女性保険では流産も給付の対象?後悔しない女性保険の選び方を解説!

女性保険は、乳ガンや子宮ガン卵巣機能障害など以外にも切迫流産や切迫早産、流産、妊娠高血圧症候群、妊娠中毒症、流産などの妊娠や出産に伴う女性特定疾病なども、給付の対象となります。近年女性特定疾病の患者数も増加していますから、女性保険は必要とされています。

医療保険やガン保険と流産が保障される女性保険との違いとは?

現在、さまざまな種類の医療保険が発売されており、その中でも、女性をターゲットにした、いわゆる「女性保険」と呼ばれる商品の注目度は高くなっています。


そのような中、「女性保険には興味があるけれど、普通の医療保険と具体的にどう違うの?」「女性保険を選ぶ場合のポイントは何?」と言った疑問をお持ちの方も多いはず。


そこで、この記事では


  • 女性保険の特徴や医療保険との違いはどんなところ?
  • 女性保険で保障してくれる、女性特有の病気ってどんなもの?
  • 女性保険に加入するのなら、最適なタイミングはいつ?

について解説していきます。

この記事を最後まで読んでいただくと、「女性保険の基本的な情報」や「加入のタイミング」についてご理解いただけると思います。

ぜひ、最後までお付き合いください。

女性保険の仕組みとは

女性保険の内容は、基本的な医療保険に女性特有の病気に手厚い保障をする特約がセットになったものです。 


女性保険という名称から、まったく違った保険のように思ってしまいますが、女性特有の病気だけではなく一般の病気やケガにおける入院や手術についても保障してくれます。


さらに、女性特有の病気には、手厚い保障がつくといった商品の仕組みになっています。

通常の医療保険との違い

女性特有の病気は、通常の医療保険では保障されないと思っている人も多いかもしれませんが、ほとんどの医療保険においても、女性特有の病気は保障の対象となっています。


ただ、女性保険は女性に限られた病気に対してさらに手厚く保障を受けることができ、帝王切開や切迫流産、切迫早産、流産、早産などにおける入院や手術も保障の対象となります。


このように、女性に特有の事象に関する補償が手厚いところが、通常の医療保険との違いといえます。

子宮ガンや乳ガン、流産、などを保障してくれる女性保険の必要性

通常の医療保険でも、女性特有の病気のほとんどは保障の対象となっています。


それでも女性特有の病気や流産、帝王切開の手術等を手厚く保障する女性保険は、次々と誕生しています。


 その理由として、乳ガンや子宮ガンで亡くなる女性の数が近年上昇傾向にあり、女性特有の病気のリスクに備えたいというニーズが高まっていることが考えられます。

若い世代にもリスクのある病気

ガンというと、高齢者がかかる病気というイメージがあるかもしれませんが、乳ガンや子宮ガンなどの女性特有のガンは、若い頃からリスクのある病気である事がわかっています。


そういった意味からも、早い段階から加入しておくことで、万が一病気を発症した場合でも、手厚い保障を受けることができ、治療も安心して受けることができるというメリットがあります。

流産や早産、帝王切開も対象となる

女性保険というのは、病気だけではなく重度のつわりや切迫流産、切迫早産、流産、早産などで入院したり、帝王切開で出産した場合などでも保障の対象となります。 


4人に1人が帝王切開で出産するといわれていいる現代ですから、あらかじめ女性保険に加入していれば、手厚い保険金を受け取ることができ、経済的な負担を軽減することができます。

帝王切開や流産も保障される女性保険の損をしない選び方

女性保険というのは、必ずしもすべての女性が加入すればいいというものではありませんが、妊娠や出産を控えている女性は、特におすすめの保険といえます。 


自然分娩は給付の対象外となりますが、帝王切開や切迫流産、切迫早産、流産、早産などで手術や入院が必要になった場合には、給付の対象となりますから安心です。

女性保険で注目するポイントとは

女性保険を検討する際に、注目すべきポイントというものがいくつかあります。


女性疾病入院特約に関しては、各保険会社によって保障される範囲が大きく異なりますから、事前にどこまでが保障の範囲となっているのかを確認しておくことも重要なポイントの一つです。


また、がんに対する保障ががん全般となっている場合には、乳ガンや子宮ガンだけではなく、肺ガンや胃ガンなどの保障の対象となりますから、トータルで自分にあった保険をえらぶことが大切です。

女性保険に加入する最適な時期

女性保険というのは、妊娠や出産を考えている場合、事前に加入しておくことが大切です。 


妊娠中というのは、身体的にも変化がありトラブルも起こりやすい時期ですから女性保険に加入しにくくなってしまいますし、実際に妊娠してからの週数によっては加入を断られることもあります。


また、加入できたとしても不担保部位と呼ばれる特別な条件がつくこともあり、出産において受けたい保障を受けられない可能性がでてくる場合もあります。

就職や結婚のタイミングがおすすめ

女性保険加入のおすすめなタイミングの一つとして、就職や結婚のタイミングがあげられます。


就職して自分の給与から保険料を支払うようにする場合など、内容をきちんと見直したり、女性保険に新たに加入する事を検討するなど、良いタイミングとなります。


特に、結婚後に出産を考えている場合には、病気だけではなく、流産や早産、重度のつわり、妊娠中毒症、帝王切開なども保障してくれますから、女性保険に加入していれば安心です。


妊娠中に加入しても帝王切開の保障を受けることができませんから、妊娠前に加入・検討時期を見極めることが大切です。

女性保険を選ぶポイント

女性保険を選ぶにあたって、最も重要視したいのが、その補償内容の充実度ではないでしょうか?


女性特有の病気になった場合には、保障の範囲が保険会社によって異なりますから、どの病気を保障してくれるのかが、保険を選ぶうえで重要なポイントの一つとなります。 


女性保険の中には、決められた期間の中で給付金の請求がない場合健康ボーナスが支給されるものがあったり、退院後の通院保障の有無など、商品によって異なりますから、よく調べて検討してみましょう。

稽留流産の掻爬手術も保険金がおりる

稽留流産(けいりゅうりゅうざん)とは、お腹の中で胎児が死亡していて、子宮にとどまっているタイプの流産をいいます。


稽留流産と診断された場合、自然に排出されるのを待つか、手術のどちらかの選択がありますが、一般的に手術が推奨されています。 


稽留流産において、子宮の中をきれいにする掻爬手術(そうはしゅじゅつ)は、人工妊娠中絶とはちがい、治療行為となりますから、健康保険が適用されることになります。


ですので、稽留流産で手術を受けた場合、医療保険や女性保険においても保険金が支払われることになります。

まとめ:女性保険は流産も給付対象

ここまで、「女性保険の特徴と、加入のポイント」をテーマに解説してきましたが、いかがでしたか?


この記事のポイントは、


  • 女性保険は医療保険の保障以上に、女性特有の病気や妊娠・出産に対して手厚い保障を得られる保険である
  • 女性保険の補償は、女性特有の病気だけでなく、帝王切開や流産・早産などにおける入院等も保障してくれる
  • 女性保険に加入するなら、就職や結婚するときが最適なタイミングといえる

でした。

女性は男性と違い、特有の病気というものが多数存在しますし、妊娠・出産といった大きなイベントもあります。

そんなときに頼りになる保険が、女性保険ではないでしょうか?

女性保険は、そのニードの高さも相まって、さまざまな特徴を持った保険が発売されています。

それぞれの特徴と、自分のもとめる保障のバランスを考え、安心できる保険を選びたいものですね。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。


ランキング