自動車保険を解約するには?乗り換える場合のポイントを解説!

自動車保険の解約を検討している方はたくさんいらっしゃると思います。しかし、解約するにはどうしたらいいのか、注意点は何なのか、乗り換える際の注意点は何なのかなど気になることが多いですよね。この記事では自動車保険の解約方法や注意点を解説します。

自動車保険を解約する手続きは?

この記事をご覧のあなたは、自動車保険の解約について詳しく知りたい、と思っておられることでしょう。
 


自動車保険を他の自動車保険に乗り換える場合や、自動車を売却するのでもう車に乗らない、という方は解約手続きをしなければなりません。
 


しかしウェブサイトを見てみても、加入方法は詳しく書かれているのに解約方法がなかなか見つからない、と思っておられる方は多いでしょう。 


ですが実は、自動車保険は簡単に解約することができます!


そこでこの記事では、
 

  • 自動車保険を解約するときの手順とは? 
  • 自動車保険の解約日にベストな日とは? 
  • 解約して別の保険に乗り換えるときのポイントとは? 
  • 「代理店型」と「ダイレクト型」はどちらが安い? 

以上の点を取り上げていきます。  


この記事を読んでいただければ、自動車保険の解約方法だけではなく「上手な」解約方法について理解していただけるでしょう。 


ぜひ最後までご覧ください。

無料自動車保険一括見積もり
▼あなたの車のメーカーをお選びください ヘルプ
Powered by 保険スクエアbang!

まずは自動車保険会社に連絡!

自動車保険を解約するとき、まず一番最初に行うことは、加入している自動車保険の保険会社に連絡することです。  


自動車保険は基本的に自動更新となっているため、解約するには所定の解約手続きを行う必要があります。 


また、契約内容を変更したい場合にも必ず手続きが必要です。


そこで解約にあたっては、いくつか注意したいこともあります。
 


それは、どのような点でしょうか。


自動車保険を解約する場合の注意点

途中解約時の大切な注意点として、「なぜ解約するのか」という点をはっきりさせるようにすることが大切です。


それによって、保険を中断させて等級を保存しておく必要があるのかどうか、という点が変わるからです。
 


自動車保険におけるノンフリート等級は、保険会社によって「中断証明書」という書類を発行してもらえるなら、自動車保険に加入しないまま等級を保存することができます。
 


出張等の理由で乗り換えではなく車を手放してしばらく乗らなくなるけれど、また何年か後には車に乗る可能性がある場合に、本来はリセットされるはずの等級が保存されるため、高い割引率でまた新しい保険に加入することができます。
 


ですから、一時的に保険をやめるという方は必ず中断証明書を発行してもらうようにしましょう。

解約を伝える期限はある?即日の解約も可能?

解約は、いつまでに解約しなければ期限が来て手続きが無効になるということはありません。


また自動車保険を解約する場合は、解約の旨を連絡したその日以降であれば、解約日に設定することができます。  


ですから、「すぐに解約して支払い済みの保険料を少しでも多く戻して欲しい」と考える場合など、連絡した当日を解約日に設定することで確かに即日の解約も可能です。
 


さらに、すぐに解約するのではなく満期が来たらその時点で解約されるように設定することもできます。


当然ですが、過去の日付にさかのぼって解約日を設定することはできません。

自動車保険の解約によって違約金を支払うことはない

ある方は、自動車保険の解約に伴って違約金が発生するのでは?と不安に思っておられるかもしれません。


例えば、スマートフォンのキャリア契約の場合、契約年数に満たないうちに解約すると、違約金が発生します。
 


しかし、自動車保険(任意保険)の場合は契約期間が終わらないうちに解約しても、違約金が発生することはありません
 


自動車保険は保険料を「先払い」する方式であり、1年契約の場合まとめて保険料の年額を先にすべて支払うことになるため、違約金が発生することはありません。
 


また、支払い方法が「月払い」の場合であっても違約金は発生しません。

自動車保険の解約日はいつがベスト?

これから自動車保険の解約を考えている方は、もしかすると「すぐに解約したい」と考えているかもしれません。


それには、家計上の事情や心理的な部分も関係しているでしょう。


強制保険である自賠責保険と二重に保険料を支払っていることが負担になっている方もおられるかもしれません。


もちろん、任意保険は加入者が希望するタイミングで解約手続きを行うことができます。
 


しかしたとえ何らかの事情があったとしても、ある程度「解約のタイミング」を見計らったほうが良い理由があります。


それには、どのような理由があるのでしょうか。

満期を迎えるタイミングで解約しよう

満期を迎えるタイミングで解約すべきなのは等級に関わってくるからです。


自動車保険における「ノンフリート等級」制度では、等級によって保険料が変わります。
 


契約期間中「無事故」であれば契約更新後に等級が上がり、保険料の割引率が高くなります。
 


ですから、満期を迎えてから保険を解約し、別の保険に乗り換えることによって、高い割引率が適用された状態で新しい保険を開始することができます。
 


逆に、満期前に乗り換えを行ってしまうと、等級が変わらないまま新しい契約が始まることになります。


特殊な事情がない限り、等級に影響を及ぼしたくない方は満期を迎えるタイミングで解約するようにしましょう。

満期前に途中解約したら解約返戻金はもらえる?

保険料を先に1年分支払っている方は、解約すると残っている契約期間分の保険料はどうなるのか気になる方もおられるでしょう。
 


保険料を「年払い」している場合は、短期率という基準のもと、残存分の解約返戻金を受け取ることができます。


【短期率の表】

解約までの期間短期率
7日10%
1カ月25%
3カ月45%
6カ月70%
10カ月90%
12カ月100%


この表を基にして、短期率は以下の計算式で求めることができます。


解約返戻金 = 保険料年額 × (1-短期率) 


例えば、年間の保険料が8万円の保険に加入して、たった1カ月で辞めてしまった場合は、6万円しか戻ってきません。 


保険料を月々に換算すると6,700円程度であることを考えると、13,000円ほど損失を生み出してしまいます。 


それに対して、契約期間が残り1カ月の時点でやめた場合の返戻金は4,000円となり、損失が大幅に少なくなります。 


このように、保険料を「年払い」している方が契約早々にやめてしまうと、返戻金が大幅に少なくなり損となってしまいますので、注意が必要です。

自動車保険を解約し乗り換える際のポイント

ここまで、自動車保険の乗り換えに伴う解約時の注意点について取り上げてきました。
 


解約時に違約金が発生しないのは良いけれど、満期のことや解約返戻金のことなど意外といろいろな注意点を考えなければいけないのか…と思われた方も多いでしょう。
 


しかし、次から取り上げるポイントを覚えておけば、乗り換えに伴う解約時のデメリットを軽減することができるかもしれません。


自動車保険の乗り換え時に大切な2つのポイントを紹介します。

保険期間通算特則を使って等級を引き継ぐ

1つ目は、乗り換えに伴い「保険期間通算特則」を適用させるという点です。
 


さきほど取り上げたように、契約の満期を迎えていない状態で解約をすると契約開始時期がリセットされ、新たに1年満期を待たなければ等級が上がりません。
 


しかし、乗り換えに伴って「保険期間通算特則」を適用できるいくつかの保険会社においては、等級に伴う契約期間がリセットされずに引き継がれます。
 


それにより、旧保険における満期日を迎えた段階で、新しい保険でも等級を上げることが可能となります。 


【「保険期間通算特則」適用なしの例】 

  • 保険開始:4月1日(10級) 
  • 解約日:8月1日(10級) 
  • 等級更新日:翌年の8月1日(11級) 


【「保険期間通算特則」適用ありの例】 

  • 保険開始:4月1日(10級) 
  • 解約日:8月1日(10級) 
  • 等級更新日:翌年の4月1日(11級) 


この特則は、保険会社の乗り換えを容易にしてしまうため利用できる保険会社は限られていますが、利用できる保険会社に加入しているなら解約に伴う大きなリスクを一つ減らすことができます。

保険料の安さで選ぶならダイレクト自動車保険がオススメ

2つ目は、自動車保険の申し込み方のタイプ(型)です。


現代では自動車保険に、多くの方が電話や書類を郵送するかたちではなくインターネット申し込みをしています。
 


インターネット経由で申し込むと、様々な利点があるからです。 

  • 保険料が安くなる
  • 手続きが簡単 
  • 店舗に直接行く必要がない
     

個人情報の入力など、手続きの大半はウェブ上で終わらせることができます。


このような、インターネットで申し込む「ダイレクト型自動車保険」は代理店を通さない契約方法なので、手数料分が加算されない分保険料は安くなるのです。

代理店型とダイレクト型の違い

今ちょうど「安い」として紹介された「ダイレクト型自動車保険」ですが、それに対して代理店を通した契約方法を「代理店型自動車保険」と言います。
 


具体的には、この2つには次のような違いがあります。

 

【それぞれのメリットの違い】

ダイレクト型 代理店型
保険料
(手数料分が加算) 
手続きの簡易さ
保険相談△(代理店での
相談はできない)
○(FPに相談
できる場合もある)
サポート


このように、代理店型の方式にも、対面で直接スタッフやFP(ファイナンシャル・プランナー)と相談したうえで保険を決定することができる、という大きな利点があります。  


また、代理店を通すことによる独自のアフターサポートが受けられるというメリットもあります。
 


加入を考えている方それぞれが、自分や家族にとって最適な方法で保険契約を行うようにしましょう。

コラム:解約後の自動車保険、どうする?

自動車保険を解約した場合、車の運転を続ける方は万が一に備えてまた新たな自動車保険に備えると思います。 


加入するとしたらロードサービスや万一の時の対応力等を見た上で保険料が安い自動車保険に入ろうと思っているのではないでしょうか?


しかし、全ての保険会社で見積もりをしようと思うと大変面倒です。
 


そんな時に役に立つのが自動車保険の一括見積もりサービスです。


 何と無料で、20社近くもの自動車保険を一度に比較することができます。

 

自動車保険の一括比較を無料で行いたい方は、下のボタンからどうぞ!

まとめ:自動車保険の乗り換えを上手く行って保険料を抑えよう!

今回は、自動車保険の解約、またはそれに伴う保険の乗り換えに関して取り上げてきましたが、いかがでしたでしょうか。 


今回の記事のポイントは、  

  • 自動車保険は自動更新のため、自ら解約手続きを行う必要がある 
  • 満期を迎えてから解約すると、等級が上がるまでの日数が加算されない 
  • 保険会社が「保険期間通算特則」に対応しているなら、旧保険における更新日で等級を上げられる 
  • 保険料は「ダイレクト型」で加入したほうが安い 

以上の点です。  


自動車保険は任意保険であり、それぞれが自動車保険に求めているものは違います。
 


だからこそ保険を解約して乗り換えるとしても、乗り換え先でしっかり乗り換えたことでのメリットを受けられるような準備をしてから、解約手続きを進めるようにしましょう。
 


ほけんROOMでは、この記事の他にも役に立つ記事を多数掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング