女性保険ALL

女性保険の選び方

普通の妊娠出産では保険が下りず異常分娩で保険が適用されるケースも

妊娠出産というのは病気ではないため、入院しても医療保険は適用されないのが普通です。しかし異常分娩であったり、妊娠中何かのトラブルがあるような時であれば医療保険なども適用されることがほとんどです。また異常分娩と認められるには医師の診断書も必要になります。

あなたの保険、本当に必要?損していませんか?

みなさんが人生一度は加入する保険。保険を必要とする人は多いですが、正しい保険の知識がないと誤った選択をしてしまい損をしてしまうことがあります。


そんな方にはほけんROOM相談室がおすすめです。


今の保険がなんとなく不安な方や将来の保障について心配な方もお気軽に『無料で』ご相談いただけます。保険のプロがお近くのカフェやレストランに向かいます。


全国対応!経験豊富な家計と保険の専門家ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談してみませんか?



異常分娩だけでなく妊娠中のトラブルも保険適用されることがある

妊娠中急に異常があり帝王切開などの手術に切り替える場合や、吸引などが必要になった時は自然分娩よりも回復が遅くなったり、母体の状態によっては入院が長引くケースもあります。


こういった時は妊娠出産による入院でも医療保険が適用され、病気と同じような扱いになる場合もあります。

早産の危険による入院

普通の生活を行っていたとしても何らかのきっかけで赤ちゃんが下におりすぎてしまって、出産予定日にはまだ早いのに産まれそうになってしまうことというのもあるものです。


このような切迫早産の危険が出てきて入院する場合も異常分娩になる可能性があり保険適用されることもあります。

切迫流産の場合も適用

母体が無理をしすぎたり、妊娠中何らの異常があった時は切迫早産の危険性というのも出てくるものです。妊娠して安定期になっていれば流産してしまう危険も少なくなりますが、高齢出産であったりすると流産のリスクは完全になくなることはないので、万が一に備えて医療保険も加入しておくと入院時安心できます。



無事出産に至らなかった時も異常分娩とみなされ保険適用されることも

異常分娩としてみなされ保険が適用されるケースには、出産にいたらなかった場合もあります。


子宮外妊娠や死産などは、いずれも妊娠はしたものの、無事出産することができなかったケースです。こういった場合も異常分娩として保険が支払われることがあるので、保険内容を見てみましょう。

女性特有の子宮外妊娠

子宮外妊娠は、妊娠しているので妊娠検査薬などでもきちんと妊娠の反応は出るものの、子宮外ではそのまま妊娠を継続していくことができないので、妊娠した子供を諦めなければいけないものです。


そういった継続できない妊娠の場合も異常分娩として保険の対象になることが多いでしょう。

死産で出産した場合も異常分娩

妊娠中、異常なく過ごしていたのにある日突然胎児がお腹の中で死んでしまったり、胎動がなくなって、そのまま妊娠を継続できず死産として出産に挑まなければいけないということもあります。


病院で人工的に陣痛を起こしたりする必要もあり、こうした死産による分娩も異常分娩のひとつになります。

異常分娩でも保険が適用されない場合も知っておくことが大事

異常分娩として該当するケースであれば保険が適用されることがほとんどですが、それでも医師の診断書などの必要書類がなければ保険は支払われません。


また、医師の診断書も自分から病院に請求しなければなりませんし、待っているだけでは支払われるようなこともないので自分から請求するための行動を起こしましょう。

何が適用になるのかも調べておく

異常分娩で保険が適用されるのは出産時に異常があった場合のみなのだと勝手に思っている人もいますが、そうではなく妊娠に関するトラブルで適用されることも多いので、保険を受け取れる場合にはどんなことがあるのかを自分で調べておくと良いでしょう。


妊娠中のトラブルの種類もしっておくと勉強になるでしょう。

医師が異常分娩だと認めない場合

異常分娩は通常であれば保険の適用になりますが、医師が異常分娩だと認めないような場合は保険が支払われないので注意です。


保険の適用には医師の診断書が必要になりますから、自身が異常分娩だと思っていても病院での医師の見解で異常分娩だとみなされなければ異常分娩としての保険請求もできないので注意です。

破水関係も場合によっては異常分娩に

出産は破水とともに始まることが多いですが、破水も異常性が見られるものであれば異常分娩ということになります。


出産予定日よりも明らかに早い早期破水であったり、前期破水の場合は保険が適用されることもあります。


破水自体は異常ではないですが、破水のはじまりが普通でない時は保険の適用になることもあります。

破水についても医師の診断を

破水も一気に大量の水が出てくるようなこともあれば、最初は少ししか出てこず自分でも尿漏れなのか破水なのかわからないことがあります。


そのため、医師の診断を受け、異常に始まった破水であるかの確認もしましょう。破水して陣痛がこないこで異常分娩になるということもあるので注意です。

異常分娩は出産中になることも

自然分娩の予定で病院に運び込まれたのに、出産がうまくいかないことで途中から異常分娩になってしまうこともあります。


そのため、妊娠中順調だったから自分は関係ないということではなく、いつでも異常分娩になる可能性はあるということで保険についても理解を深めておきましょう。

まとめ

出産は医学が発達した今でも命がけになることがあります。


それくらい大変なことでもあるので、万が一の時に金銭面で苦労しないようにするためにも、異常分娩時にも対応になる保険というのに加入しておくと良いでしょう。


入院期間が長くなっても安心して病院にいることができますし、異常分娩であっても保険があることで心強く感じれることもあるものです。

ランキング