火災保険ALL

火災保険はクーリングオフできる?再加入の保険選びのポイントとは?

火災保険は、1年以上の契約で一定の条件をクリアしているのであれば、クーリングオフ制度を使用できます。ここではクーリングオフができる条件や、記入内容などを解説します。また、火災保険の再加入時に知っておきたい保険選びのポイントや、人気の火災保険を4つ紹介します。

火災保険はクーリングオフできる?

火災保険に入ったけれども、やはり補償内容が不足していたり、逆に過剰であったりしてクーリングオフしたいと思うことがあるでしょう。


火災保険はクーリングオフが可能なので、早くご自分に合った火災保険へ変更したいと思っている方々にとっては安心ですよね。


しかし、火災保険にはクーリングオフができない場合があることや、クーリングオフを正しく行わないと有効にならないことはご存知でしょうか。


ご自分がクーリングオフをしたつもりになっていても、保険契約が継続されていて、後から大慌てすることになるかもしれません。


そこで今回は、「火災保険のクーリングオフの方法と注意点」について

  • 火災保険のクーリングオフの条件
  • 有効なクーリングオフ手続き
  • 再加入する火災保険選びのポイント
以上のことを中心に解説していきます。                                                     
 

この記事を読んでいただければ、火災保険のクーリングオフの手続きと、その注意点を知ることに役立つと思います。                          

ぜひ、最後までご覧ください。

火災保険はクーリングオフができる!

損害保険の場合、自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)のような強制加入保険はクーリングオフできません。


一方、任意保険の場合ならばクーリングオフは基本的に可能です。


損害保険の一つである火災保険は任意保険なので、原則としてクーリングオフを行うことができます。


こちらでは、クーリングオフ可能な期間と注意点、クーリングオフができない契約、必要な記入事項について解説します。


解約可能な期間と注意点

クーリングオフとは、契約を申し込んだ個人に考え直す期間を与え、一定の期間内であれば保険会社と締結した契約を一方的に解除できる制度です。


この制度には次のような法定された有効期間があり、注意点も存在します。


クーリングオフの期限


クーリングオフは、保険会社から契約書面を受け取った日より、その日を含めて8日以内に行わなければいけません(保険業法第309条)。

わかりやすく事例を上げて説明しましょう。

〇ケース1:申込をした日と契約書面を受け取った日が同日(2月10日)

日付期限
2/101日目クーリングオフ可能
2/112日目
2/123日目
2/134日目
2/145日目
2/156日目
2/167日目
2/172日目クーリングオフ期限
〇ケース2:申込をした日が2月8日で、契約書面を受け取った日が2月10日の場合
日付期限
2/8
2/9
2/101日目クーリングオフ可能
2/112日目
2/123日目
2/134日目
2/145日目
2/156日目
2/167日目
2/172日目クーリングオフ期限

クーリングオフの注意点


火災保険の保険契約を代理店で行ったなら、代理店にクーリングオフをしたいものです。

しかし、クーリングオフは必要事項を記載した書面を、保険会社宛に郵送する必要があります。

郵送方法はハガキまたは内容証明郵便で行いましょう。

ハガキで行う場合は、「特定記録郵便」または「簡易書留」で送付します。
 

また、保険会社でクーリングオフの方法や郵送方法を指定していればその指示に従います。
 

この方法を期限内に行ったかは、郵便局の「消印」が何日かで判断されます。

つまり、クーリングオフ書面の発送により効力が生じることとなります。 

保険会社が独自の制度を定めていることも


保険会社では、法定されたクーリングオフ制度を用いるばかりではなく、独自のクーリングオフ制度を設けている場合があります。  

ただし、法定されたクーリングオフより厳しい制約を課すことは認められず、逆に個人(契約者)に配慮した内容となっています。
 

例えば、クーリングオフの有効期限を伸長し、30日以内まで可能という場合もあります。

原則としてクーリングオフができない契約

火災保険でクーリングオフができないケースは次の通りです(保険業法施行令第45条等参照)。

  • 個人である契約者が自ら指定した場所で契約手続きをした
  • 個人である契約者が契約をする意思を明確にし、保険会社または代理店に予約訪問して契約した
  • 口座振替により保険料を払い込んだ契約
  • 質権が設定されている契約
  • 保険の継続(更改)契約
  • 火災保険の契約期間が1年以下
  • 個人ではなく法人や社団による契約 等
クーリングオフはあくまで「個人の保護」を目的としています。

そのため、個人が申し込みを希望し積極的に契約を行った場合は、原則として対象外です。

また、個人ではなく法人・社団による契約の場合、こちらも対象外となります。

クーリングオフ手続きで必要な記入事項

クーリングオフ書面の書き方は基本的に自由です。


ただし、保険会社のクーリングオフ書面では次のような事項を必ず記載します。

  • クーリングオフをする旨の明確な意思表示
  • ご自分(契約者)の氏名・住所・電話番号
  • 契約の申込日
  • 契約した保険の種類
  • 申込番号(保険証券番号)
  • 保険料の領収証番号
  • 取扱営業店名
  • 取扱代理店・担当者名
その他、保険会社の所定用紙や記載事項が指定されているなら、その指示に従います。

再加入する火災保険選びのポイント

火災保険をクーリングオフしても、ご自分が損害保険会社から敬遠されたり、保険加入時に不利になったりすることはありません。


他社の火災保険はもちろん、同じ保険会社の火災保険へ加入しても問題ありません。


こちらでは、ご自分の建物やお住いの地域の環境に合わせた、火災保険選びのポイントについて解説します。

保険料の安さで選ぶ

申し込んだ火災保険の保険料が、予想外に重い負担となることがわかり、結局クーリングオフしたということもあるでしょう。


インターネットで契約できる火災保険なら、人件費がかからない分保険料は安くなります。


また、火災保険は、基本補償である火災や爆発等の被害補償を除いて、補償内容を自由にカスタマイズできる商品があります。


ご自分の建物や家財に、不要な補償をそぎ落としていけば、火災保険料も随分安くなります。


インターネットで申し込めて、補償内容を自由に設定できる商品が、保険料を安くできる商品と言えます。

補償内容の豊富さで選ぶ

ご自分のお住いの環境や、自然災害のリスクによって補償を選ぶこともポイントです。


自然災害は心配ない地域だが、住んでいる地域で盗難事件が発生したというような場合は、盗難被害に厚い補償(特約)を付加できる商品を選びたいものです。


また、ご自分の住む地域は仲の良い人たちばかりだが、洪水被害のリスクがある場合は、水災補償を重視するべきでしょう。


このように地域の状況に合わせ、幅広い補償内容からご自分にとってベストな補償を選べることがポイントとなります。

割引制度の豊富さを確認する

火災保険には割引制度もあり、「インターネット申込で〇〇〇〇円割引」、「新築戸建なら〇〇〇〇円割引」というものがあります。


これらの割引制度をうまく利用することで、ご自分の出費を軽減することにも役立ちます。


火災保険を販売する保険会社のサイトでは、いろいろな割引制度を扱っているので、比較しながら保険選びをしても良いでしょう。

戸建て住宅におすすめのメガ損保4つを紹介

こちらでは、戸建て住宅におすすめの火災保険を紹介します。

  • 火災保険の補償内容・保険料
  • 火災保険加入者の口コミ
を通して、「東京海上日動」「三井住友海上」「損保ジャパン日本興亜」「あいおいニッセイ同和損保」の商品を解説します。

東京海上日動

東京海上日動は「トータルアシスト住まいのプラン」という火災保険を販売しています。


トータルアシスト住まいのプラン補償内容・保険料


次の3つの基本補償タイプがあります。
  • 充実タイプ:火災、落雷、破裂、爆発、風災、雹(ひょう)災、雪災、水災、盗難、水濡れ、外部からの衝突等のすべての補償を受けられるプランです。
  • マンション向けタイプ:水災補償を省いたプランです。
  • スタンダードタイプ:偶然な事故による破損を除いたプランです。
また、本商品の特徴として、地震被害を補償する地震保険が原則自動セットになっています。

保険料(建物・家財)は次の通りです。

(例)
  • 補償タイプ:充実タイプ
  • 建物:一戸建て(H構造)
  • 所在地:東京都
  • 建物:1,500万円
  • 家財:1,000万円
→保険期間1年で49,770円となります。

トータルアシスト住まいのプランの口コミ


①50代・女性

最大手の損保会社で安心感があり、地震保険も自動付帯なので補償内容も充実している。

②40代・男性

いろいろなタイプから希望の補償内容を選べるので安心だ。自分の家で偶然な事故は考えられないのでスタンダードタイプで契約している。

③評判

選べる補償タイプや、地震保険が自動付帯等、設定されている補償内容が高い評判を得ています。

三井住友海上

東京海上日動は「GK すまいの保険」という火災保険を販売しています。


GK すまいの保険の補償内容・保険料


次の3つの契約プランがあります。
  • 6つの補償プラン:火災・爆発、風災・雹災・雪災、水ぬれ、盗難、水災、破損・汚損等が補償されます。
  • 5つの補償プラン:破損・汚損等を除き補償されます。
  • 4つの補償+破損汚損プラン:水災を除き補償されます。
保険料(建物・家財)は次の通りです。


(例)

  • 契約プラン:6つの補償プラン
  • 建物:一戸建て(H構造)
  • 所在地:東京都
  • 建物:2,000万円(免責金額3万円)
  • 家財:1,000万円(免責金額3万円)
→保険期間1年で57,030円となります。

GK すまいの保険のプランの口コミ


①40代・男性

保険料はそんなに高くないものの、それなりに基本補償はしっかりしている。

②30代・女性

私の家は高台にあるので洪水は考えられず、水災を外した4つの補償+破損汚損プランに入っています。保険料もお手頃で満足です。

③評判

不要な補償を削れて保険料を安くできるとともに、基本補償がしっかりしている点に評価が集まっています。

損保ジャパン日本興亜

損保ジャパン日本興亜では、「THE すまいの保険」という火災保険を販売しています。


THE すまいの保険の補償内容・保険料


戸建のモデルプランは3種類があります。

  • 幅広いリスクに備えるプラン:火災や自然災害の被害、盗難、破損、近隣への類焼などの幅広いリスクに備え、自己負担額0円、地震火災特約等も付与したプランです。
  • 家族も安心のプラン:こちらは基本補償が揃い、自己負担額5万円となります。類焼損害特約等も付与したプランです。
  • 家財のみを補償したい方向けプラン:家財も補償対象しとしたプランです。自己負担額5万円となります。
保険料(建物・家財、地震なし)は次の通りです。

(例)
  • 契約プラン:幅広いリスクに備えるプラン
  • 建物:一戸建て(H構造)
  • 所在地:東京都
  • 建物:1,800万円
  • 家財:800万円
  • 保険期間:5年
→年間保険料に直すと50,840円となります。

THE すまいの保険の口コミ


①30代・男性

ネットで具体的な家族構成や補償のモデルプランが取り上げられていたので、保険選びに役立った。

②40代・女性

もともと車の保険を損保ジャパンで加入していたので、損保ジャパンの担当者に見積もりを行ってもらい、納得して加入しました。毎回わかりやすい説明に感謝です。

③評判

具体的な家族構成や補償のモデルプランのわかりやすさ、担当者の質の高い説明が高く評価されています。

あいおいニッセイ同和損保

あいおいニッセイ同和損保では、「タフ・住まいの保険」という火災保険を販売しています。


タフ・住まいの保険の補償内容・保険料


次の3つの契約プランがあります。

  • ワイドプラン:火災や自然災害の被害、盗難、破損・汚損等の幅広いリスクに備えるプランです。
  • ベーシックプラン:破損・汚損を除いたプランです。
  • エコノミープラン:火災・風災・雹災・雪災に限定したプランです。
保険料(建物のみ)は次の通りです。
(例)
  • 契約プラン:ワイドプラン
  • 建物:一戸建て(H構造)
  • 所在地:東京都
  • 建物:1,500万円
  • 保険期間:5年
→年間保険料に直すと24,190円となります。

タフ・住まいの保険の口コミ


①20代・女性

補償内容は無駄を省いてリーズナブルな料金に納得しました。丁寧な対応もしてくれるので安心しています。

②30代・男性

自由にカスタマイズできるのがいい。自分はエコノミープランで十分なので満足している。

③評判

不要な補償を可能な限り外して、利用者に合ったプランが設定できる点に高い評価を得ています。

まとめ:火災保険のクーリングオフ制度で最適な保険に入ろう

火災保険のクーリングオフの方法と注意点について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。                          

今回の記事のポイントは

  • 火災保険はクーリングオフが可能だが、条件や期限に注意する
  • 保険会社では、契約者に有利な独自のクーリングオフ制度を設けている場合がある 
  • 再加入する火災保険選びのポイントは、自分に合った補償内容や保険料等をよく比較して検討すること  

でした。

できるだけ保険の空白期間を避けるため、現在加入中の火災保険よりも、自分に合った火災保険を見つけた後、クーリングオフを行うことが賢明です。

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

ランキング