SBI生命のがん保険の評判・デメリットは本当?真相を解明!

SBI生命のがん保険の評判・デメリットは本当?真相を解明!-サムネイル画像

そろそろ自分もがん保険をと考えたときどのようなことを重視して選択していますか。人によって保障内容や保険料などさまざまだと思います。そこでこの記事では、がん保険の中でも評判の高いSBI損保の保障内容そして評判や口コミについて解説していきます。

内容をまとめると

  • SBI損保のがん保険の評判や口コミで一番多かったのは保険料が安いということ
  • SBI損保のがん保険はがんの治療でかかった治療費はすべて無制限で支払ってもらえる 
  • SBI損保のがん保険は5年ごとの更新のためそのたび保険料が上がってしまう
  • お得ながん保険に加入したいなら「マネーキャリア」の無料保険相談で相談!
  • SBI損保のがん保険に加入する際には病歴など正しく告知することが大切
  • がん保険や保険への質問があるなら「マネーキャリア」を利用するのがおすすめ!優秀なFPに何度でも無料でオンライン相談が可能です!
  • スマホ1つで気軽に予約から相談が可能!相談場所も47都道府県・オンライン対応可能! 
  • マネーキャリアは顧客満足度93%だから安心して利用できます!

SBI損保のがん保険の評判・口コミ

がん保険の加入を検討した際に、SBI損保のがん保険は総合的に見ても他社と比較してもかなり良いのではないかと感じられた方は多いのではないでしょうか。


ただ保障内容や保険料は自分の要望と合っていたけれど、実際にSBI損保のがん保険に加入している人の反応はどうなのかとても気になります。そしてインターネットから簡単に申込みができるとなれば、少し不安な部分でもあり、なおさら加入者の意見を聞いてみたいはずです。


そこでここでは、SBI損保のがん保険の評判や口コミについてみていきましょう。

30代男性

保険料が安い!

とにかく保険料の安さが気に入り加入しました。他のがん保険と比べても圧倒的に安いし、1,000円以下でがんに備えられる保険は他にないと思います。またかかった分だけ保障してもらえるのはとてもありがたいです。がんは治る可能性が高くなってきているからこそ大きな一時金は必要ないと思っています。それよりも自由診療までカバーできることや治療費の自己負担がないことの方がはっきりいって大きいと思います。無駄な保険料を払いたくないと思っていたので僕には丁度良かったです。

40代男性

保険の仕組みが合理的なので気に入りました。

他のがん保険とは全くコンセプトが違っていて何より保険の仕組みが合理的です。がん保険に初めて入るという人にはなじみがないので向かないかもしれませんし、手厚い保障を希望している人にとっても向かないと思います。ただ、保険料に関しては他のがん保険と比べるとかなり安いと思います。そのうえがんになった時に治療費を気にしなくても治療方法を選べるということも気に入った理由の一つです。また一時金を受け取りたくないというのを選択できるのも良いと思います。

40代女性

定期型を探していたので丁度よかった。

私的にはがん保険は必要ないと思っていてこれまで加入していませんでしたが、子どもができてからは少し不安になってがん保険の定期型を探していました。なぜなら子どもが社会人になるまでのがん保障があれば安心だなと思ったからです。医療保険はすでに加入しているので、別で加入するのならやはり保険料が安いほどいいですから、保険料の安さも決め手の一つとなったかもしれません。また保険相談の担当の方から定期型でコスパが良いとすすめられたのもあると思います。とても満足しています。

SBI損保のがん保険の基礎知識


SBI損保のがん保険とはどういった保険なのか、まずそこから解説していきましょう。一般的ながん保険はがんに特化した手厚い保障が受けられるのががん保険です。

  • がんのみが対象の保障がある
  • がんと診断された場合に保障がある
  • がんにより治療を受けた場合の保障がある

今や2人に1人が罹患すると言われている病気ですから、こういったがん保険があることも納得できます。

さらにがん保険には、下記のタイプがありこの中から選択することとなりますが、SBI損保のがん保険の場合は、定期型となっています。

  • 定期型
  • 終身型
もしもがんにかかってしまったらどんなことにお金がかかるのでしょうか。

  • 入院費用
  • 手術費用
  • 通院費用
  • 治療費用
通常がん以外の病気でも同じことがいえますが、がんに関しては治療費用が高額になることが多いため保障が必要となってきます。

保障内容

ここではSBI損保のがん保険の保障内容をみていきます。
たとえば下記は35歳男性がSBI損保のがん保険に加入する場合の保障内容を表しています。

保障内容
保険期間5年
がん入院保険金無制限
がん通院保険金限度額1,000万円
がん診断給付金200万円
月払保険料1,511円
他社のがん保険では、入院保険金や通院保険金は1日〇〇円という内容が一般的だと思います。けれどもSBI損保のがん保険では自己負担なしということになっているため、病院側から請求された治療費はすべて保険金で賄えるということになります。

さらにがんの治療でかかった治療費は、保険診療・先進医療・自由診療に限らずすべて無制限で支払ってもらえるということになります。

そしてがん診断給付金は、上記の例では200万円を選択していますが、なし・100万円・200万円・300万円のなかから選択することとなり、それによって保険料が変わってきます。

主な特徴

SBI損保のがん保険にはSBI損保ならではの特徴があります。

  • 実際にがん治療にかかった分の入院治療費を無制限に実額保障
  • 先進医療も自由診療も実際にかかった治療費を保障
  • 通院日数の制限なく最大1,000万円まで通院治療費を保障
さらに以下の保障がありますので、退院しても通院しながらの治療を安心して続けることができます。

  • 入退院を伴わない通院も保障
  • セカンドオピニオン外来費用も保障
  • 5年の契約更新時に限度額(1,000万円)が復活される
このように限度日数が設けられていないというのは、がん治療をする際にはとても心強いはずです。そして最近では抗がん剤などの治療は通院で行われていることが多くなっています。そのため、通院の保障の日数に制限が設けられていないというのも、通院で治療する人にとってはとても心強いです。

ただしSBI損保のがん保険では一般的ながん保険と違う面もあります。

  • 診断書等の文書料は対象
  • 差額ベッド代や食事代などは対象外
  • 往診による治療や交通費そして宿泊費は対象外

SBI損保のがん保険のメリットとデメリット

どんな保険商品にもメリットもありますが、デメリットも確かにあるはずです。ここではSBI損保のがん保険のメリットとデメリットについて詳しくみていくことにします。


保険商品を選ぶ際に、メリットがあるからその保険商品を選んでいる方が多いはずです。ところがデメリットの内容によっては、自分がこういった状況になるのは困るなと思うよな内容が含まれているケースもあります。


そのためデメリットの内容次第では、検討候補から外れてしまう可能性もありますので、詳しくみておきましょう。

4つのメリット

SBI損保のメリットについてみていきましょう。もともとメリットに引き寄せられて保険商品を選択していますので、自分が望んでいる以上のメリットがあれば加入もしやすくなるはずです。

  • 終身型に比べると保険料が割安
  • 定期的に保障を見直すことができる
  • ライフステージに合わせて一定期間だけ保障を確保することができる
  • 上皮内新生物も保障対象
SBI損保の一番のメリットとしてがん保険の中でも保険料が安いということです。保険料の安さで保険を選んでいる方にとってはとても大きなメリットといえます。


さらに5年ごとに更新となるため保障の見直しができるというのもメリットの一つと言えますが、この更新型に関してはデメリットと捉える方もいるかもしれません。


そして一定期間だけの保障の確保ができるというのは、たとえば40代ともなるとがんになりやすいということもあるため、既存の保険の上乗せということで一定期間のみ掛けておくということが可能です。


また他社のがん保険では保障されにくい上皮内新生物も保障されますので安心です。

3つのデメリット

次にデメリットですが、たとえメリットが多く気になった保険商品でも、自分に対して大きなデメリットであればその保険商品を選ぶことはできません。けれども、デメリットとはいえ自分にはそこまでデメリットと感じられないのであれば、気にする必要もないということになります。


  • 公的保障が適用される分に対しては保障されない
  • 診断保険金は同じがんの場合対象外となってしまう
  • 5年ごとに更新のためそのたびに保険料が上がってしまう
公的医療保険では治療費が高額となった場合、一定額以上の分は払い戻される高額療養制度の利用が可能となります。しかしこの保険の場合、かかった治療費のみの保障ということなので公的な保障が適用される分に対しての保険金は支払われません。


そして、たとえばがんの診断を受けてその2年後にがんの診断確定があった場合、回数に制限はないので支払われますが、同じがんの場合は再発しても支払われないこととなっています。


さらに更新型のため5年ごとに保険料が上がってしまいまいます。過去にがんになった人は別のがん保険に加入するという選択ができないため、年齢が上がってもそのまま続けなくてはならないということもあり、保険料が高くなってもそのまま継続しなければならない状況となってしまいます

がん保険で損をしたくないならまずな保険のプロに無料相談!


40代になって身近な人ががんになったなどと聞かされると、急に不安になって自分もがん保険に加入しておかなければという気持ちになるのではないでしょうか。

けれどもがん保険は各保険会社でさまざまなタイプが用意されています。その中で何を基準に決めれば良いのか、何を重視すれば良いのか迷われる方は多いはずです。

そんなときはぜひマネーキャリア無料保険相談を活用してみてはいかがでしょうか。各社の保険会社の比較や、自分の要望通りの保険が見つかるかもしれません。さらに保険のプロが今の自分にはどんな保障が必要なのかを、わかりやすく説明もしてくれるはずです。

スマホからでも申込が簡単にできますし、オンラインで手軽に相談することもできます。また自分が納得できなければ、きちんと理解ができるまで何度でも相談ができます。がん保険で損をしたくないなら、まずはマネーキャリアの無料保険相談にがん保険の相談をしてみてください。きっと自分に合ったがん保険に出会うことができるでしょう。

SBI損保のがん保険の告知内容


SBI損保のがん保険に加入する場合、申込時に以下の告知事項に正直に答える必要があります。

  1. 被保険者の生年月日
  2. 被保険者の性別
  3. がん・悪性腫瘍・悪性新生物の罹患歴
  4. 過去5年のがんと関連のある疾病罹患歴
  5. 過去2年の健康診断等の検査結果
  6. 過去3ヵ月の身体の変調
以上6項目を告知書に記載しなければなりません。


基本的にSBI損保のがん保険では、被保険者が告知日時点での健康状態や病歴等によって加入を受け入れるかどうかの判断がされています。そのためたとえ病院に通院していても過去の病歴から3ヶ月前からの身体の状態により判断されることとなります。


当然がんの罹患歴がある場合には加入できませんし、最近貧血が続いているというような状態でも加入はできません。


SBI損保では、過去に罹患した病名が決められていますので、告知書に記載した病名から受け入れ可能かどうかの判断をされることとなります。

SBI損保のがん保険の加入の流れ

ここではSBI損保のがん保険に加入するときの流れを解説していきます。SBI損保のがん保険は、インターネットで見積りから申込そして契約まで全て完結できる保険となっています。

  1. SBI損保のがん保険公式HPへ
  2. 無料お見積り
  3. 性別・生年月日・払込方法を入力
  4. がん診断給付金・保険料からプランを選択し申込むをクリック
  5. 初めてSBI損保のがん保険に加入の場合はマイページを持っていないをクリック
  6. 契約者情報を入力してマイページを作成(名前・メールアドレス・パスワード・住所・電話番号)
  7. 重要事項説明書をダウンロードし同意しますにチェック
  8. 申込内容の確認
  9. 医療事項に関する告知の入力・確認
  10. 支払方法の選択
  11. 受付完了
  12. 保険証券が郵送される
このようにSBI損保のがん保険の公式ページで受付まですべて完結できますので、空き時間に手軽に加入の申込みができます。


がん保険の契約の始まりつまり保険の始期日は、契約が締結された翌月1日の0時からとなり、支払責任開始日すなわち保障が開始されるのは、始期日から91日目からとなります。

SBI損保のがん保険に関するまとめ

SBI損保のがん保険に対しての評判や口コミをみてきましたが、SBI損保のがん保険が気になっている方やがん保険を検討している方には参考になったのではないでしょうか。


がん保険に限らず保険はがんなどの病気になってからでは加入できませんから、健康なうちに検討すべき保険と言えるでしょう。特に40代になるとがんになる確率が高くなっていることも事実ですから、ピンポイントでがん保険に加入することもできるという柔軟な考え方を持っておくことも大切なのではないでしょうか。


ただしがん保険は多くの保険会社で取り扱っている保険でもありますので、自分がもしもがんになった時にはどうしたいかということが重視され、保障を選んでいくはずです。

とはいえ不安なことばかりを考えながら保険を選んでいくよりも、保障を味方にして、もしもがんになっても備えがあるから大丈夫だという状態にしておけば、不安が一つ解決できたということになるでしょう。


そのためには自分の要望に沿ったがん保険を見つけることが大切となってきますので、この機会にぜひマネーキャリア無料保険相談を活用してあなたに合ったがん保険を見つけてみてはいかがでしょうか。

ランキング