自動車保険ALL

自動車保険の基礎知識

自動車保険の選び方

自動車保険の請求方法

車両保険の一時的な解約を考えている方必見!中断証明書を活用しよう

お車の売却や海外への長期滞在などで一時的に車両保険の契約を解除しようとお考えの方もいることでしょう。中断証明書を使えば、今まで通りの等級で車両保険を再開できることをご存知でしょうか?本記事では、中断証明書の効果や発行条件・利用条件について解説します。

車両保険の中断証明書とは?いつ発行できるの?再発行できる?

結婚したから車が一台要らなくなった、転勤で海外への長期滞在が決まった、などライフステージの変化に伴って車を手放す時ってありますよね。



でも、車両保険をそのまま解約してしまうと、これまで積み上げてきた等級がリセットされて大変もったいないことになってしまいます。そんな時、車両保険には「中断制度」という選択肢があるのをご存知でしたか?



そこで、今回はこの「車両保険の中断証明書」について

  • その効果と利用条件とは?
  • いつ発行できるのか?
  • 再発行は可能なのか?

など、気になるポイントを解説していきます。 



この記事をお読みいただければ、車両保険の「中断証明書」を理解するのに役立つかと思います。ぜひご覧くださいね。

車両保険の「中断制度」とその効果



「中断証明書」とは、車を今後しばらく使う予定がないときに、車両保険の等級を一時的に「中断」しておくための証明書です。発行から10年間キープすることが出来ますので、将来の必要に応じて、取得しておくことをお勧めします。


ここからは、「中断証明書」の効果について解説していきますので参考にしてくださいね。

一時的に車両保険を停止する時に使う

まず、中断証明を取得しておいた方がよいと判断されるのは、車を手放すため一時的に車両保険を停止する時」です。


例えば、

  • 転勤で海外へ長期滞在することになった
  • 引越しなど状況の変化により一時的に車に乗らなくなった 
  • 高齢になって車に乗れなくなったが、10年以内に同居している家族が車を運転する可能性がある
  • 妊娠して一時的に車に乗れなくなってしまった
などの理由により、今は車に乗らないけれど将来的に再び乗る可能性がある場合に有効です。

中断証明書を使えば、同じ等級で車両保険に再加入可能

通常、任意の車両保険へ初めて加入する際は、6等級あるいは7等級からスタートします。一度解約した後に再開する場合は、これまでの等級が帳消しになってしまい、高い保険料を払うこととなる大変な損をしてしまいます。


しかし、「中断証明書」を発行しておけば、いままで通りの等級で車両保険に再加入できます。また、10年以内であれば本人だけでなく同居している親族にも等級を引き継ぐことができます

中断証明書の発行条件・手続きについて

車両保険の中断証明書を発行するには所定の条件があります。また、保険の解約日または満期日の翌日から起算して、13ヶ月以内に手続きを行う必要があるのです



ここからは、車両保険の中断証明書の発行条件と手続きについて詳しく解説していきますので、参考にしてくださいね。




等級が7~20等級の時は中断証明書を発行できる

車両保険の「中断証明書」は、中断する際の等級が7~20等級であるという条件を満たす必要があります。


ただし、中断する契約の保険期間中に事故があった場合は、ダウン後の等級が7等級以上である必要があるので注意しましょう。


たとえば、中断したときの契約が6等級の場合でも、満期日まで無事故であれば7等級となり条件を満たします。ところが、中断したときの契約が10等級であっても、保険期間中に4等級ダウンの事故を起こした場合は6等級となるため条件を満たしません。


つまり、6等級未満の契約者には等級を引き継ぐメリットが無いので、中断証明書を発行する必要はありません。

中断証明書の発行手続き

車両保険の「中断証明書」の発行手続きには、以下のような書類が必要になります。
  • 中断証明書の発行依頼書 
  • 自動車保険証券の写し 
  • 車を廃車、売却、譲渡、リース業者へ返還、などをした証明書 
保険会社に連絡すると、発行依頼書が送られてきますので、依頼書へ記入・捺印の上、上記の必要書類と共に返送しましょう。通常1~3週間位で「中断証明書」が自宅に郵送されてきますので、紛失しないよう次の契約時まで大切に保管しましょう。

中断証明書の利用条件

中断証明書を発行してもらうための利用条件は、大きく分けて「国内特則」「海外特則」「妊娠による中断」の3つがあります。

中断する契約の満期日または解約日までに、
  • 【国内特則】契約中の車が廃車、譲渡、またはリース業者へ返還されていること。 
  • 【国内特則】車検の継続検査を受けておらず、自動車検査証が失効していること。 
  • 【国内特則】契約中の車が盗難されていること。 
  • 【国内特則】契約中の車が別の契約に車両入替されていること。
  • 【海外特則】記名被保険者が6ヶ月以内に海外へ出国すること。
  • 【妊娠による中断】車種が二輪または原付の記名被保険者が母子保健法が定める妊娠の届出を行う必要があります。
なお、海外特則では観光などが目的の短期滞在は含まれません。留学や転勤など長期滞在が条件となりますのでご注意ください。

紛失した時は再発行可能

中断証明書は有効期限が10年と長いため、紛失してしまうケースもあります。もし、紛失した場合でも、次のような手順を踏めば、再発行は可能です。


再発行の手順は、

  1. 契約を中断した時点の契約者本人から保険会社へ連絡する。
  2. 保険会社より「中断証明書発行依頼書」が郵送される。
  3. 必要事項を記入して提出する。 

通常2週間前後で、再発行された中断証明書が届きます。もしも、中断前と同じ保険会社で車両保険の契約を再開する場合は中断証明書が発行された事実確認をするだけでOKとなり、再発行の必要はありません。

コラム:自動車保険一括比較のススメ

この記事を読んでいる皆さんは自動車を所有し、自動車保険に加入している方が多くいらっしゃると思います。 


ですが、車の購入時にディーラーや保険代理店で自動車保険に加入し、現在の保険料に対して高いと不満に思っていませんか?
 


もしかすると不必要な補償が付いているかもしれません。 

この機会に自動車保険の見直しをしてみませんか? 


見直しをすることでなんと一年間に5万円もの保険料を節約できた事例もあります!


しかし一社ずつ見積もりを行うのは時間がかかり、めんどくさいですよね。


そこでおすすめなのが一括見積りサイトで見積もりを行うことです!

一括見積りサイトなら何度も個人情報を入力する必要がなく無料で見積もりができるので、気軽に保険料の比較を行うことができます。


今自分が加入中の保険についている補償と同条件でも保険料が安い会社を見つけることができると思います! 


契約しなくても見積もりだけでも大丈夫なので、是非一度一括見積りサイトで見積りを行ってみてはいかがでしょうか。


自動車保険を見直したい方は以下のボタンからどうぞ!

(価格コムのサイトに飛びます)

まとめ:必要に応じて中断証明書を発行しよう

いかがでしたでしょうか。今回の記事では、車両保険の「中断証明書」の効果についてお伝えしてきました。以下にポイントをまとめておきます。



やむを得ない理由があって一時的に車を手放す場合

  • 解約時に「7等級以上」の条件があれば、車両保険の「中断証明書」を発行することができる
  • 「中断証明書」を利用すれば、車両保険の等級を最大10年間保存でき、再開時に引き継ぐことができる
  • 紛失した場合は再発行も可能である
というものでした。必要に応じて「中断証明書」の申請手続きを行っておくようにしましょう。



ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されています。ぜひご覧ください。

ランキング