するなら

こういった「特定部位の不担保」を避けて加入するためには、いくつかのコツがあります。 


1つは加入条件で妊娠の有無を問わない保険を探すことです。


たしかに少々保険料は高額ですが、そこは仕方ありません。 


もうひとつは加入条件にあっても、妊娠前に女性保険に加入することでしょう。

まとめ

女性保険の加入条件は、一般的な医療保険の加入条件とも似ています。


ただ、それよりも女性特有の加入条件もあり、加入条件としては少々厳しいものがあります。 


ただ、大体の人は問題なく加入できるのではないでしょうか。


女性特有の病気に備えるのですから、できるだけ早く加入しておくのがオススメです。


加入条件に引っかかる前に保険契約を済ませておきましょう。

ランキング