自動車保険に加入している場合レンタカーの保険はどうすべき?

自身で自動車保険に加入している場合レンタカー保険は必要か気になりますよね。1日自動車保険で補償されるのかも気になるところです。他車運転特約が付いていればそちらで補償することも可能ですが注意点もあります。この記事ではレンタカーの保険が必要かどうか解説します。

レンタカー保険は必要か?

あなたは、すでにマイカーをお持ちでご自身で自動車保険にも加入していらっしゃるかもしれません。


しかし、マイカーが故障中や車検中などで、レンタカーを借りる場合もあります。


そんな時、「レンタカーはいつもの自分の車ではなく慣れていないので、思わぬ事故に遭遇してしまうかも」と心配になる方もおられるでしょう。


それでは、レンタカーに乗っている時に事故に遭ったら、自動車保険は適用されないのでしょうか?レンタカー用の保険などないのでしょうか?実は、そんなことはないのです。


そこで、この記事では「レンタカーの保険」について、

  • マイカーの他車運転特約
  • レンタカー料金に含まれている自動車保険
  • 免責保障制度の内容
  • 1日自動車保険の補償内容

以上のことを中心に解説していきます。


この記事を読んでいただければ、レンタカーを使用している時の自動車保険の適用についてご理解いただけるかと思います。


是非最後までご覧下さい。

自身の他車運転特約があれば加入しなくても補償される

実は、ご自身の加入しているマイカーの自動車保険の中に、他車運転特約が含まれていた場合、追加でレンタカーの保険などに加入しなくても補償を受けることができます。


例えば、あまり考えたくない話ですが、ご自身や家族の方がレンタカーを運転していて、事故を起こしてしまったとします。すると、他車運転特約を利用して、保険金の支払いが行われるというわけです。


逆に、もし他車運転特約が含まれていなければどうなるでしょうか?


今回はレンタカーの場合ですが、もし友人の車を借りて事故を起こしてしまった場合、他車運転特約がなかったら、自身の自動車保険からではなく、友人の自動車保険で保険金が支払われます。友人関係が険悪になりかねません。


他車運転特約があれば、まずは一安心ですね。


自動車保険の他車運転特約とは

では、その「自動車保険の他車運転特約」について、定義を詳しく見ていきましょう。


自動車保険の他車運転特約とは、ご自身(記名被保険者)やご家族が、マイカー以外の車を臨時に借りて運転して事故を起こした場合、自分の自動車保険を使って保険金を支払う特約のことです。


また、他車運転特約の対象となる車両は一般的なもので、プライベートで運転するのであればほぼ対象になります。「運転していた車には特約が適用されなかった」ということはまず起こりません。

しかし他車運転特約をつかうと等級が下がってしまう

ただし、レンタカーの事故で他車運転特約を使ってしまいますと、ご自身のマイカーにかけている自動車保険の等級が下がってしまうことになります。


これは、マイカーで事故を起こした時と全く同じです。


一般に、1年を通じて無事故だった場合、契約している自動車保険の等級は1つ上がり、保険料の割引率がその分高くなります。


一方、事故があった場合、1つ事故をおこすと、3等級下がってしまいます。この仕組は、レンタカーであっても全く同じです。


等級が下がるのは避けたいですね。では、他にどのような方法があるのか、見ていきましょう。

レンタカーの基本料金に保険は含まれている

そもそも、レンタカーを借りる際の基本料金には、自動車事故を起こした時のために、基本的な補償を受けるための保険料が含まれています。


それでは、その「レンタカーの基本料金に含まれている保険」の内容とは、一体どのようなものでしょうか?それで、補償は十分なのでしょうか?


この点について、以下で詳しく見ていきましょう。

料金に含まれている3つの保険

レンタカーの基本料金には、次に述べる3つの保険が必ず含まれています。なぜなら、それがレンタカー会社がレンタカー業を行う際に申請する「自家用自動車有償貸渡業の許可」の申請条件の1つとなっているからです。


まず、人と接触事故を起こした際に、被害者に対して支払うべき賠償への保険として、対人保険があります。これは、1人当たり8,000万円以上レンタカー会社が加入する義務があります。


次に、物と接触事故を起こした際に、被害者に対して支払うべき賠償への保険として、対物保険があります。これは、1件あたり200万円以上レンタカー会社が加入する義務があります。


最後に、人・物と接触事故を起こした際に、運転者、同乗者の治療費に対して支払われる保険として、搭乗者保険があります。これは、1人あたり500万円以上レンタカー会社が加入する義務があります。


それ以外にも、車の修理費等を補償する車両補償が含まれている場合が多いです。


ただし、これらの保険には免責額というものが存在するということに注意をしなければなりません。免責額とは、事故を起こした際に、事故を起こした本人が自己負担しなければならない金額のことです。一般的には、数万円程度です。


レンタカーを借りる際には、この免責額を補償する制度というものが存在します。それが、免責保障制度と呼ばれるものです。


次に、その免責保障制度について詳しく見ていきましょう。

免責補償制度とは

免責保障制度とは、事故を起こした際に保険に入っていても自己負担で支払わなければならない免責額を払わなくていいように補償する、という制度です。


ただし、この免責保障制度でも、ノンオペレーションチャージは対象外になることは注意が必要です。


ノンオペレーションチャージとは休業補償のことで、事故を起こした車を修理に出していてレンタルに使えない間の損害補償額のことです。


そのため、多くのレンタカー会社では、免責保障制度とノンオペレーションチャージを組み合わせたものをレンタカー保険として提供しています。


したがって、レンタカー保険には別途加入しておく必要が出てくるというわけです。事故を起こした時に免責額の数万円支払うのを避けたい、という方は加入しておきましょう。

1日自動車保険でレンタカーは補償される?

では、レンタカーで事故を起こした時の補償方法としては、マイカーの他車運転特約を使うか、レンタカーを借りた時に料金に含まれる保険にマイカー保険を加える以外に方法はないのでしょうか?


巷でよく、1日自動車保険という言葉を耳にします。あるいは、1日自動車保険の広告やパンフレットなどをご覧になった方もおられるかもしれません。


以下で、1日自動車保険でレンタカーが補償されるのかどうか、見ていきましょう。

1日自動車保険とは

1日自動車保険とは、簡単に言えば1日限りで加入できる自動車保険のことです。対人・対物の補償も無制限ですので、この点は年間契約の通常の自動車保険と全く同じです。


また、自損障害や搭乗者傷害も補償されますし、ロードサービスも充実しています。車両保険にもオプション加入できます。


ただし、1日自動車保険は、マイカーを対象にすることができません。


この点が通常の自動車保険とは違う所であり、他人の車を借りる時に限定して加入する保険と言えるでしょう。


では、1日自動車保険はレンタカーも対象になるのでしょうか?この点について見ていきましょう。

1日自動車保険では補償されない

残念ながら現在、レンタカーを補償する1日自動車保険はありません。


「レンタカー保険に入るよりも、1日自動車保険に入る方が安上がりになる」と考えてしまいがちですが、今のところはレンタカー保険を利用することになります。


「では、レンタカーはやめて他人から車を借りて、1日自動車保険に入ろう」と考える人もいらっしゃるようです。


それも一理ありますが、車を使う現地で借りることができるなど、レンタカーにもメリットがありますので上手く使い分けましょう。

コラム:自動車保険一括比較のススメ

この記事を読んでいる皆さんは自動車を所有し、自動車保険に加入している方が多くいらっしゃると思います。 


ですが、車の購入時にディーラーや保険代理店で自動車保険に加入し、現在の保険料に対して高いと不満に思っていませんか?
 


もしかすると不必要な補償が付いているかもしれません。 

この機会に自動車保険の見直しをしてみませんか? 


見直しをすることでなんと一年間に5万円もの保険料を節約できた事例もあります!


しかし一社ずつ見積もりを行うのは時間がかかり、めんどくさいですよね。


そこでおすすめなのが一括見積りサイトで見積もりを行うことです!

一括見積りサイトなら何度も個人情報を入力する必要がなく無料で見積もりができるので、気軽に保険料の比較を行うことができます。


今自分が加入中の保険についている補償と同条件でも保険料が安い会社を見つけることができると思います! 


契約しなくても見積もりだけでも大丈夫なので、是非一度一括見積りサイトで見積りを行ってみてはいかがでしょうか。


自動車保険を見直したい方は以下のボタンからどうぞ!

(保険スクエアbangに飛びます)

まとめ:レンタカー保険があれば安心!

レンタカーの保険について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回のこの記事のポイントは、

  • マイカーの他車運転特約でもレンタカーは補償されるが等級は下がる
  • レンタカーの基本料金に基本的な保険は含まれている
  • 追加でレンタカー保険に入れば、免責保障制度等の補償も受けられる
  • 1日自動車保険では、レンタカーは補償されない

それぞれの特徴を知り、レンタカーを借りるか他人の車を借りるか、他車運転特約を使うかレンタカー保険に入るかを状況に応じて上手に選択しましょう。


保険ROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。

  • ランキング