自動車保険ALL

自動車保険を解約しても等級の引継ぎは出来る?等級の引継ぎを説明

自動車保険を解約しても等級の引継ぎは可能です。等級の引継ぎをする場合は、解約後7日内に自動車保険を乗り換えるか、解約後に中断証明書を発行してもらいましょう。中断証明書は自動車保険の解約から13ヶ月以内に申請しなければ発行できません。

自動車保険の解約によって等級は引継ぎできるの?

自動車を運転する際には、自賠責保険に加入することが義務付けられています。そこに加えて自身のケガの治療費や器物破損による損害賠償などを補償するために自動車保険に加入するのが一般的です。


自動車保険は保険会社によって補償額や補償内容が異なります。そのため、加入している自動車保険よりも自分に適した保険があれば乗り換えることもあります。



自動車保険に加入していて等級が高い場合は、等級が高いほど保険料が安くなります。



つまり、等級を引き継げるかどうかによって、乗り換えた自動車保険の保険料が大きく違ってしまうのです。


そこで、この記事では

  • 自動車保険の等級は引継ぎができるか?
  • 等級を引き継ぐ注意点
  • 中断証明書とは?

をお伝えします。



自動車保険の解約によって等級の引継ぎができるかどうかは、とても重要なことです。保険料を安く抑えるために、自動車保険の解約と等級の引継ぎについて知っておきましょう。


自動車保険の等級は解約しても引継ぎが”可能”

自動車保険を解約しても等級の引継ぎは可能です。7等級以上の場合は等級を引き継ぐことで保険料が安くなります。



しかし、等級の引継ぎをするには解約してから7日以内に次の自動車保険に乗り換えなければなりません。7日以内に乗り換えなかった場合は、等級の引継ぎができないので注意しましょう。

自動車保険に再加入するとき、中断証明書の利用により7等級以上の方は引継ぎができる

等級の引継ぎをするには、自動車保険の解約から7日以内に次の自動車保険に乗り越えなければなりません。

しかし、次の自動車保険に加入するまでに期間が空いてしまう場合は、中断証明書を発行してもらうことで10年ほど等級の引継ぎを延期することができます。

自動車保険の解約時に”中断証明書を発行”しておこう

7等級以上で次の自動車保険に加入するまで期間が空いてしまう場合は、自動車保険を解約してから中断証明書を発行しておきましょう。中断証明書は解約日以降に発行できます。

中断証明書を発行するためには条件があるので、自動車保険を解約する前に中断証明書を発行する条件を満たしているかどうかを保険会社に確認しておきましょう。

自動車保険の解約後、等級の引き継ぎについて注意すべき点

自動車保険を解約してから等級の引継ぎをおこなう上で、注意すべきポイントがあります。

等級の引継ぎで注意すべきポイントを押さえておかなければ、高い等級を引き継ぐことができない場合があります。等級を引き継げないと、多くの保険料を支払うことになりかねません。

解約後の等級の引継ぎについて注意すべきポイントを説明します。

中断証明書の発行は自動車保険”解約後から13ヶ月”までに済ませること

自動車保険を解約してから7日を超える空白期間がある場合は、中断証明書を発行しなければ等級の引継ぎはできません。中断証明書は自動車保険の解約後に発行できます。しかし、解約してからいつまでも発行できるわけではありません。

中断証明書は自動車保険を解約してから13ヶ月以内に申請する必要があります。解約後13ヶ月を越えてから申請しても、中断証明書は発行できないので注意が必要です。

自動車保険を乗り換える場合は保険会社にきちんと確認しておこう

自動車保険を乗り換える場合は、等級の引継ぎ以外にも注意すべきポイントがあります。

自動車保険を満期前に解約して乗り換えるにあたり、保険料を年払いしている場合は解約日から満期日までの保険料が戻ってきます。この戻ってくる保険料を解約返戻金といいます。



しかし、解約返戻金は解約日から満期日までの保険料が全額戻ってくるわけではありません。保険料が設定している短期率で計算された金額が解約返戻金として戻ってきます。そのため、解約日から満期日までの保険料よりも少ない金額が戻ってくることになります。



また、等級が5等級以下の場合は、自動車保険を乗り換えたタイミングで等級が下がります。そのため、低い等級で多くの保険料を支払わなければなりません。



自動車保険を乗り換える場合は、解約返戻金や等級などを考慮しながら、それでもメリットがある場合のみ乗り換えるようにしましょう。

まとめ

自動車保険に加入して事故や保険金の請求をしなかった場合は、1年ごとに等級が上がっていきま

す。等級が上がるとその分保険料が安くなるため、等級が高ければ高いほど保険料がお得です。

等級が7等級以上の場合は、自動車保険を解約して乗り換えても等級の引継ぎが可能です。ただし、解約して7日以内に自動車保険を乗り換えなかった場合は等級が引き継げません。



解約して7日を超える空白期間が発生する場合は、解約後に中断証明書を発行することで、10年ほど等級の引継ぎを延期できます。



中断証明書は発行するための条件があります。中断証明書は解約から13ヶ月以内でなければ発行できません。自動車保険を解約する前に中断証明書の発行に関して保険会社に確認しておきましょう。



等級が高い場合は、等級の引継ぎを利用して、保険料を安く抑えるようにしましょう。

ランキング