自動車保険ALL

自動車保険の等級引継ぎは法人の場合どうなる?〜個人から法人へ〜

自動車保険の等級引継ぎは個人から法人へ引き継ぐ場合、特別な条件はあるのでしょうか?この記事では、個人から法人への等級引き継ぎについて、条件やタイミング、法人名義の自動車保険における注意点などを解説しています。ぜひ最後までご覧ください。

自動車保険の等級は個人から法人に引継ぎ出来る?

今この記事をご覧のあなたは、等級引き継ぎについて詳しく知りたい、と思っておられることでしょう。 

個人事業主の方などが、これから法人化するという時には、自動車保険も個人から法人へ変更させる必要があるかもしれません。

しかし、「その方法を知らない」、「等級がリセットされてしまうのでは?」と思っておられる方は少なくないのではないでしょうか。 

そこで今回は、自動車保険における個人から法人への等級引き継ぎについて、 

  • 個人から法人へ等級を引継ぐ際の条件とは? 
  • 法人名義へ変更すると補償内容が変わるのか? 

主に、これらの点を取り上げていきます。 

自動車を所有しており、これから法人を立ち上げる、という方には特に役に立つ記事となっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

個人から法人への等級の引継ぎ条件

自動車保険における『等級』は、私達が今までどれだけ安全運転を徹底してきたか、という証拠のようなものです。 

等級が上がれば、その人は事故リスクが低いということで、保険料も安くなります。 

自動車保険の名義を個人から法人へ変更するときも、等級を引き継ぐことができれば、保険料を高い割引率にしたまま、補償を継続することができるでしょう。 

しかし、個人から法人へ変更する際の、等級の引継ぎには、いくつかの条件があります。 

これから、その条件について『個人→法人』、『法人→個人』の順番に、取り上げていきます。

個人名義から法人名義へ変える場合

まず、自動車保険の名義を『個人』から『法人』へ変更する場合、等級の引継ぎを行うには、主に以下の条件があります。 

  • 新規で設立された法人である(設立後一年以内) 
  • 事業内容が個人の時から同じである 
  • 車両が個人の時から用いられていたものである 

ここでポイントとなっているのは、個人事業を行っていたときから所有している車両に関して特別な変更が行われていない、ということです。 

自動車保険自体が、人ではなく『車』にかかる保険であることから、これは自然なこと、と言えるでしょう。 

また、法人化してから1年以上の期間が経過してしまっている場合は、等級の引継ぎが行えませんので注意が必要です。

法人名義から個人名義へ変える場合

では次に、自動車保険の名義を『法人』から『個人』へ変更する場合の等級引継ぎ条件について考えてみましょう。 

以下のような条件があります。 

  • 法人が解散されており個人で事業を行っている 
  • 事業内容が法人の時から同じである 
  • 車両が法人の時から用いられていたものである 

この条件を見てみると、『個人→法人』の際の条件と同一であることが分かります。 

個人へ等級引継ぎを行うには、個人で事業を引き継いでいる場合は引継ぎが可能ですが、事業を他人が法人として引き継いでいる場合は引継ぎが行なえません。 

等級の引継ぎ可能なタイミングと車

法人へ切り替える際の条件でも取り上げましたが、個人→法人、法人→個人へ自動車保険を切り替え、かつ等級を引き継げるのは「すぐに」手続を行った場合です。 

ということは、簡単にまとめると等級の引継ぎが可能なタイミングは… 

  1. 法人を立ち上げた時 
  2. 法人を解散した時 

上記の2つのみ、ということになります。 

もしこれらの条件から外れてしまった場合は法人または個人として、新規で自動車保険を新規契約する必要があります。

注意:自動車保険の法人契約は代理店でしか扱っていない。

現在、自動車保険を個人ではなく法人名義で契約できる保険会社は多くありません。 

そして注意点として法人契約の場合は、どの保険会社もネット経由での契約ができず、ほぼ代理店での対応(電話契約が可能な場合あり)となっています。 

インターネット経由だと独自の割引が適用になる場合もありますが、法人契約ではそれも適用にならない点も注意です。

自動車保険を法人名義にする時は補償内容が変わるかもしれない。

さて、ここまで自動車保険の法人契約における等級引継ぎについて取り上げてきました。 

等級を引き継げるのは良いことですが、ここで注意しておくべき点があります。 

それが個人から法人名義にする際、補償内容が変わる可能性がある、という点です。
 

どのように、変わる可能性があるのでしょうか。

運転者を限定することができない

まず一つ目に挙げられるのは、個人契約では可能だった『運転者限定』が法人契約ではできなくなります。 

運転者限定とは、補償対象となる運転者を、本人だけ、本人と配偶者だけ、というように限定することで保険料を安くできる特約です。 

法人の場合、前提として複数人の社員(従業員)が車を利用するということになりますので、必然的に運転者限定を適用することができないのです。

ロードサービスがない場合がある

二つ目に挙げられるのは、『ロードサービス』に関する点です。 

ロードサービスとは、運転中車が故障してしまう、ガス欠になる等のトラブルに見舞われた際に、レッカー車を手配してくれたりするサービスです。 

こちらも、任意自動車保険においては代表的な補償ですが、法人契約では、このロードサービスの対象外となる場合もあります。 

今現在、法人名義での契約が可能な自動車保険は10社ほどです。

ただしその半分は法人契約時にロードサービスが受けられないか、受けられるとしても条件付き、となっています。

代替手段としてロードサービスのない保険会社と法人契約する場合は、別途『JAF』への加入を行うことにより、安くロードサービスを受けることは可能です。


まとめ

さて、今回は自動車保険における法人契約、等級の引継ぎについて主に取り上げてきましたが、いかがでしたでしょうか。 

この記事のポイントは、 

  • 自動車保険を、個人から法人契約への変更で等級の引継ぎを行うには、事業の継続・法人設立一年以内、などの条件がある 
  • 自動車保険を法人名義へ変更すると、運転者限定が不可になる、ロードサービスが受けられない場合がある、というように補償内容が変わる可能性がある 

以上の点です。 

会社を設立した方は、今まで用いていた車を今後も社用車として利用する場合、等級引継ぎの手続きを行うことは有用です。

加えて、会社全体で同じ自動車保険に加入した方が、社員が変わっても契約更新を行う必要がなくなるなどのメリットもあります。 

今回取り上げたこれらのポイントを踏まえて、これから法人契約への切り替えを考えている方にとって、この記事が決定するうえで少しでも参考になれば幸いです。 


ほけんROOMでは、この他にも役に立つ記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。 

ランキング