女性保険ALL

女性保険の選び方

20代の女性が、女性保険に加入するのに必要な知識について説明します

20代の女性が女性保険に加入するのに、必要な知識はどのようなものがあるのでしょうか。女性の特有の病気は種類が多くあります。女性保険も進化しています。20代女性では、加入するには経済的な負担もあると思います。何が必要なのか、きちんと理解をしましょう。

20代で女性保険に入ったほうが安心だと聞いたので調べてみた

20代で女性保険に入ったほうが安心だと言われました。

なぜ安心なのでしょうか?


いくつかの考え方があります。

まず、若いうちであれば保険料は安くなります。これは定期保険でも終身保険でも、今回説明の対象となる女性保険でも同じことが言えます。


次にあげられるのが、女性特有の病気について、若年性での発症があるということです。

女性保険が一瞬すごい勢いで販売数を伸ばしたことがありました。

それは、女性のフリーアナウンサーが病気で亡くなられたときでした。


女性保険はいつから入ればよいのか、20代で入ることに無駄や遅いといったことはないのかを考えてみましょう。

女性保険に入るってピンとこないけれど、CMでも20代向けの保険を見るようになった

保険のCMが増えてきています。


保険はスーパーのチラシをみて、「にんじん買わなきゃ」みたいに、「保険入らなきゃ」とはなりにくい商品です。


でも、興味を持ってもらわないと購入しようという気持ちを持ってもらえません。

すこしでも興味を持っていただくために、有名人を使う、面白いフレーズをつかうなどを生命保険会社は行っています。


15秒から1分というCMの時間では、保険の商品を説明することはできませんので、内容についてはよくわからないままかもしれません。

ほけんROOMでは、完全無料の保険相談を行なっております。


相談からアフターフォローまで、何度でも無料、納得できるまで相談することできます。


全国対応!経験豊富な家計と保険の専門家ファイナンシャルプランナーに無料で保険相談してみませんか?

20代女性ならではの疾病はどんなものがあるのかを知ろう

女性ならではの疾病というのはどのようなものでしょうか。


とくに20代という女性に限っていった場合には、どのような病気があるのでしょうか。


たとえば、異常分娩というものがあります。帝王切開がどのくらいの頻度で行われているかをしると、必要性を感じることでしょう。


また、乳がんなどは20代、30代での発症があります。


女性特有の病気である、乳房、子宮に関連した病気は、20代、30代からでも発症するということを知っておきましょう。


また、がんという病気は、若年性であれば進行がはやくなる病気もあります。

女性特有の病気を20代で発生するケースも増えている

女性特有の病気を20代で発症するケースが増えています。


検査技術が進んだこともあり、以前は見つけることができなかった「がん」」も見つかるようになったこともあります。


また、発症が増えている理由としては、

  • 喫煙
  • 動物性脂肪の取りすぎ
  • 野菜・果物不足
  • 多量の飲酒
  • 運動不足

また、それ以外のもホルモンのバランスなどがあり、初潮を早く迎えた方は、影響を受けやすい可能性があります。


影響を受ける状態が若い時期から長く続く状態となるので、女性特有の病気が若年性として発症する可能性が高くなっています。

保険料が加入年齢によって変わるので、20代から女性保険に入るとよい

女性特有の病気が、若くして発症するリスクがあることを説明しました。

では女性保険は何歳くらいから加入するとよいのでしょうか。


生命保険は年齢によって異なることは説明しました。

つまり若い時期に加入するほうが保険料が安くなります。


つまり、20代の若い時期から加入すると「保険料」が安くすむので、その分保障を上げるなどができます。


また、実際に病気になってしまうと女性保険に加入できない、あるいは保険料に特別割増がつけられてしまうなどが発生する可能性があります。


生命保険や医療保険は、病気になる前の健康なとき、にしか加入できません。


健康な20代での加入をおすすめしたいところです。



ライフプラン、家族構成を踏まえて考えてみる

20代で結婚をされる方も多いと思います。

生命保険の保険金額の設定や、今後の資産の管理、家族構成のによりライフプランが作成できます。

ライフプランは生命保険に加入する上で、重要になります。


ライフプランとは以下のような例が考えられます。


20代

独身、会社に勤めていたときに自分の給料から支払いができる女性保険に加入する。

数年後、結婚をする。会社は辞めて専業主婦となる。

さらに数年後子供が生まれる。


30代

マイホームを手に入れることを考える。その頃に二人目の出産。

マイホームに引越し


40代

子供の進学。


こういった支出が多くなる年を設定し、いつまでにいくら、を検討します。

その中に、女性保険はどのように家計にかかわることになるか、を把握しましょう。





20代と30代、保険料にかなり差が出てくる

保険料ですが、20代と30代で保険料に差がでてきます。

女性保険は、女性特有の病気について手厚い保障を行うものです。

女性特有の病気の発症は、20代よりも30代、30代よりも40代で高くなっています。

生命保険会社の理屈ですが、発症リスクが高くなった年代では、保険料をあげなくてはなりません。

そうしないと、公平性が保てなくなります。


20代で加入できた保険が、30代では家計により加入できないということも起こります。

あるいは、すでに発症してしまっており、女性保険に加入できないことも起こります。


女性保険の加入を検討されるのであれば、できるだけ早く考えられたほうがよいでしょう。





不安な事や、わからない事はそのままにしないで必ず保険のプロに相談しよう

まず保険のプロに相談をしてみませんか。

保険のプロっていうと、どうしても保険を売りつけられる、というイメージがあります。

過去の販売方法の弊害なのかと思います。


でも最近は押し売りすると、苦情になりますので、まずは相談をしてください。

特に、女性保険は相談をするべき商品であると思っています。


その理由は、女性特有の病気が、名称も含めて非常に数が多いということがあげられます。


女性特有の病気として説明してきたものは、乳房や子宮に関する病気ですが、この種類が非常に多くなっています。


ある生命保険会社の「女性保険」で支払いができる病気、という一覧がありました。

A4の紙に細かい字でびっしり書かれています。その数は100を超えていました。


また、出産自体は保険金の請求対象とはなりませんが、異常分娩に関しては、保険金請求対象となります。

では、どのような異常分娩ならば保険金の請求対象となるのか、を確認していますか?


じつは、女性保険は意外と知らないことが多い保険なんです。

特に対象となる病気については。


せっかく加入する保険なのに、自分が思っていた通りではなかった、っていう残念なことにはなりたくないですよね。


しっかりとプロに確認をしてみましょう。

事前に、20代で女性保険に入った人の体験談も確認しておこう

女性保険の加入に関しては、先に加入された人がいれば話を聞いてみましょう。

その方がどのようなことに注意をして加入したのか、を聞けば自分の注意すべきところも見えてくることでしょう。


また、対象が女性だからでしょうか。

返戻金があるタイプの保険に加入されている方もいらっしゃると思います。

事故がなければ返戻金が支払われるのか、など経済的に「払いっぱなし」とならない工夫についても理解ができることと思います。

まとめ

女性保険は、対象となる病気の詳細が非常に数多くある保険で、それだけ女性の病気に特化した保険となっています。

また病気の発症に関しても、過去には40代が中心だった病気についても、20代や30代での発症が増えているという傾向のあります。


生命保険は、健康でなければ加入ができません。

20代の健康な時期に加入すれば、保険料も安くなりその分保障をあげることもできます。


女性保険に限らず、生命保険の加入は健康で若いうちをおすすめします。

ランキング