自動車保険は個人から法人に名義変更できる?等級も引き継ぐ事は可能?

自動車保険の等級引継ぎは個人から法人へ引き継ぐ場合、特別な条件はあるのでしょうか?この記事では、個人から法人への等級引き継ぎについて、条件やタイミング、法人名義の自動車保険における注意点などを解説しています。ぜひ最後までご覧ください。

自動車保険の等級は個人から法人に引継ぎ出来る?

個人の車を仕事で使用していたり、また個人事業主の方が法人を立ちあげる際、自動車保険の名義を個人から法人に変更したり、その際『等級』を法人に引継ぐことはできるのでしょうか。

自動車保険の『等級』を引き継ぐことは、いくつか条件はありますが可能です。

では「一体どのようにして名義変更を行うのか」「等級の引継ぎを行うにはどの様にしたらよいのか」という疑問も出てくると思います。

 そこで今回は、
  • 個人から法人へ等級を引継ぐ際の条件とは? 
  • 法人名義へ変更すると補償内容が変わるのか?
について詳しく説明していきたいます、ぜひ最後までご覧ください。

また自動車保険の法人から個人への引き継ぎについての記事はこちらをご覧ください。

自動車保険は個人から法人に名義変更が可能

個人事業主や会社を経営している方は、個人から法人へ名義に変更することができます。 個人名義のままでも会社の経費で保険料が支払えるから、名義変更の必要はないと思われる方もいると思います。


しかし、もし今加入されている自動車保険の等級が6等級以上ある場合は、個人から法人に名義を変更されることにより、保険料が安くなります。


また、法人名義にすることで保険料を会社の経費として扱うことにより、節税することも可能になります。


では、自動車保険を引き継ぐにはどのような条件が必要でしょうか。

自動車保険を個人から法人に名義変更する際の条件

自動車保険を個人から法人名義に変更するには、いくつかの条件が必要になります。では、どのような条件が必要なのでしょうか。こちらをご覧ください。


条件とは

  1. 個人事業主が法人を設立した内容と同じ事業を引継いでいること
  2. 法人を設立した時点で自動車保険に加入していること
  3. 法人設立時に個人事業主が事業を行っていたこと

といった3つを満たしていなければなりません。


これらの条件を満たしていれば個人から法人へ名義変更をすることが可能です。ここでポイントとなるのは法人後も同じ事業を続けていることです。

個人事業主から法人を設立し同じ事業を続けている

自動車保険を個人から法人名義に変更する際、その会社は、個人で行っていた事業の全部、もしくは一部が、個人経営の時と同じ事業であることが条件となってきます。


もし、そうでない場合は個人から法人名義への変更や『等級』の引継ぎはできず、新規に自動車保険に加入しなければなりません。


そもそも、個人から法人名義に変更するメリットとは何でしょうか。


それは、名義変更をすることにより、費用が抑えられるということです。


つまり、今乗っている車の『等級』を引継ぐことができれば、保険料も安くするすることができます。もし、この条件を満たさず、法人設立時に自動車保険に加入すると、等級も初期の状態の6等級の扱いとなり、新規に自動車保険の法人契約を行うことになります。


条件が満たされているのであれば、名義変更を行うか行わないかによる、保険料の違いは大きいですよね。保険料を少しでもお得に契約をするためにも、これらの条件をふまえたうえで、自動車保険の引継ぎ手続きをおこないましょう。

法人を設立した時に自動車保険に加入している

名義変更の引継ぎをおこなうには、法人を設立する際に個人事業主の車が、自動車保険に加入していることが引継ぎの条件となります。


法人設立した時点に同一の車で自動車保険に加入していなければなりません。

また、契約している車が変わっても、車両入替ができる車種であれば同一の車とみなされます。


しかし、法人を設立をした後に、経営者が個人名義で車を購入しても、その車は法人後に新規に契約される車となりますので、引継ぎの対象にはなりません。


また、個人から法人へ名義変更を行う際の必要書類も保険会社によって違ってきますので、事前に確認が必要です。ご相談されることをおすすめいたします。


では、個人から法人名義にする際『等級』を一緒に引き継ぐにはどのようにすればよいのでしょうか。また、どのような条件が必要となってくるのでしょうか。

個人から法人への等級の引継ぎ条件


自動車保険における『等級』は、私達が今までどれだけ安全運転を徹底してきたか、という証拠のようなものです。 

等級が上がれば、その人は事故リスクが低いということで、保険料も安くなります。 自動車保険の名義を個人から法人へ変更するときも、等級を引き継ぐことができれば、保険料を高い割引率にしたまま、補償を継続することができるでしょう。 

しかし、個人から法人へ変更する際の、等級の引継ぎには、いくつかの条件があります。 

これから、その条件について『個人→法人』、『法人→個人』の順番に、取り上げていきます。

個人名義から法人名義へ変える場合

まず、自動車保険の名義を『個人』から『法人』へ変更する場合、等級の引継ぎを行うには、主に以下の条件があります。 
  • 新規で設立された法人である(設立後一年以内) 
  • 事業内容が個人の時から同じである 
  • 車両が個人の時から用いられていたものである 
ここでポイントとなっているのは、個人事業を行っていたときから所有している車両に関して特別な変更が行われていない、ということです。 

自動車保険自体が、人ではなく『車』にかかる保険であることから、これは自然なこと、と言えるでしょう。 

また、法人化してから1年以上の期間が経過してしまっている場合は、等級の引継ぎが行えませんので注意が必要です。

法人名義から個人名義へ変える場合

では次に、自動車保険の名義を『法人』から『個人』へ変更する場合の等級引継ぎ条件について考えてみましょう。 

以下のような条件があります。 
  • 法人が解散されており個人で事業を行っている 
  • 事業内容が法人の時から同じである 
  • 車両が法人の時から用いられていたものである 
この条件を見てみると、『個人→法人』の際の条件と同一であることが分かります。 

個人へ等級引継ぎを行うには、個人で事業を引き継いでいる場合は引継ぎが可能ですが、事業を他人が法人として引き継いでいる場合は引継ぎが行なえません。 

等級の引継ぎ可能なタイミングと車

法人へ切り替える際の条件でも取り上げましたが、個人→法人、法人→個人へ自動車保険を切り替え、かつ等級を引き継げるのは「すぐに」手続を行った場合です。 

ということは、簡単にまとめると等級の引継ぎが可能なタイミングは… 
  1. 法人を立ち上げた時 
  2. 法人を解散した時 
上記の2つのみ、ということになります。 

もしこれらの条件から外れてしまった場合は法人または個人として、新規で自動車保険を新規契約する必要があります。

注意:自動車保険の法人契約は代理店でしか扱っていない

現在、自動車保険を個人ではなく法人名義で契約できる保険会社は多くありません。 

そして注意点として法人契約の場合は、どの保険会社もネット経由での契約ができず、ほぼ代理店での対応(電話契約が可能な場合あり)となっています。 

インターネット経由だと独自の割引が適用になる場合もありますが、法人契約ではそれも適用にならない点も注意です。

自動車保険を法人名義にする時は補償内容が変わるかもしれない

さて、ここまで自動車保険の法人契約における等級引継ぎについて取り上げてきました。 
等級を引き継げるのは良いことですが、ここで注意しておくべき点があります。 

それが個人から法人名義にする際、補償内容が変わる可能性がある、という点です。
 

どのように、変わる可能性があるのでしょうか。

運転者を限定することができない

まず一つ目に挙げられるのは、個人契約では可能だった『運転者限定』が法人契約ではできなくなります。 

運転者限定とは、補償対象となる運転者を、本人だけ、本人と配偶者だけ、というように限定することで保険料を安くできる特約です。 

法人の場合、前提として複数人の社員(従業員)が車を利用するということになりますので、必然的に運転者限定を適用することができないのです。

ロードサービスがない場合がある

二つ目に挙げられるのは、『ロードサービス』に関する点です。 

ロードサービスとは、運転中車が故障してしまう、ガス欠になる等のトラブルに見舞われた際に、レッカー車を手配してくれたりするサービスです。 

こちらも、任意自動車保険においては代表的な補償ですが、法人契約では、このロードサービスの対象外となる場合もあります。 

今現在、法人名義での契約が可能な自動車保険は10社ほどです。ただしその半分は法人契約時にロードサービスが受けられないか、受けられるとしても条件付き、となっています。

代替手段としてロードサービスのない保険会社と法人契約する場合は、別途『JAF』への加入を行うことにより、安くロードサービスを受けることは可能です。

コラム:他社でも等級を引き継げる?保険料をさらに安く!

自動車保険の等級を引き継ぐ際、他社でも引き継ぐことができるのを知っていますか?


等級を引き継ぐのに加え、自動車保険も見直せば、かなりの節約になるかもしれません!


自動車保険の一括見積もりサービスを用いると、3万円近く保険料が安くなった事例もあります。


自動車保険の一括見積もりサービスは、無料で20社近くの保険会社の見積もりを出すことができるので、手間もかからず大変楽です。


自動車保険の一括見積もりサービスを使い方は以下のボタンからどうぞ!

まとめ


今回の記事では、個人事業主の方が法人を立ちあげる場合に、自動車保険を個人から法人に『名義変更』ができるのか、また『等級』を法人に引き継ぐことは可能なのか、ということについてご紹介いたしました。

この記事のポイントは、 
  • 自動車保険を個人から法人名義へ変更することは条件を満たすことにより可能である
  • 等級は引き継いだまま法人契約をすることができる 
という点です。

個人名義の自動車保険の『等級』を引き継ぐことにより、保険料が安くなるということは会社を経営する際に有用ですよね。

また、個人から法人に名義にすることにより、会社を運営する際のメリットは大きいと思います。現在個人経営をされていて、法人変更をお考えであれば、自動車保険を法人名義にされることも併せて検討されるとよいでしょう。

ほけんROOMでは、この他にも役に立つ記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。 
この記事の監修者
森下 浩志
2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

ランキング