がんに備えた住宅ローンのプランは活用すべき?各銀行の比較も紹介

がんと診断された時、住宅ローンを続けられなくなったり、住宅ローンを組めなくなる場合があります。そんな方に朗報ながん特約付き団信があるのをご存知ですか?この記事ではがん患者のための団信の利点と注意点を解説します。また、がん特約付き団信のある銀行を一部紹介します。

がんで住宅ローンが払えない?ローン返済がチャラになることも?

住宅ローンを組む時には団体信用生命保険に加入することが多いと思います。


住宅ローン返済中にもしものことが起こり返済できなくなったときのための大切な保障ですよね。


しかし、住宅ローンを組んだ後にがんに罹患し、ローンが払えないといった事態になる可能性があります。 


そのような場合に備えて、団体信用生命保険には「がん保障特約」というものがあり、それを付けることによって、がんになった場合の住宅ローンの返済を保障してもらえ、残りのローンがチャラになることがあります。 


ここでは、 


  • 団体信用生命保険でローンが免除になるケースについて 
  • がんと診断されると住宅ローンは組めないのか? 
  • がん保障特約付きの団体信用生命保険とは 
  • がん特約付き団体信用生命保険の銀行を比較 


以上のことを中心に解説していきます。 


この記事を読んでいただければ、がんと診断されても団体信用生命保険に加入できるかどうかがお分かりいただけると思います。 


ぜひ最後までご覧ください。 


住宅ローンをする時に必ず必要な団体信用生命保険について

住宅を購入する時に加入する団体信用生命保険は、住宅ローンの契約者が住宅ローン返済中に死亡したり高度障害状態になってしまったりした場合に、ローンの残りの分を代わりに支払ってくれる保険です。 


住宅ローンは長い期間返済を行うものですので、その間に契約者の身に万が一のことが起こらないとは限りません。 


残された家族に住宅ローンという多額の負債がのしかからないようにするためにも、団体信用生命保険への加入は大切なものです。

 



疾病を持った人はローンを免除できる

団体信用生命保険は、住宅ローン契約者が死亡・高度障害状態になった場合に保障されるものですが、「疾病保障」という特約を付けると、特定の疾病になった場合に住宅ローンの返済が免除されたり一時金が支払われることになります。 


当初はがんを対象にした「がん団信」から始まりましたが、そこから保障される疾病の範囲が徐々に拡大されていきました。 


団体信用生命保険に付けられる疾病保障には、三大疾病保障、八大疾病保障などがあります。


このような疾病保障が扱われるようになった背景には、住宅ローンの金利が影響しています。 


住宅ローンの金利の引き下げ範囲が狭まったことを受け、各金融機関は疾病保障などの付加保障により契約数を伸ばすようになってきたためです。


しかし、住宅ローン契約者にとってもメリットのあることですので、ぜひ利用したい特約と言えます。


免除される範囲について

通常の団体信用生命保険の保障では、住宅ローン契約者が死亡・高度障害状態になった場合、住宅ローンの残額が全額免除となります。 


一方で、団体信用生命保険に疾病保障を付けた場合の、住宅ローンの返済が免除される範囲については、主に以下の3つのパターンがあります。 


  1. 住宅ローン残高が全額免除
    がんや8大疾病などで一定期間働けない状態や要介護認定を受けた場合 
  2.  住宅ローンの月々の返済が保障される
    一定期間働けない、または入院や失業をした場合 
  3. 一時金が支払われる
    一定期間働けない、または先進医療を受診した場合 


なお、付けた疾病保障によって、また保険会社によっても免除される範囲が異なりますので、契約前にしっかり確認しましょう。

 

がん診断されると住宅ローンが組めない?

もしすでにがんと診断されている方の場合、住宅ローンが組めるのか心配になってしまうでしょう。 


住宅ローンを組むためには、一般的に団体信用生命保険への加入が必要になりますが、団体信用生命保険は保険である以上、加入するためには審査に通らなければなりません。 


 加入審査は銀行ではなく保険会社で行われますが、審査は現在治療中の病気や過去の病歴について告知をする必要があります。 


したがって、がんと診断され現在も治療中の場合はその旨も記載しなければならず、それがもとで加入審査に通らないこともあります。 


しかし、「やはり住宅ローンは組めないのか・・・」と諦めることはありません。 


通常の団体信用生命保険に加入できない人には「ワイド団信」がありますし、団体信用生命保険への加入する必要がない「フラット35」という商品もあります。


がんになった人でも住宅ローンを組める場合と条件

がんになった方でも、すでにがんが完治して現在は定期検査や医師の診察を受けていない状態ならば、告知せずに済むケースがあります。 


しかし、金融機関によっては、がんに罹患したのが何年前になるのかに関わらず、過去罹患したがんについてはすべて告知する必要がある場合もありますので、保険会社に要確認となります。 


それでもやはり加入できない場合は「ワイド団信」を検討してみましょう。 


ワイド団信は通常の団体信用生命保険に比べて加入条件が緩和されているので、現在がん治療中でも加入できる可能性があります。 


ただし、通常の団体信用生命保険よりも住宅ローン金利が年率0.2%~0.3%程高くなるため注意が必要です。 


団信の加入審査と一般的に告知が必要な項目内容

団体信用生命保険の加入時には審査を受けることになりますが、その審査は申込者の告知内容を基に行います。 


団体信用生命保険の告知項目を知っておきたい方もいると思いますので、その内容を紹介します。


  1. 最近3ヶ月以内に医師の治療や投薬を受けたか 
  2. 過去3年以内に下記の病気で手術を受けた、または2週間以上にわたる医師の治療や投薬を受けたか

    ・心筋梗塞、狭心症、心筋症、不整脈、心臓弁膜症、先天性心臓病

    ・脳出血、脳梗塞くも膜下出血、脳動脈硬化症

    ・高血圧、糖尿病、リウマチ、貧血症、膠原病、紫斑病

    ・ぜんそく、慢性気管支炎、肺気腫、肺結核、気管支拡張症

    ・胃潰瘍、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、すい臓炎、クローン病

    ・肝硬変、肝炎、肝機能障害

    ・腎炎、腎不全、ネフローゼ

    ・緑内障、角膜・網膜の病気

    ・がん、肉腫、ポリープ、腫瘍、白血病

    ・精神病、神経症、てんかん、うつ病、自律神経失調症、総合失調症、アルコール依存症、薬物依存症、知的障害、認知症

    ・子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫、乳腺症 
  3. 手足の欠損または機能に障害があるか。また、脊骨・視力・聴力・言語・そしゃく機能に障害があるか  

がんに備えたがん保障特約付きの団信とは?

がん特約付き団信は、がんと「確定診断」された場合に保険金が支給され、住宅ローン残高が完済されます。 


確定診断とは、精密検査などで細かく調べ、医師が「がんに罹患しています」と確定することをいいます。 


なお、この特約付きの団体信用生命保険には、過去にがんに罹患したことがある方は加入できません。 


では、がん保障特約付き団信の保障内容や適用される条件、メリットや注意点について説明していきます。 


一般的な保障内容と適用の条件について

団体信用生命保険にがん保障特約を付けると、通常の団体信用生命保険の保障に上乗せした保障が付けられます。 


つまり、死亡や高度障害状態になった場合の他にも、がんと診断された場合にも保障が適用され、住宅ローンの残高が保障されます。 


適用される条件については保険会社によって多少異なりますが、医師が「がんに罹患している」という診断をしたことが条件になっているものがほとんどです。 


がん特約付き団信のメリットと注意点

がん特約の付いた団体信用生命保険にはどのようなメリットや注意点があるのか、それぞれ確認しておきましょう。 


メリット 

  • 住宅ローン返済中にがんに罹患して働けなくなっても住宅ローンの心配をしなくて済む 
  • 保障を受けられる条件が「医師が所定のがんを発症したと診断した時」と明確になっているため証明しやすい 


 デメリット 

  • 加入できるのは借入時のみで、途中から加入することができない 
  • 加入後は契約内容の変更ができない 

がん特約付き団信の銀行を比較!ローン残金が無料になることも

現在、各銀行にはがん特約付き団体信用生命保険がありますが、それぞれ特徴があります。 


所定の条件を満たせば住宅ローン残高が無料になるものもあります。


自分にぴったりのがん特約付き団体信用生命保険を選ぶ参考にしてください。 

りそな銀行:3大疾病保障特約付住宅ローン

りそな銀行のがん保障特約付き団信は、「3大疾病保障特約付住宅ローン」といいます。 


死亡、高度障害状態、がん、急性心筋梗塞、脳卒中になった場合に保障対象になり、住宅ローン残高をすべて負担してもらえます。 


楽天銀行:ガン保障特約付き団信

楽天銀行のがん保障特約付き団信の正式名称を「団体信用生命保険特定疾病保障特約Ⅱ型」といいます。


加入者が死亡または高度障害状態になった場合、がんと診断された場合に住宅ローンの残債額を全額弁済してくれます。

じぶん銀行:がん50%保障団信

じぶん銀行では、一般団体信用生命保険に「がん保障特約(50%)」という特約を付けると、がんと診断された時点で住宅ローン残高が1/2になります。
 


この特約は別途保険料を支払う必要がなく、0円で付けられるためお得ですが、加入年齢は満50歳までとなっています。 

住信sbi:全疾病保障

住信sbiの「全疾病保障には、がん、急性心筋梗塞、脳卒中、高血圧症、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変、慢性膵炎の8大疾病と、それ以外の病気やケガの保障の2分類があります。 


疾病や傷害で所定の就労不能状態になった場合、月々の返済が保障されます。 


さらに、就業不能状態が続いた場合に、住宅ローン残高相当額が支払われます。 

ソニー銀行:3大疾病保障特約

ソニー銀行のがん特約付き団体信用生命保険の正式名称は「3大疾病保障特約付団体信用生命保険」といいます。 


団体信用生命保険で保障されている死亡や高度障害状態に加えて、がん、急性心筋梗塞、脳卒中の3大疾病に罹患した場合に保険金が支給され、住宅ローンの債務が弁済されます。 

jaバンク:JA三大疾病保障付住宅ローン

jaの「JA三大疾病保障付住宅ローン『サポート3』」は、団体信用生命保険の死亡・後遺症が保険に加えて、がん、急性心筋梗塞、脳卒中の3大疾病に備えられるものです。 


3大疾病で所定の状態と診断された場合、住宅ローン残高が0円になります。 

まとめ:がん特約付き団信は利点欠点を踏まえ借り換えの検討を

がん特約付き団体信用生命保険についてご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか? 


今回のこの記事のポイントは、 


  • 住宅ローンを組む際に加入する団体信用生命保険はローンを免除できる制度がある 
  • がんと診断されても「ワイド団信」や「フラット35」に加入する選択肢がある 
  • がん特約付き団体信用生命保険には加入するタイミングなど注意点がある 
  • 各銀行から提供されているがん特約付き団体信用生命保険は様々な特色がある 


です。 


がん特約付き団体信用生命保険に加入する場合、住宅ローンを組んだ後にがんと診断されるとローンの残額が全額保障されます。 


また、過去がんに罹患したことがある方や現在がんの治療中という方は、ワイド団信やフラット35であれば加入することができます。 


なお、ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。 


ランキング

  • がん保険は不要?「がん保険はいらない」という不要論を徹底検証!
  • 主婦にがん保険は必要?主婦が気になるがん保険について解説
  • 妻にがん保険って本当に必要?妻はがん保険に加入すべきなのか解説!
  • がん保険に入らないのは大丈夫?がん保険の必要性を再確認しよう!
  • がん保険のメリットとデメリットは?がん保険の必要性について解説!
  • がん保険に未加入でがんに罹るとどうなる?必要なお金はどのぐらい?
  • がんだけでなく、他の7大疾病も保障してくれるがん保険とは?
  • がん保険は何歳まで必要かについて加入前に考えてみることが必要
  • がん保険は本当に必要なのか?がん保険の必要性について考える
  • がん保険になる対象についてはまずしっかりと確認しておこう
  • 公的医療保険によるがん治療費の補助額とは?白血病についても解説
  • がんになったときはどのくらい治療期間が必要になってくるの?
  • がん治療費の自己負担額の平均はどのくらい?どんな公的保障がある?
  • がん保険の女性特約の必要性は考え方や環境によって変わります
  • 女性のためのがん保険とは?通常のがん保険との違いも解説!
  • 独身男性・独身女性が加入するがん保険のポイントはここだ!
  • 女性らしく生きるために。独身女性のがん保険選びでの3つのポイント
  • 女性のがん保険は掛け捨てがおすすめ!貯蓄型との違いも解説!
  • がん保険の診断給付金は必要?具体的にいくら必要かについても解説!
  • がん保険の複数加入で、保障を上手に組み合わせて良いとこどりしよう
  • がん保険における治療給付金とは?治療給付金の重要性を考える
  • がん保険に入っていてがんと診断されたらどうするかを考えよう!
  • あなたのがん保険はがんの再発に備えていますか?注目ポイントを解説
  • 【図解】がん保険とは?7つの基本保障内容と覚えておくべき3つの特徴
  • がんのリスクに対応するための、必要ながん保険の特約の選び方
  • がん保険における先進医療特約の必要性を徹底的に考えてみる
  • がん保険の抗がん剤治療特約が必要な人は一体どういう人なのか?
  • がん保険での通院保障は必要?メリットとデメリットの比較検討!
  • がん保険のリビングニーズ特約と余命宣告との関係を詳しく説明します
  • がん保険に在宅療養給付金がついてるけど家で療養すればもらえるの?
  • 高度先進医療である陽子線治療の負担金をカバーするのが、がん保険
  • がん保険に加入しているときの治療法として免疫療法は選べるか
  • 先進医療の分子標的薬、知っておきたいがん保険の活用法を解説!
  • がん保険に払込免除の特約は必要?詳しく調べてみたら驚きの結果が