【痴漢冤罪詐欺の対処法】ビジネスマンを狙うでっち上げ女に対策と報復

痴漢冤罪詐欺の事例は聞いたことありますでしょうか。痴漢詐欺とは、ビジネスマンを狙ったでっち上げ女による詐欺のことであり、道連れをするこにより示談金などを奪い取ります。今回、この詐欺による対処法と防止策、弁護士による対策/報復をご紹介し、詐欺撃退/回避をできるようにしましょう。

「痴漢冤罪詐欺」にを気を付けて!ビジネスマンを狙う手口とは

日本の通勤電車はとても混雑していることが多く痴漢が増えていることも問題となっています。


痴漢はとても卑劣な犯罪で許すことができませんが、痴漢冤罪も問題となっています。痴漢を疑われた男性が逃亡して電車にひかれるという痛ましい事故も起きています。


さらに痴漢冤罪詐欺に巻き込まれるサラリーマンが増えていることを知っていますか?


言葉は聞いたことがあっても対策まで知っている人は少ないかもしれません。


そこでここでは痴漢冤罪詐欺について

  • 誰でも巻き込まれる危険性がある
  • 痴漢冤罪詐欺と痴漢冤罪の事例
  • 巻き込まれた際の対処法
  • 痴漢冤罪詐欺に備える「痴漢冤罪保険」

以上の点を詳しく解説します。


この記事を読んでいただければ、痴漢冤罪詐欺についてよく知ることができ万が一の時も落ち着いて対処できます。


手ごろな保険料で弁護士のサポートが受けられる痴漢冤罪保険もの加入も検討しましょう


それでは、ぜひ最後までご覧ください。

「痴漢冤罪詐欺」でっち上げ女に巻き込まれる危険性

痴漢冤罪詐欺とはどのような手口で行われるのでしょうか?


ここでは痴漢冤罪を利用した卑劣な犯罪、痴漢冤罪詐欺について説明します。


【痴漢冤罪の問題点】

痴漢を疑われた場合、無罪を主張すると何日間も拘留され、後日裁判になれば膨大な時間と費用がかかり・場合によっては仕事を失う可能性まであります。


痴漢を認めたら当然罪に問われますが、初犯で悪質でないないケースでは罰金刑で済み、その場で釈放されます。


そのため多くのケースで実際はやってもいないのに「早く帰りたい」「面倒を避けたい」と痴漢を認めてしまうのです。


【痴漢冤罪詐欺】

この無実を主張するよりも認めてしまった方が楽だという風潮を利用して痴漢をでっち上げて金品を脅し取るのが「痴漢冤罪詐欺」です


通勤で混雑した電車を利用している人なら誰もが巻き込まれる危険性があります。

「痴漢冤罪詐欺」の事例と「痴漢冤罪」の事例

痴漢冤罪詐欺はれっきとした犯罪ですが、巧妙な手口で行われていることもありなかなか明るみに出てきません。


実際にどのように行われているのか気になりますよね。


そこでここでは

  • 痴漢冤罪詐欺
  • 痴漢冤罪

具体的な事例を紹介します。


痴漢をめぐる事件に巻き込まれないためにもどのような事例が過去にあったかを知っておくと良いでしょう。

痴漢冤罪詐欺:女子高生のビジネスマンに狙いによる

被害者の勘違いで痴漢冤罪事件が起きてしまうことがありますが、計画的に痴漢をでっち上げる悪質な事例もあります。


ここで女子高生による痴漢冤罪詐欺の手口を紹介します


数人の女子高生が連携して、ビジネスマン男性をターゲットに定め痴漢に仕立て上げます。その後、ターゲットの男性をホームに下ろすと金品を要求するのです。


要求に応じないと駅員のもとに連れていかれ、警察が呼ばれます。裁判になると、実際は痴漢をやっていなくても数人の女子高生の証人がいる中で無実を証明することはとても難しくなります。


後日、結局は示談を求められ損害賠償として金品を巻き上げられてしまいます。


女子高生達はあえて他校の生徒たちでグループを作ったり、恐喝にならないように弁護士にアドバイスをもらっていたりととにかく準備周到です。ターゲットになってしまったら素人では対処のしようがありません。

痴漢冤罪:鷺ノ宮駅~高田馬場駅間での強制わいせつ事件

次に痴漢冤罪の事例を紹介します


西武新宿線は非常に混雑する路線として知られていて、朝のラッシュ時は乗車率が180%を超えることもあるそうです。


電車が混雑すると痴漢の発生も多くなりますが、そのような路線で痴漢冤罪事件が起きてしまいました。


2000年12月5日の朝、西武新宿線鷺ノ宮駅から高田馬場駅の間でわいせつ事件がありました。当時未成年のA子さんにみだらな行為をしたとして男性Bが現行犯で逮捕されました。


男性Bは無罪を主張しましたが、懲役1年2か月の有罪判決が下されました。その後、男性Bは控訴し、犯罪の証明がないとされ逆転無罪を勝ち取りました。検察は上告をせず無罪が確定しました。


結果的に冤罪が認められましたが、男性Bの受けた苦痛は大きなものだったでしょう。

痴漢冤罪:鷺ノ宮駅~高田馬場駅間での迷惑防止条例違反事件

もう一つ、痴漢冤罪の事例です


こちらも西武新宿線、鷺ノ宮駅から高田馬場駅の間で起きた事件です。


女子中学生がお尻を触られる被害にあい、女子中学生の前に乗っていた男性Aが逮捕されました。


男性Aは「ドアにはさまったコートを引っ張っていただけで痴漢はしていない」と主張しましたが、迷惑防止条例違反で起訴されました。


裁判では女子中学生の供述以外の証拠がなく、事件の目撃者が「やっていないと思う」と証言したこともあり無罪判決が下されました。


西部新宿線では他にも痴漢冤罪事件が起こっています。この路線を利用する方は念のため痴漢冤罪保険に入っておくと良いでしょう。

注意点:痴漢冤罪詐欺現場では「逃げる」ことはいけない!

痴漢を疑われた場合、駅員室に入ってしまったらおしまいだという話がひろまり、「痴漢に間違われたら逃げるといい」という根拠のない噂が流れることがありました。 


しかし、これは間違いです。


後で捕まった場合

  • 保釈が難しくなる
  • 裁判で不利になる

といったリスクがあります。


逃亡することで証拠隠滅を疑われ保釈が難しくなりますし、裁判の際には「やましいことをしたから逃げた」とされ逃亡したことが不利に働きます。


さらに、慌てて逃げる途中で事故にあってしまった事例もありますので、逃げることはやめましょう


痴漢冤罪に巻き込まれたケースで逃げることは得策ではありません。逃げるのではなく事前に痴漢冤罪保険に加入して備えておくことが大切です。

痴漢冤罪詐欺に巻き込まれた場合の対処法

気を付けていても痴漢冤罪詐欺に巻き込まれてしまうことがあります。


通勤は毎日のことであり、スマホに気を取られたり、考え事をしたりすることもありずっと気を張り続けることは難しいでしょう。


そこでここでは痴漢冤罪詐欺に巻き込まれた場合の対処法を3つ紹介します

  • 駅員に伝える
  • 家族に連絡する
  • 弁護士を呼ぶ

以上のポイントを詳しく紹介しますのでぜひ参考にしてくださいね。

駅員にはっきりと伝える

まず、一つ目の大事なポイントは駅員にはっきりと「自分はやっていない」と伝えることです


痴漢に間違えられたら理不尽さにその場をすぐに離れたくなって

「自分は急いでいるんだ!」

「何の権限があってこんなことをするんだ!」

と怒りを駅員にぶつけたくなるでしょうが、冷静に「やっていない」と言う事実をしっかりと伝え続けましょう。


後々裁判になった際に駅員は証人になる可能性が高いです。

その際、

「ずっとやってないと言っていました」

という証言を引き出せることがとても大事になります。


自分に有利になる証人を確保する意味でも駅員に冤罪であることをしっかり伝えておきましょう。

家族に連絡して警察署に来てもらう

次のポイントは家族に連絡をして警察署に来てもらうことです


時間的に駅に来てもらうのでは間に合わないので、警察署に直接来てもらいましょう。どこの警察署になるかは駅員に聞けば教えてもらえます。


その際

  • 印鑑
  • 身分証明書

を持参するよう伝えて下さい。


警察署に家族が来ると、そこで身元の確認ができます。


身元が分かったうえで「要請があれば出頭させる」「逃亡させない」といったことを誓約する「身柄引受書」に署名捺印してもらいましょう。


警察も身元がしっかりとして逃亡の恐れがない人を長く勾留する必要はありませんので「身元引受書」が提出されれば即日または数日のうちに釈放される可能性があります。

弁護士を呼ぶ

上記で解説したように家族に警察署に来てもらうことで釈放されることがあります。しかし、家族が遠方であったり連絡がつかなかったりした場合はどうすれば良いでしょうか?


その場合は弁護士を呼ぶという方法があります


痴漢で弁護士を呼ぶなんて大げさだと感じる人も多いかもしれませんが、家族に来てもらえず、弁護士に対処してもらえない場合、10日にもわたって勾留される可能性があるのです。


弁護士といっても専門分野はさまざまなので注意が必要です。痴漢に強い弁護士に依頼するとスムーズに手続きをしてくれるでしょう。


また、裁判になった場合の結果も痴漢専門の弁護士とそうでない場合は大きな違いが出てきます。


痴漢冤罪事件の弁護士費用の相場は100万~300万です。


痴漢冤罪のような「やっていないことを主張する」事件では弁護士費用が高額になる傾向があります。

痴漢冤罪詐欺に備えて「痴漢冤罪保険」に加入しておく

痴漢冤罪詐欺にあってしまったら弁護士の助けを借りるのがカギとなりますが、選び方が難しいですし、費用面でもかなりハードルが高いです。


そこでおすすめしたいのが「痴漢冤罪保険」への加入です


通勤で電車を利用していたら痴漢冤罪詐欺にいつ巻き込まれてもおかしくありません。保険に加入しておけば、万が一の際に痴漢に強い弁護士に動いてもらえるので安心です。


例えば ジャパン少額短期保険株式会社の痴漢冤罪ヘルプコール付き弁護士保険なら痴漢冤罪詐欺にあった場合の弁護士費用が最高300万円まで補償されるうえ、

  • 痴漢冤罪ヘルプコール
  • 痴漢被害ヘルプコール
  • 弁護士無料相談

の特典が受けられます。トラブルの際にすぐに連絡しアドバイスを受けられるのは心強いと好評です。


気になる費用ですが、保険料の月額は590円です


手頃な保険料で大きな安心が得られますね。

まとめ:痴漢詐欺は逃げずに、弁護士による対策/報復!

ここまで痴漢詐欺に巻き込まれた際の対応について説明してきましたがいかがでしたか?


この記事の要点は

  • 痴漢冤罪詐欺にあっても逃げてはいけない
  • 痴漢を疑われた際にすることは「駅員に事実を話す」「家族を呼ぶ」「弁護士に連絡」
  • 通勤に電車を使うなら痴漢冤罪保険へ加入する

でした。


やっていない場合でも起訴をされてしまうと無罪を勝ち取るのに膨大な手間と時間がかかってしまいます。社会的な信用を失ってしまうことさえあり社会問題にもなっているほどです。


そこでできるだけ早く痴漢冤罪に強い弁護士に助けを求めると良いでしょう。


個人で良い弁護士を選ぶことは難しいうえ、経済的な負担も大きいので「痴漢冤罪保険」に加入しておくと安心です。


他にもほけんROOMでは保険やお金に関する記事を多数掲載していますので、ぜひご覧ください。

ランキング