自動車保険ALL

車両保険のどのタイプが最適?限定Aでは補償できない3つのケース

車両保険の限定Aは車両保険に加入する方にとって魅力的な選択肢です。しかし、限定Aでは補償できない内容も当然あります。この記事では車両保険の各タイプの説明をした後、限定Aに加入する上で注意すべき3つのケースを紹介していきます。

「限定A」って何?車両保険は補償内容が異なるタイプがあります

車両保険に「限定A」という種類があるのを見たことがある方もいるのではないでしょうか。 


通常の車両保険に比べて保険料も安く、気になる存在です。 


しかしこの「限定A」とは、一体どういう意味なのでしょうか。 


どんなプランなのか、どのような補償内容なのか、いろいろと気になりますよね。 


この記事では、車両保険の「限定A」という補償について


  • 車両保険にはどのような種類があるのか 
  • 限定Aとはどんな補償で、どういった場合に付帯できるのか 
  • 限定Aをつけても補償されない事故とは 


以上のことを中心にお伝えしていきます。 


この記事を読めば限定Aの補償内容に加えて、あなたが付帯すべき車両保険の種類についてもお分かりいただけるかと思います。 


ぜひ最後までご覧ください。 

車両保険は「一般型」「エコノミー型」の2種類

車両保険とは、事故・災害・盗難などにより車が損害を受けたときに、給付金が支払われる保険です。 


車両保険は大きく分けて「一般型」と「エコノミー型」の2種類があります。 


車両保険は自身の車を守るために欠かせない保険ですが、保険料はかなり高額です。 


そこで一般型に比べて補償を限定することで保険料を安く抑えているのが、エコノミー型の車両保険です。 

「一般型」「エコノミー型」の車両保険タイプ別、補償内容の違いとは?

一般型もエコノミー型も、「修理費の実費」または「全損時の車両時価額」が支払われるという点は同じです。 


「エコノミー型だから一部しか支払われない」というようなことは決してありません。


ではこの二つの何が違うのかというと、補償する事故の種類です。 


それぞれの特徴やメリット・デメリットについてお伝えしていきます。

最も安心で手厚い補償!「一般型」のメリット、デメリット

一般型の車両保険は、以下の事故を補償します。 

  • 他車との衝突・接触 
  • 落書き・いたずら 
  • 盗難 
  • 飛来中または落下中の他物との衝突 
  • 台風・竜巻・洪水・高潮 
  • 火災 
  • あて逃げ 
  • 転覆・墜落 
  • 単独事故(電柱に衝突など) 
  • 自転車との接触 

一般型車両保険のメリットは、なんといってもその充実した補償内容です。 

地震・津浪・噴火・戦争などの特殊な事情以外なら、ほぼカバーすることができます。 

そして幅広く補償してくれる代わりに、支払う保険料もそれなりに高額であることがデメリットといえるでしょう。 

必要最低限でコストを抑える「エコノミー型」のメリット、デメリット

エコノミー型とは「車対車の事故」だけが対象となるプランで、一般補償に対して限定補償とも呼ばれています。 

この「車」は二輪車や原付も含みますが、自転車などの軽車両は含まれていません。 

エコノミー型のメリットは、何といってもその保険料の安さです。 

一般型の保険料が車両保険なしの2.5倍以上になってしまう一方で、エコノミー型の保険料は車両保険がない場合の1.5倍程度に抑えられています。 

状況により差はありますが、一般型とエコノミー型の年間保険料の差額はおよそ3万円になると言われています。 

そしてエコノミー型のデメリットは、やはり補償が薄くなることでしょう。 

車が傷つくのは車やバイク相手の事故とは限らず、さまざまなトラブルのリスクがあります。 

特に高級車や新車に乗っているなら、エコノミー型は慎重に選択してください。 

「エコノミー型」には台風、火災でも補償してくれる「限定A」を付帯可能

さて、ここで「限定A」の話になります。 

一般型は保険料が高すぎるが、エコノミー型では補償が心もとない。 

そのような方にぜひおすすめしたいのが「エコノミー+限定A」というプランです。 

限定Aの正式名称は「車両危険限定担保特約」であり、限定危険とも呼ばれています。 

限定Aの「A」はaccident(アクシデント)を意味します。

  • 盗難
  • いたずら・落書き
  • 物の飛来や落下
  • 浸水
  • 火災
など交通事故ではない、いわゆる「災害や災難」による損害を補償してくれます。 

エコノミー型と限定Aはセット販売されていることが多いのですが、保険会社によっては限定Aを単独で付帯できる場合もあります。 

※保険会社によっては「車対車+限定A=エコノミー型」としている場合もあります。

不安な補償内容は「特約」でカバーできる

車両保険につけられる特約は、限定Aだけではありません。 

必要に応じてさまざまな特約が付帯できますが、今回はその中から代表的な二つの特約をご紹介します。 

車両全損時諸費用特約 

車が全損となった場合に、廃車や買い替えにかかる以下のような諸費用を補償します。 

  • 廃車…引取費用・解体費用・抹消登録費用など 
  • 買い替え…自動車取得税・自動車重量税・登録等代行費用・納車費用など 

車両新価保険特約 

新車(概ね登録から1年未満)のみが付帯できる特約です。 

車に大きな損害が生じたときに、通常の車両保険なら修理費用だけしか補償されませんが、再び新車に買い替えるための費用を補償します。 

どちらも万が一のときには、かなり頼りになる補償ですね。 

「エコノミー+限定A」では補償されない3つのケース

エコノミーと限定A、つまり「車対車と災害」の二つがあれば大抵の損害はカバーできそうな気もしますが、やはり弱点は存在します。 

「エコノミー+限定A」で補償されないのは、どのような事故なのでしょうか。 

知っておきたい3つのケースについてお伝えしていきましょう。 

1.当て逃げされた場合

まず第一に「当て逃げされて車に傷がついた」というパターンです。 

「ちょっと待って、車対車は補償されるんじゃなかったの?」
と不思議に思うかもしれませんね。 

実はエコノミー型の「車対車」とは、事故相手が分かっているときにのみが対象となります。 

これは、自損事故で車を傷つけてしまった契約者が「当て逃げされた」という虚偽の主張をすることを防ぐためです。

2.自損事故を起こしてしまった場合

上述した通り、自分で壁にぶつかり車を破損させてしまったなどの自損事故は補償の対象になりません。 

「運転技術にはかなり自信がある」
「自分でやったなら諦める」 

そう考える方なら、問題はないかもしれませんね。

3.地震、噴火、津波で損害を受けた場合

地震・噴火・津波によって車が損害を受けてしまった場合にも補償はされません。 

ただし、これはエコノミー型ではない一般型の車両保険も同じです。 

このようなリスクに対応するためには「地震・噴火・津波車両全損時一時金特約」に加入する必要があります。 

東日本大震災の惨状を思い出せば、加入の必要性を感じる方も多いのではないでしょうか。 

とはいえ、この特約は全損時のみが対象であり、さらにほぼ全ての保険会社で上限が50万円という金額に設定されています。 

もし車両の時価額が50万円未満なら、上限もその金額となります。 

「緊急時にとりあえず走行できる車を調達する資金」程度の補償と考えましょう。 

まとめ:車両保険は自分に適したタイプを選ぼう

車両保険の「限定A」という補償についてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。 

この記事のポイントは、 
  • 車両保険には一般型とエコノミー型がある 
  • エコノミー型は「車対車」の事故を補償し、限定Aを付帯することで補償範囲を広げることができる 
  • エコノミー型+限定Aでは、自損事故や当て逃げは補償されない 
以上のことでした。 

他に車両保険の保険料を抑える手段として、免責金額(この金額以下は補償しない)を設定しておくという方法もあります。 

事故が起これば免責金額が差し引かれた保険金が支払われますが、金額設定が高いほど保険料は抑えられることになります。 

ただし車両保険を利用すれば、通常は次回の更新で3等級下がり保険料が上がってしまうということは忘れないでくださいね。 

ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されています。 
ぜひご覧になってください。

ランキング