自動車保険ALL

自動車保険の満期前に解約するデメリットは?解約の注意点を説明

自動車保険を満期前に解約すると、解約返戻金が少なかったり等級が不利になるというデメリットがあります。自動車保険の満期前は解約せずに満期まで待つ方がお得です。自動車保険を満期前に解約するのは、デメリット以上に乗り換えるメリットがある場合のみにしましょう。

自動車保険の満期前での解約について解説!

自動車保険は保険会社によって補償額や補償内容が違っており、さまざまな種類があります。加入している自動車保険よりも保険料が安かったり補償内容が充実している自動車保険があれば、自動車保険を解約して乗り換えを検討する方が多いのではないでしょうか。

自動車保険を解約して乗り換えることで、自分に適した自動車保険を利用できます。しかし、加入している自動車保険を満期前に解約してしまうと損をする可能性があります。



自動車保険を満期前に解約すると、どのようなデメリットがあるのでしょうか?自動車保険を満期前に解約することのデメリットを理解することで、自動車保険を乗り換えるのが得か損かを判断できます。 



そこで、この記事では

  • 自動車保険を満期前に解約するデメリット
  • 解約返戻金や等級について
  • 中断証明書について

をお伝えします。



自動車保険の満期前での解約について理解し、満期前の解約で損をしないようにしましょう。


自動車保険は満期前での解約をするとデメリットが多い

自動車保険を乗り換える場合は、加入している自動車保険を解約するか満期のタイミングで乗り換える必要があります。満期まで期間がある場合は解約して乗り換えますが、自動車保険は満期前で解約するとデメリットが多いのです。

自動車保険を満期前で解約するデメリットについて説明します。

自動車保険の解約返戻金は短期率で受け取るので”保険会社によっては損”

自動車保険を解約すると、月払いの場合は解約後の保険料を支払わないだけで済みます。

しかし、年払いの場合で満期前に自動車保険を解約すると、解約日から満期日までの保険料が戻ってきます。この戻ってくる保険料を解約返戻金といいます。

解約返戻金の注意点として、解約返戻金は残った保険料が全額戻ってくるわけではないということです。解約返戻金は保険会社が設定している短期率によって金額が計算されます。



満期前に解約すると保険料の残額よりも少ない金額が解約返戻金として戻ってきます。したがって、満期前に解約すると保険会社によっては損になってしまいます。解約返戻金で損する金額と乗り換える自動車保険のメリットを比較することが大切です。

事故歴やある場合、追加保険料の発生や等級の変動に関わる

自動車保険には等級があります。等級とはその年の自動車保険利用の有無や事故の回数によって、翌年の保険料が増減する制度のことです。1年間自動車保険を使わず無事故であれば、翌年に等級が1つ上がり保険料が安くなります。

自動車保険を満期前に解約して乗り換えると、等級が上がる予定の場合は等級が上がるのが遅くなります。反対に等級が下がる予定の場合は、乗り換えたタイミングで等級が下がってしまうというデメリットがあります。



また、乗り換える自動車保険を契約してから今の自動車保険の満期日までに事故を起こした場合は、事故によって等級が下がります。



等級が下がると、乗り換える自動車保険の保険料が上がります。乗り換える保険料を支払い済みの場合は、上がった分の保険料を追加で支払わなければならないというデメリットがあります。

自動車保険を乗り換えると、補償内容や保険料の確認が不十分で契約してしまう恐れがある

自動車保険を乗り換える場合は、乗り換える自動車保険の補償内容や保険料を十分に確認しなければなりません。確認が不十分な状態で乗り換えてしまうと、損をする可能性があるというデメリットがあります。

自動車保険の満期前は”できるだけ解約せずに”待っておきたい

自動車保険を満期前に解約すると、上の見出しで説明した通り、解約返戻金や追加保険料、等級の変動といったデメリットがあります。自動車保険の満期まで待って乗り換えることで、これらのデメリットを受けずに済みます。

自動車保険の満期前に良い自動車保険を見つけても、満期まで解約せずに待っておく方が良い場合もあります。



乗り換えることによるメリットと、満期前に解約するデメリットを比較して、メリットの方が大きい場合のみ、満期前に解約して乗り換えるようにしましょう。

どうしても解約したい場合は補償期間の空白ができないように注意しよう

自動車保険を満期前に解約する場合は、乗り換える自動車保険の補償開始日までに空白期間ができないように注意しましょう。

補償期間の空白ができてしまうと、万が一補償が受けられない期間に交通事故を起こしてしまうと、自身のケガや器物破損の損害賠償金をすべて自己負担しなければなりません。



自動車保険を解約してから次の自動車保険の補償開始までに空白ができないように、解約日と補償開始日を調整しましょう。

参考:解約時は”中断証明書の発行”を忘れずに

等級が7等級以上の場合は、次に加入する自動車保険でも等級を引き継げます。ただし、7等級以上の等級を引き継ぐには、解約日から7日以内に乗り換えないと等級を引き継げません。等級を引き継がなかった場合は6等級で加入することになります。

なお、5等級以下の場合は満期日から13ヶ月間は等級が記録されています。そのため、5等級以下の場合は7日間を越えても13ヶ月を越えなければ5等級以下での加入となるので注意しましょう。



7等級以上で解約から乗り換えまでに7日間以上の期間が空いてしまう場合には、中断証明書を発行してもらうという手段があります。中断証明書を発行してもらえば、10年程度は等級を引き継ぐことができます。



ただし、中断証明書を発行できる条件は保険会社によって違います。中断証明書を発行したい場合は保険会社に確認しましょう。

まとめ

自動車保険にはさまざまな補償内容のものがあります。自分に適した自動車保険に乗り換えることで、保険料を安く抑えたり補償内容を充実させることができます。

しかし、自動車保険を満期前に解約すると、解約返戻金が少なかったり、等級で不利になってしまうというデメリットもあります。



自動車保険を満期前に解約する場合には、デメリットよりも乗り換えるメリットが大きいかどうか検討しましょう。満期前に解約するデメリットが大きい場合は、満期日まで待って乗り換える方が良いでしょう。

ランキング