女性保険ALL

女性保険の選び方

人気の生協の女性保険、《たすけあい 女性コース》を解説!

生協の女性保険《たすけあい 女性コース》はご存知ですか?大手の保険会社ではないので、興味のない方にはあまり知られていないのですが、意外と安心の補償を受けられる!と今人気なのです。「安心」というイメージの生協。その中でもたった一つの女性保険について紹介します。

生協の女性保険、どんな内容なのか調べてみた

生協にも、実は多くの種類の保険がある事、ご存知ですか?今回は、そんな生協の数ある保険の中から、「女性」の保険について調べた事をまとめてみようと思います。名前は、《たすけあい》女性コース。



女性の方で、保険に入る事を検討している方は是非一つの選択肢として参考にしてくださいね。生協の保険なので、組合員しか加入することはできなのですが、今回この生協の女性保険《たすけあい 女性コース》の魅力を知ることで、生協に加入するきっかけになってしまうかもしれません。

生協のスーパーなどでよく見かけるし、昔からあるので安心感がある

そもそも、生協にはどんなイメージがありますか?スーパーマーケットだったり、生活協同組合だったり、いろいろな言い方をしますが、一番持たれているイメージは「安心感」ではないでしょうか。多くの人が利用している中でも、派手な取り組みはせずに、地域に根ざしたスーパーマーケットを展開しているだけあって、保険もすごくシンプルで安心できる商品です。

生協の女性保険の良いところは、凄くシンプルでわかりやすいところ

生協の女性保険の一番のいいところは、シンプルで分かりやすいということ。大手の保険会社でたくさんある保険の商品のいいものには補償内容はかなわないかもしれません。でも、低価格で最低限の補償はきちんと補償されています。


例えば・・・


  • まだ若くて、会社員になったけれど、保険に入るように言われた・・・
  • 保険にとりあえず入りたいけど、どれにしようか迷う
  • 家族ができた!今は、とりあえず安い保険に入りたい!


こんな女性には生協の女性保険《たすけあい 女性コース》はオススメです。


保険といえば、毎月いくら払って、どんな補償を受けることができるのか、が一番知りたいこと。でも、いろいろは保険を見比べていると、「人によって違う」ことが多く出てきてしまって結局はっきりわからないことが多いのです。


でも、今回取り上げる生協が扱っている女性保険《たすけあい 女性コース》は、毎月の賭け金は3種類で自分で選ぶことができ、どんな時に補償ができるのか、いくら降りるのかも一目瞭然なのです!


女性保険は、たすけあい女性コースのみ

生協が扱っている女性保険《たすけあい 女性コース》となっています。

一つだからこそ女性特有の病気や女性に多くみられる病気に、幅広く対応しています。一つだけなのであれがいいのか、こっちがいいのか・・・と悩む必要もありません。

価格も3種類しかないので覚えやすい

生協の女性保険《たすけあい 女性コース》、コースは三つです。それぞれに補償の内容が変わってくるわけではなく、「月々に支払う金額」と、「給付される金額」が違うだけなのでとてもシンプルです。2000円、3000円、4000円、と金額もどのコースにおいても低価格に設定されているのも嬉しいポイント。契約するときの年齢などに左右されないのも嬉しいですよね。

安いのに、保障は充実しているのが嬉しい

以上の通り、保険料は他社のものよりもかなりお安く設定されています。では、補償は最低限なのでは???と思いますよね。いえいえ、そんなことはありません。


事故や病気による入院は5000円から10000円が日額で補償されます。女性特有の病気や女性に多くみられる病気になったらそこに3000が上乗せされます。もちろん事故による通院の補償されます。これは日額1000円から2000円。手術給付金は20000円から160000円。手術の内容によって金額は変わりますが、手術の金額は病院によって変わることはないので安心してくださいね。自分の言っている病院は手術代が高くて保険が役立たなかった!なんてことにはなりません。


その他、270日を超える入院には30万円から60万円の給付金。事故後遺障害では40000円〜1000000円の補償を受けられます。事故による死亡や重度障害も、1000000円から3000000円とかなり手厚くなっています。


なんとその他、家族が亡くなったり、火災や風水害による住宅災害にも10000円から300000円の補償がおりることになっているのです。


生協のお安い保険料の女性保険にもかかわらず、意外と安心なポイントが付いているのですよ。

女性特有の病気になり入院したら、日額がなんと3000円もプラスされる

生協で扱われている、女性保険の《たすけあい 女性コース》。

上記でご紹介した、「女性特有の病気や女性に多くみられる病気になったらそこに3000が上乗せされます。」という一文、気になりますよね。女性特有の病気や女性に多くみられる病気とはなんでしょうか。


女性特有の病気として認められているのは以下のものが一例です。

帝王切開・出産に関する合併症・子宮筋腫・子宮がん・卵巣がん・卵巣機能障害です。

そして、女性に多くみられる病気は以下のものが一例。

膀胱炎・緑内障・白内障・胆石症・乳がん・慢性関節リウマチ・股関節症・甲状腺腫です。

地域密着型なので、アフターフォローの声掛けもある

生協といえば、地域に密着したサービスが売り。一番多く利用されているサービスはおそらく宅配サービスだと思います。お家まで、毎週決まったスタッフが商品をお届けするので、契約が長くなればもう顔見知り。


もし生協の女性保険《たすけあい 女性コース》に加入すれば、そんなスタッフがいるので万が一きになることがあってもすぐに解決することができます。大手の保険では、聞きたいことがすぐにしれないこともあって当たり前。


もちろん電話で聞くことはできますが、すぐに繋がらなかったり、初めての人に電話口であれこ聞くのはストレス・・・そんな人もいるかもしれないですよね。


女性保険ならなおさら、顔見知りの人に話を聞いてほしいこともあるかもしれません。そんな悩みも、生協の女性保険《たすけあい 女性コース》は優しくフォローしてくれますね。

女性保険に、なんとプラス100円で先進医療保障もつけられる

ここまで紹介した生協の女性保険《たすけあい 女性コース》。実は、プラス100円を足すだけで、先進医療保障もつけることができるのです。


先進医療保障とは、健康保険の診療で認められていないほどの高いレベルの最新の医療技術のうちでも、厚生労働省が定めた医療行為のことのみをいいます。現在で70種類程度あります。


この治療の技術には高いレベルが求められ、健康保険には入らないので、高額療養費制度にも認められず、負担がかなり高くなってしまいます。100円だけでこの先進医療保障をつけられたらとても安心といえるでしょう。


ただ、「たった100円」なのです。たった100円でまかなえる保険料ということは、そのような状況にあって保険料が降りるようなシチュエーションは、あまりないといえるでしょう。そういったことも考えて付加保険の加入も考えましょう。あれもこれも、が可能な保険はいくらでも高くなってしまいます。

まとめ

いかがでしたか?女性保険は、いろいろあって迷ってしまうことがほとんどです。働いている人も主婦をしている方もいて、補償をどこまで求めるかは人それぞれですよね。値段の安さを求める人もいれば、安心を求める人も。生協の女性保険《たすけあい 女性コース》は、値段は安いけれど最低限の、多くの人が求める補償はきちんと備わっている保険です。一度、検討してみてはいかがでしょうか?

ランキング

  • 女性保険の給付金について徹底解説!生存給付金(ボーナス)はお得?
  • ボーナス付き女性保険の仕組みや条件、メリットとは?商品紹介も!
  • 保険料はいくらくらいから?気になる女性保険の保険料について
  • 知っておきたい!50代女性が考えるべき女性保険の内容をご紹介!
  • 出産に関する女性保険の保障内容と助成金を確認!