楽天のがん保険の評判・口コミをまとめ!メリット・デメリットも紹介

楽天のがん保険の評判・口コミをまとめ!メリット・デメリットも紹介-サムネイル画像

がんというリスクにきちんと備えておくことは万が一のために大切なことです。今回は手軽にネットで加入手続きができる楽天生命の「スーパーがん保険」について、メリット、デメリット、口コミなどもふまえて、楽天生命の「スーパーがん保険」はどういった保険なのかお伝えします。




▼この記事を読んでわかること

  • 楽天のがん保険「スーパーがん保険」がどんな保険なのか
  • 楽天のがん保険「スーパーがん保険」の口コミ
  • 楽天のがん保険「スーパーがん保険」のメリット・デメリット
  • 楽天のがん保険「スーパーがん保険」の告知内容、加入方法

内容をまとめると

  • 「スーパーがん保険」は3大治療にフォーカスした保険
  • 楽天ポイントが貯まることと長期の入院も可能な保障
  • 他のがん保険と比較して自分に合ったものを選ぶことが大切
  • プロに相談することでしっかり保障をうけることができる
  • マネーキャリアなら保険の相談を無料でプロに相談できる

楽天生命のがん保険に関する基本情報


生命保険は病気やケガなどで、大きい金額が必要になった時に備えるためのものです。その中で、がん(悪性新生物)になったときの万が一、に備えるためのがん保険ですが、楽天生命のがん保険はどのような保険なのでしょうか。


楽天生命保険は、代理店にて対面での無料相談もできますし、ネットでのAIアドバイザーによる自動返答チャットにて商品選びのサポートもしてくれる保険会社です。


今回は、保障内容をがんの3大治療にフォーカスすることでお手頃な保険料を実現した、という楽天生命の「スーパーがん保険」について、どういった保険なのか、口コミやメリット、デメリットについて調べてみました。

「スーパーがん保険」の概要

それでは楽天生命の「スーパーがん保険」はどんな保険で、どんな保障がついてくるのでしょうか。


「スーパーがん保険」は特にがんの3大治療にフォーカスしたがん保険です。3大治療とは

  • 手術
  • 化学療法(抗がん剤治療、ホルモン剤治療)
  • 放射線治療

の3つです。この3大治療を状況に応じて組み合わせ、治療してくことが主流となっています。そんな3大治療に特にフォーカスすることで、十分な保障が受けられるようになっています。


スーパーがん保険」では手術給付金、抗がん剤治療給付金、ホルモン剤治療給付金、放射線治療給付金として3大治療ごとに給付金を受け取ることができます。


また、がんと診断された時に支払われるがん治療給付金と、がん診断給付金の有無も選ぶことができ、入院給付金やがん先進医療特約など、さまざまな特約を組み合わせることができます。


それぞれを個別につけることができるので、自分に合わせた細かいプランを立てて加入することができるようになっています。

「スーパーがん保険」の主な特徴

スーパーがん保険」の特徴はどんなものがあるのか見ていきたいと思います。


「スーパーがん保険」はがん治療の実態にあわせて、抗がん剤治療、ホルモン剤治療、放射線治療、手術等に備えることができ、抗がん剤治療給付金を基準に3つの保障内容があります。


各種特約を付加することもでき、がんになった場合の一時金の確保や入院等に備えることができます。


始めてがんと診断された時に、50万円の支払いを受けることができるがん治療支援給付金の有無や、最大6回まで、がんと診断された時に支払われるがん診断給付金も4段階から選ぶことができます。


がんや上皮内新生物で入院した時に、入院日数無制限で支払われる入院給付金も3段階で選ぶことができ、高額になりがちながん治療の先進医療特約も付加することができます。


さまざまな特約を自分好みで組み合わせることができ、万が一のときに備えることができるのは特徴の1つです。

「スーパーがん保険」のプランは2種類

スーパーがん保険」の特徴をご紹介してまいりましたが、実際にはどんなプランがあるのでしょうか。大きく分けてこちらの2つのプランがあります。

  • 基本プラン
  • 安心プラン

それぞれどういった保障があるのでしょうか。


基本プラン

基本プランはがん治療保障として抗がん剤治療給付金、ホルモン剤治療給付金、放射線治療給付金、手術給付金が入っており、がん診断保障のがん治療支援給付金が保障内容に入っているプランです。


安心プラン

安心プランは基本プランにプラスしてがん診断保障として、がん診断給付金、上皮内新生物診断給付金を受け取ることができ、がん入院保障として入院給付金を受け取ることができるプランとなっています。

プランとしては2つですが、それぞれの保障を組み合わせて加入することができ、がん治療の先進医療を受けた時の保障として先進医療給付金も組み合わせて保障を受けることができるのでプラン以上に選択の幅が大きくなっています。

自由に組み合わせて保障を選ぶことができ、自分の希望する保障にあわせて保障内容を決めることができるので、プラン以上に自由度の高い保障が可能となっています。

楽天生命のがん保険の実際にある口コミ・評判


ここまでは、楽天生命のがん保険「スーパーがん保険」について、概要や特徴、プランについてどういった保険なのかご説明してきました。


しかし、保険はいざ、加入してみると思ったものと違った、ということも多くあります。実際に加入した方の話を聞くことも大切です。


ということで、価格.comから、実際に楽天生命に加入された方の口コミや評判はどういったものがあるのか、いくつかピックアップしてみましたのでご覧ください。

40代女性

全体的に問題はなく、保障内容もしっかりついているし、保険料も支払いできない額ではないし、なにかのときに使える状態にはあるので、このままでいいと思っています。主人の父親からの紹介というのもあり、安心できる生命保険会社だと思っているので、信用しているので、この先も満足度をあげる努力をしていただき、よりよいサービスを提供してもらいたいと思う

20代女性

楽天という名のブランド力は信用があり、絶対大丈夫という安心感があります。保障内容や料金設定も自分にあったものなので、どんな年齢層の方でもいろんなバリエーションで自分にあった保障内容を選べセレクトできるので良いと思います。病気があっても入れる保険がまだ世の中に少ない中でそれに対応できる保険もありそれでも保険料金が安いのは継続して保険料を払うのに有難いです。ネットで本当に大丈夫なのかと不安もありましたが、きちんとした内容が詳しく簡単に記載されてるので詳しくなくてもわかりやすくよかったです。

20代男性

楽天生命については、商品やサービス、保障内容、保険料、保障期間、顧客対応など、トータル的に見ても大変満足しております。商品に関しては、初めは理解が難しく、戸惑っていましたが、カタログやチラシ、また担当者の説明を含め、非常にわかりやすかったです。保険料についても、高いと印象を持つことはなく、保障内容に見合った価格帯でございました。また、顧客対応に関しては、非常に丁寧であり、親身になって相談に乗っていただきました。

楽天生命のがん保険のメリットとデメリット


ここまで楽天生命の「スーパーがん保険」について、基本情報と口コミを紹介してきましたが「スーパーがん保険」が、どんな保険なのかご理解いただけましたでしょうか。


生命保険は他の保険とも比較しながら選択することで、自分に一番合った保険を選ぶことが大切です。しかし、保険のことは難しくて分からない、という方もいるのではないかと思います。


そこで、明確にどんなメリットやデメリットがあるのか、他のがん保険とどういったところが違うのか、メリット、デメリットともに3つずつまとめてみました。他のすべての保険と違うというわけではありませんが、ぜひ、他の保険と合わせて比較してみてください。

3つのメリット

まず、3つのメリットをまとめました。主なメリットは
  • 楽天ポイントをもらうことができる
  • 充実した保障内容で長期的な闘病でも対応できる
  • がんと診断されると支払いが免除される特約が基本保障に入っている
の3つです。それぞれ細かく説明していきます。

楽天ポイントをもらうことができる

楽天グループの保険なので楽天ポイントをもらうことができるのもメリットです。他の楽天サービスを利用される方にとっては、特に大きいメリットになっているのではないかと思います。

充実した保障内容で長期的な闘病でも対応できる

各種治療の際に受けられる給付金や、特約によってがん診断時や入院時などさまざまなタイミングで給付金を受けることができるので長期的な闘病になっても対応することができます。


がんと診断されると支払いが免除される特約が基本保障に入っている

最低限の基本プランから保障の中にがんと診断されると支払いが免除される特約が入っているのでがんと診断された時点で毎月払っている保険料が免除になるので経済的な負担も減ることになります。

3つのデメリット

つぎに、3つのデメリットは
  • 保険料が他の会社の商品と比べて安いわけではない
  • 先進医療特約が10年で更新になってしまう
  • 終身払いしか選択できない
の、3つです。それぞれ細かく説明していきます。

保険料が他の会社の商品と比べて安いわけではない

保険料は他の会社の商品と比較すると特別に安いというわけではありません。しかし、特約を組み合わせることで自分の受けたいと思う特約だけを受けることができ、楽天ポイントももらえるのでムダは少なくなるのではないでしょうか。

先進医療特約が10年で更新になってしまう

先進医療による療養を受けた時に受けられる先進医療特約が10年で更新となります。現在は安価で付帯できる特約ですが、医療が進化し、医療費も上がっていく事を考えると、それに対する保険料も上がっている可能性があるので、終身で特約が付帯できるものに比べると見劣りするかもしれません。

終身払いしか選択できない

支払い方法が終身払いしかないことはデメリットの1つです。がんに罹患しない限り支払いが続くことになります。しかし、終身払いのぶん、保険料が安いという見方をすることもできます。

がん保険で損をせずに加入したいならまずは保険のプロに無料相談!


ここまで、楽天保険の「スーパーがん保険」についてさまざまな角度でみてまいりました。


楽天保険の「スーパーがん保険」以外にも、さまざまながん保険がありますが、自分に合った保険に、損をしないように加入したい場合は、まず、保険のプロに相談することが大切です。


マネーキャリアなら専門家に無料で相談することができるので、自分に合った保険を探すことができます。保険の場合は支払い料金だけでなく、保障内容もきちんと自分のリスク管理にあったものにした方がよいので、保障内容もふくめて専門家に無料で相談した方がよいでしょう。


保険の悩みだけでなく家計のお悩みもお金のお悩みもプロが解決してくれます。

  • お金が貯まらない
  • 将来の資金がどれくらいかかるのか不安
  • 教育費、保険の加入、住宅ローンが心配
  • 家計の中で節約できる点をアドバイスして欲しい
  • ライフプランを一緒に考えてほしい
といった相談をすることができます。

保険に関しては、保険会社によって保障内容もさまざまなので、複数の違う保険に加入していると、同じ保障内容が入っている場合などがあります。プロに相談すると無駄が少なく加入する事ができるでしょう。

保険だけでなく、家計のお悩みやライフプランの相談も一緒に解決してくれるので、保険を見直すのと同時に生活全体を見直してみるのもよいのではないでしょうか?

楽天生命のがん保険の告知内容


生命保険に加入する際には、自身の状態の告知をする義務があります。がん保険も同じで、保険会社に質問された健康状態や職業などについて、告知しなければならない義務があります。


加入するときには、過去の傷病歴、現在の健康状態、身体の障害状態、職業や質問に対して、事実をありのまま正確に、もれなく告知しなければなりません。


傷病歴や、自身の状態など質問された回答内容に問題があると、加入を断られてしまうことがあります。告知の関係で自身の加入が難しい、と思っている方もいらっしゃるかもしれん。


しかし、自身の状況を相談してみることで、条件付きで加入を引き受けてもらえる、といったこともあります。自身の判断であきらめずに、一度相談してみると加入を引き受けてもらえるかもしれません。


もしも、質問されたことに対して、正しく告知しなかった場合は、契約が解除されてしまうので注意が必要です。事実を正確に告知し、加入するようにしましょう。

楽天生命のがん保険の加入までの流れ


楽天生命の「スーパーがん保険」に加入するには何が必要でどういった流れで加入することができるのか、まとめました。


まず、申し込みに必要な書類は

  • 本人確認書類
  • クレジットカードまたは口座番号

の2種類があれば加入することができます。本人確認書類は運転免許証、住民基本台帳カード、特別永住者証明書、在留カード、各種健康保険証、各種年金手帳、個人番号カード(マイナンバーカード)です。


つぎに、加入のための9ステップです。

  1. 保険プランの検討
  2. 情報の入力・確認
  3. 選択した保険プランの確認・重要事項の確認
  4. 告知事項の入力
  5. 保険証券不発行特約の選択
  6. 保険料のお支払方法の選択
  7. 本人確認書類のアップロード
  8. 申し込み内容の最終確認
  9. 契約の承諾

じっさいには、最後の契約の承諾は楽天生命の方で行われるので8ステップです。


全てネット上で行うことができ、本人確認書類の画像をアップロードして本人確認を済ませれば簡単に加入することができます。対面での加入もできるのでネットでの加入に抵抗がある方はそちらを希望してもよいかもしれません。

参考:無料で加入できる「楽天ミニ保険」にデメリットはある?


じつは、楽天には無料で加入できるがん保険「楽天ミニ保険」というものがあります。


無料ということで、デメリットは無いような気がしますが、気になったデメリットをまとめました。
  • 保険期間が1年と短い
  • 最初の90日間は適用外
  • がん治療の給付金は5万円のみ
  • 上皮内新生物は対象外になる
とはいえ無料で受けられる保険で5万円の保障がつくのでこれといって失うものはなく、明確にデメリットといえるようなものはありませんでした。加入条件と保障内容をまとめました。

加入条件

無料で加入できる「楽天ミニ保険」ですが、加入の条件はどのような条件なのか、調べてみました。


楽天ミニ保険」の加入条件は以下の通りです。

  • 楽天カードの会員であること
  • 楽天会員のランクがダイヤモンド、プラチナ、ゴールドランクのいずれか
  • 年齢が20~69歳

加入条件の中に、会員のランクがゴールド以上というものがありますが、半年で700ポイント以上を獲得しつつ、7回以上のポイントを獲得するとゴールドランクになれます。


月1~2回より多くサービスを利用して、100ポイント以上もらえる程度に買い物をしている方は、会員ランクの心配の必要はなさそうです。


楽天サービスをある程度利用する方であれば、無料の分条件が難しい、ということは無いようです。

主な保障内容

つぎに、無料で加入することができる「楽天ミニ保険」の保障内容はどういったものなのでしょうか?保障内容を確認していきましょう。


楽天ミニ保険」の保障内容はがん(悪性新生物)と診断されたら、5万円のがん診断給付金を受け取ることができる、というものです。


実際に、がんになった時に5万円では心もとないですが「楽天ミニ保険」に入らなければ1円も受け取ることはできないので、保障金額としては少なく感じますが損はないでしょう。


また、保険期間は1年間となっており、満期を迎えると自動的に契約終了となります。たとえば、自動的に有料プランに切り替わるといったことも無いので安心して加入することができるのではないでしょうか。

楽天生命のがん保険に関するまとめ


ここまで楽天生命の「スーパーがん保険」についてさまざまな角度でみてまいりましたがいかがでしたでしょうか。


さまざまな保険の特徴を理解して、きちんと比べることで余計に保険料を払ってしまったり、いざ保障を受けようと思った時に、思った保障が受けられないといったことが無いようにきちんと理解しておくことが大切です。


とくに、楽天生命の「スーパーがん保険」は楽天ポイントがもらえたり、特約によっては長期間の入院も可能で、3大治療にフォーカスした手厚い保障がポイントです。その分、終身払いしかないので決まった期間だけ保障が欲しい場合には不向きな保険となっています。


自分がどのような保険が必要かしっかり確認したうえで、他のがん保険と比較し、自分に合った保険に加入できるとよいのではないでしょうか。

ランキング