ミニ保険ALL

スキーをやる人は、加害者となった場合の保険加入をおすすめします。

スキーやスノーボードをされる方は保険に加入していますか?おすすめは「専用保険」ですが今は販売していません。短期的であれば、スキーに行く日程に合わせた短期の国内旅行保険をおすすめします。携帯電話会社が販売している保険では、携帯料金で支払うでの手間がかかりません。

これから始まるウィンタースポーツの季節!スキー・スノーボード用品以外の準備は済みましたか?

冬になりました。

昨年度はなかなかスキー場に雪がつきませんでしたが、今年度は非常により環境で、山開きが行われています。


さて、スキーやスノーボードといったスポーツをされる方は、すでに初すべりなどはされましでしょうか。


でもスキーやスノーボードは、自分もケガをしたり、相手にケガをさせたりする可能性のあるスポーツです。

決して危険度0というスポーツではありません。


特に、相手を傷つけてしまうような事故に関しては、最新の注意が必要です。


用品が盗まれることはショックですが、人をけがさせてしまうことを第一に考えましょう。

誰にでもおすすめできる万能型保険の「個人賠償責任保険」

まず、他人にけがをさせてしまった、他人の財物を壊してしまった場合に、どのような保険があるでしょうか。

考え方としては、「他人にけがをさせたことにより、その治療費を負担した」や「他人の財物を壊してしまい、その補償を行った」場合の費用負担をする保険が必要となります。


それは「個人賠償責任」という保険になります。

「個人賠償責任」は非常に便利に使える保険です。



人にぶつかってケガをさせてしまったらどうしよう?その不安はみんなが持っています

スキーが安全なスポーツであるか、といえば決して安全ではないでしょう。


スキーをしていて他人にぶつかってケガをさせたらどうしますか?

スピードをコントロールできずに・・・

突然の飛び出しに・・・

気づいていなかったコブに足をとられて・・・


いろいろな危険が考えられます。

よっぽどスキーに自信がある方以外は、そういった不安を持っているでしょう。



衝突したら何が起こるのでしょう。

けがをさせた場合であれば、治療費がかかることは想像できますね。治療には通院だけでなく、入院するということも考えられます。


そして、最悪死亡させてしまうことも考えられます。


スキーはそんなリスクを持ったスポーツです。

高額賠償に備えられることが出来る個人賠償責任保険の強み

「個人賠償責任保険」とはどのような保険でしょうか。

他人を死亡させる、けがをさせる、他人の財物を壊すなどにより、法律上の賠償責任が発生した場合に、その費用を負担する保険です。


法律上の賠償責任というところが、この保険のおすすめする点です。

この「個人賠償責任保険」では、1億円といった金額を保険金額として設定することができます。あなたが事故によって生じる「法律上の賠償責任」が1億円まで補償されるということになります。

1億円という金額を考えてみましょう。簡単に支払うことができるような財力を持っている人であれば、保険は必要ないでしょう。しかし、1億円を持っていても、支払ったら1円も残らないとしたら?



この「個人賠償責任保険」は、わずかな保険料で1億円の補償が手に入ります。

1億円の貯金がない人であっても、年間数千円でこういった補償が手に入るのであれば、保険に関係するものとしては、おすすめするしかありません。

もしかして既に個人賠償責任保険に加入しているかも

この個人賠償責任保険ですが、単体として保険に加入している場合と、他の保険に付属して契約をしている可能性があります。

最近にあるパターンとしては、自動車保険に「自転車による事故」も補償します、という「日常生活賠償責任特約」といったものがあげられます。

または、火災保険にも日常生活賠償特約があります。自動車保険や火災保険といった日常的な保険にも個人賠償責任保険が付帯されている契約があります。


個人賠償責任保険に加入する前に、一度ご自分の証券を先に確認するほうがよろしいでしょう。



スキー・スノーボードを頻繁にやる人におすすめ「スキー・スノーボード専用保険」

さて、今回話題としている「スキー・スノーボード専用保険」を説明します。

スポーツに特化した保険として、専用保険として作られた保険です。


それに特化した設計をすることにより、補償を大きく、そして保険料を押させるような役割を持たせることができます。

スキー・スノーボードをする上で補償が豊富で安心感のあるプラン

まず、スキー・スノーボード保険の補償です。

スポーツ用に


スキースノーボードの目的を持って

という条件があります。

これは、補償の対象を狭めることで、保険料に無駄をなくしているものとなります。


その条件のもと


  • 死亡・後遺障害保険金
  • 入院保険金
  • 通院保険金
  • 個人賠償責任保険金
  • 携行品損害保険金
  • 救援者費用等保険金

が補償されます。


具体的には、

死亡・後遺障害保険金

スキー・スノーボードをしている時の事故で死亡・後遺障害が発生したときに支払われる保険金です。


入院保険金

スキー・スノーボードをしている時の事故で、入院したときに支払われる保険金です。


通院保険金

スキー・スノーボードをしている時の事故で、通院したときに支払われる保険金です。


個人賠償責任保険

スキー・スノーボードの目的をもって、自宅を出てから帰るまでの間で発生した法律上の賠償責任による費用を負担します。


携行品損害保険金

雪上滑走用具担保等と呼ばれていました。

スキーやスノーボードといった用品の破損や盗難に対応するための保険です。


救援者費用保険金

緊急時の救援、捜索にかかわる費用を補償します。



おすすめです、といいながら、現在こういった専用保険の販売は、いくつかの理由から減少しています。


なぜ、減少することになったのかといえば、損害保険は基本1年契約となっています。

1年間契約をいただくことで、そのリスクと保険料があっている状態となっています。


しかし、普通に考えれば「夏にスキーにいかないじゃん」ってなりませんか?


そのため、夏になると解約をする人が増えてしまうのです。

保険料が1年間をかけて作られた保険ですので、危険な時期のみを補償するようにはできていないのです。


その結果、スキー・スノーボード保険は販売が減少して、現在は普通傷害保険で対応することが増えています。


普通傷害保険に加入する場合には、個人賠償責任保険が「示談代行サービス」が付帯されているものを選択することをおすすめします。


普段からの傷害事故まで補償すると「保険料があがる」ということになります。

スポーツをしている期間だけを補償する保険として、一部の損害保険会社では、スポーツ保険が販売されています。

特別にスポーツの種類を特定せずに「スポーツ中の」といった範囲で補償を行っています。






日帰りから1日単位の契約がおすすめの短期保険の強み

スキーやスノーボードに行かれるのは、どのような頻度になるでしょうか。

ほとんどの方が、日帰りや一泊二日、長くても二泊三日といった日程ではないでしょうか。


こういった場合には、1日単位で契約が可能な短期の保険に加入されることをおすすめします。


扱っている保険会社によっては、販売している内容も限定的になりますが、ネットなどを通じて加入できる保険となります。


なぜ、損害保険会社が力をいれて販売していないのか?、といえば保険料が安いため、代理店が仲介してしまうと、保険会社としては契約の管理および代理店への手数料などで、赤字となってしまいます。

その保険は、国内旅行傷害保険といいます。国内損保では契約者から直接申し込みができるように対応を行っています。


たとえば、代理店へ連絡をすると、代理店から電子メールでURLが送信されてきます。

そのURLを利用して、ネットに接続し国内旅行傷害保険の申込ができるというものです。

保険料の支払いはクレジットカード払いが主流となります。


保険料が安いので、保険会社としては、できるだけ人の手を通さない手法での販売となっています。




お手軽なのは値段だけ!意外と手厚い補償が受けられる

スポーツ保険やレジャー保険として販売になっていますが、その保険について説明をします。

普通傷害保険では、日常生活における事故によるけがを補償するようになってます。補償している時間が長くなるため、保険料は上がる傾向にあります。


しかし、ネット通販型の保険会社が販売しているスポーツ保険やレジャー保険では「スポーツ(レジャー)をしているとき」という条件がつきますので、保険料が安くなります。


スポーツをしている、という条件のもとで、



死亡・後遺障害保険金  

スポーツをしている時の事故で死亡・後遺障害が発生したときに支払われる保険金です。

葬式代を目安に考えましょう。500万円?くらいです。

 


 入院保険金 

スポーツをしている時の事故で、入院したときに支払われる保険金です。 

3000円くらいをめどにすると、ベッドの差額分の足しになります。

 


通院保険金

スポーツをしている時の事故で、通院したときに支払われる保険金です。 

通院は高いので、1500円くらい。いっそ通院はかけない、という手段もあります。


個人賠償責任保険

日常生活において発生した法律上の賠償責任による費用を負担します。

1億円をつけることも可能です。


携行品損害保険金 

スポーツに必要な用品の破損や盗難に対応するための保険です。

時価額での支払いになりますので、自分のスキー道具などから検討してみましょう。


救援者費用保険金

緊急時の救援、捜索にかかわる費用を補償します。


月払いで1500円だと、年間に18000円ということになります。

でも、これで1億円の賠償責任を持てるとしたら、おすすめしたいとことです。



面倒くさがりの方でもそれぞれのキャリア(携帯会社)で支払える

携帯電話を使っていない人、インターネットを使っていない人は少ないと思います。

では、携帯電話やインターネットを利用して加入できるスポーツ保険の実力を観察します。

これは、短期で加入可能な国内旅行傷害保険の例となります。


A会社B会社C会社
保険期間一泊二日一日一泊二日
保険料300円300円262円
死亡・後遺障害297万円300万円500万円
入院日額4000円5000円4000円
通院日額なしなし1000円
賠償責任2000万円2000万円5000万円
携行品損害10万円なしなし
救援者費用なし100万円200万円
備考自社利用者自社利用者

保険金などの補償については、若干低いかな?と思います。

しかし、携帯電話で手続きができる、と考えれば「保険の手当てをしていなかった」などには、すぐに対応ができます。


そして、保険料は携帯料金として支払われるのであれば、振込みに行く手間も必要なく、便利ですよね。


携帯電話会社の取り扱う保険では、1年契約のものもあります。

月に500円~1500円であれば、他に保険の契約がない方にはおすすめします。


まとめ

スキーやスノーボードは、リスクを持ったスポーツであると思っています。

自分が転倒すること、人の転倒に巻き込まれること、人を巻き込むことすべて考えられます。


少なくとも、人にケガをさせてしまうことに可能性については、しっかりと意識をする必要があります。


個人賠償責任保険は、1億円という高額な支払いに対応できています。

高いストックを買う前に、保険の加入を検討されることをおすすめします。


ランキング